プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スロバキアの山地 タトラ山脈

こんばんは
前回のシュピシュキー城の続きです。
シュピシュキー城を見たあとは近くの町、プレショフに泊まりました。
これは次の日、出発する前に町を少し散歩。聖ミクラーシュ教会です。
(0).jpg

ヨーロッパには、どんな小さな町でも必ず教会がありますよね。
前日の夜は町のお祭り?結婚式?みたいなものがあって結構夜遅くまで
ドレスを着ておめかしした人がたくさんいてにぎやかでしたが、
朝になったら誰もいなくなりました・・・
静かな田舎町の朝です。
(0)-2.jpg

さて、この日はタトラ山脈に行きます!しゅっぱーつ
タトラ山脈はスロバキアとポーランドとの国境にまたがる山脈で、
面積の80%がスロバキア側にあり、スロバキアを象徴する山脈です。
車を走らせること1時間弱、タトラ山脈が見えてきましたよ!
(1)_20140823214405c14.jpg

雄大ですね。
ちなみに!なんですが、この当時(2009年)は今のように
iPhoneをカーナビとして使うという頭がなく、Google Mapで何十枚も
地図を印刷したものを頼りに。。。よく辿り着けたなぁ~
地図を見ながらさらに車をはしらせて、タトラ山脈の玄関、
タトランスカー・ロムニツァという町に入ります。
(2)_201408232144115cc.jpg

このときは9月の下旬で少し肌寒い天気でしたが観光するには問題なし!
すでにたくさんの人がやってきていました。
さて、車はここまでで、ここから山の中腹のスカルナテー・プレソまでゴンドラで登ります。
↓写真の真ん中から少し下にある建物があるところがスカルナテー・プレソ。
(3)_20140823214409823.jpg

近いように見えますが、結構遠くて標高差もあるんですよ。
その証拠に、ゴンドラの中から下の町のほうを見ると・・・
(4)_20140823214445109.jpg

すごい眺めですね 少しですが、紅葉も始まっているみたいでした。
そして更にゴンドラに揺られて、ようやくスカルナテー・プレソに到着!
↓ゴンドラの到着地点です。冬はスキー場になるみたいです。
(5)_2014082321444580f.jpg

ん?左側の人たち、どこかを見ていますね。。。
どこを見ているかというと・・・ 
ジャーン!タトラ山脈で三番目に高いロムニツキー・シュティート峰です!
(6).jpg

この写真、「ん?」と思いませんか?左端に小さな赤いゴンドラが・・・。
実はここからロムニツキー・シュティート峰のてっぺんまで、
さらにこの小さなゴンドラで登ることができるんです!

しかも頂上まではケーブルを支える途中の柱は無し!
文字通りロープ一本でゴンドラに吊り下げ、スリル満点!
これは登らなければ!とチケット売り場に行くも「Sold out」
がっくし・・・

小さなゴンドラで、しかもよく見ると吊り下げられているゴンドラの箱はたった1つ。
そうですよね、なんといってもロープ一本。たくさん箱を吊り下げられないので
登れる人数にも限界がありますよね。
あらかじめインターネット予約することもできたみたいです。
残念ですが登頂は諦め、ここでしばらく自然を満喫することに。
(7).jpg

それにしても良い天気でした!遠くまではっきりと見渡せます。
279.jpg

ここには、観測所もあります。
写真では確認できませんでしたが、パラグライダーも飛んでいました。
どこから飛んできたんだろう?
きっと地上から眺めるのとはまた違う風景が見れるんだろうな~

遊歩道の手すりにてんとう虫がいました。
(9).jpg
冬眠の準備をしているのかな?
あわただしい日常を忘れて自然の中で感性を養う・・・いいことですね。
それにしても自然豊かないいところでした~また行けたらいいな~。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |

スロバキアの廃墟、スピシュスキー城

去年のちょうど今頃は、「年末にイタリアに行くぞ!」と航空券を買って、
いろいろと下調べを始めた時期でした。

こんばんは。今年の年末もどこかに行きたいな~と下調べ中のこつめです。
行きたい国もだいたい決めたので、本当に旅行に行く決心がついたら
ブログで紹介したいと思います

ということで、今日は久々に旅行ネタです。
2009年に中欧にある国スロバキアに旅行したときのことを紹介します。
(1).jpg
これはスロバキア東部にあるスピシュスキー城(別名スピシュ城)です!
遠くから見てもはっきりと城の形が分かるくらい大きいんです
大草原の小高い丘の上に突如と現れる城跡です。

今でこそツアー旅行に組み込まれるようになりましたが、
私が旅行したときはまだまだ日本では知られていなかったようで、
日本人は誰もいませんでした。というか、日本人以外の人もほとんどいませんでした・・・。
(夕方に着いたからかなぁ・・・)

さて、スピシュスキー城はかなり高い丘の上にあるので、
そこまでエッホエッホと登っていきます。
途中まで登ったところでふと後ろを振り返ると・・・
(2).jpg
おぉ!絶景ですね。すでにお城から降りてきた人たちが写っています。
仲よさそうですね。子供が吊り下げれているみたい(笑)

さてさて、さらに登っていきます。
(3).jpg
入り口が遠くに見えてきました。壁がすごく高いです。

スピシュキー城は世界遺産なんですよ。もともとは12世紀ごろ、
モンゴル帝国からの侵略を防衛するための要塞として建てられたようですが
(諸説あるようです)、その後ポーランドのものになったり、ハンガリーのものになったり
たくさんの人の手に渡ったようです。最後の城主は城での生活に不便を感じ、
18世紀に城を去り、周囲の町に移り住みました。
その後、城は火災にあい現在まで廃墟となっているようです。
ふ~む、お城での生活に不便を感じるって、なんとも贅沢な悩みですね~。
さて、城の内部はというと・・・
(4).jpg

廃墟・・・、です。残念ですね・・・。ここは来賓をもてなすための広場だったのかな?
それとも要塞時代の兵士の宿舎だったのかな?

それにしても広いですね。城主が生活に不便を感じたというのもうなずけるかも。
城の一番高いところへ移動です。
高いところがあったら登る!が私の旅行のモットーです
そしてそこから見える中庭と街↓
(5).jpg

歩き回っている間に夕方になってしまいました。
この中庭は誰かが手入れをしているようですね。
円形のモニュメントのようなものがあれはなんだろう・・・?
大砲が置かれていたのかな?
向こうに見える町に最後の城主が住んでいたのかな?

滞在時間はわずかでしたが、昔はこうだったのかな~?と
中世のロマンに浸れることができ楽しかったです

続く
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア