プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

冬、というか秋のローテンブルク(2)

こんばんローテンブルクの続きです。

いったんマルクト広場まで戻り、今度は西側へ移動します。
マルクト広場西には、一年中クリスマスのデコレーションが売られている
「ケーテ・ウォルファルト」があります。店内は割と広めです。
(10)クリスマスのお店

可愛らしい飾りがたくさん!クリスマスシーズンに来たら
もっとたくさんの飾りになるのかな?
お店には日本人スタッフのかたもいるので安心です。

さて、お店を出たあとは再び西へ。
先日のブログで紹介した薬局の写真に小さく写っていたブルク門が見えてきました
(11)門

ローテンブルクにある他の門、とういか塔はみんな茶色のレンガだったり、
薄いベージュ色で彩られているのですが、
この門だけは鮮やかなオレンジ色で、しかも時計も付いています。
ローテンブルクで最も高い塔だとか。へ~
門の近くにも色鮮やかな建物があるので、この付近は賑やかに見えますね。

再びマルクト広場に戻って今度は東へ~。
人気の撮影スポットです。
(12)有名な場所っぽい

レーダーアーチ(中央)とマルクス塔(左側)です。
日本でもこの風景が描かれたカレンダーをよく見かけますね。
それもそのはず、ローテンブルクの中で最も美しい門と言われています
そして、この門も町の中にあります。なぜかというと、昔のローテンブルクの城壁は
今よりもずっと狭く、この門が城壁の内と外を行き来する場所だったとか。
へ~。ちなみに先日のブログで紹介した白い塔は
このレーダーアーチから北へ少し行ったところにありますが、
白い塔もかつての城壁の一部だったのかな~?

もう少し東へ行くと現在の城壁の門、レーダー門が見えてきます。
そのレーダー門から少し南へ下ると、鍛冶屋さんが見えてきます。
(13)レーダー門と鍛冶屋

木組みの三角お屋根が可愛いですね~。
どことなく、Fallerのストラクチャっぽいかな?
さてさて、そうこうしているうちに時刻はお昼をまわったので
例のレストランへ向かいます。場所はレーダー門を出てすぐの右側だったと思います。

例のメニューです・・・
(14)例のメニュー

そして、例の料理、もとい独自の契約農家(笑)から直送したベーコンステーキです。
(15)例の食事

美味しかったですよ!ビールといっしょにゆっくり楽しみました。
レストランには他に誰もお客さんがいなくて贅沢なひとときを過ごせました。

お腹一杯になったあとはお散歩タイム。
門の近くから城壁に上ります。
(16)城壁への登り口

おぉ~!今この写真を見るとKibriのストラクチャとそっくり!
じゃなかった、実物そっくりのKibriのストラクチャだったんだんですね。
ブログ記事はコチラ
おや?階段付近にはコケが生えているんですね。
それとどことな~くジメジメした感じが・・・。
今度、Kibriの城壁にもコケやジメジメを表現してみたいと思います。
こうして昔撮った写真を見ると、その時には気づかなかった発見がありますね。

城壁からの眺め。
(17)城壁からの眺め

まだ早い時間だというのにもう夕日になってきました。
ヨーロッパの冬は日照時間が短いですよね・。なんだか寂しい感じです

この写真は、南側の城壁から見た街並みです。
(18)町のそとから

木々の緑もすっかり少なくなっています。
夏にになったら屋根の赤と、元気いっぱいに葉をつけた緑との
コントラストで美しい景色になるのでしょうけど、今は少しの間休憩中です。

さて、これにて秋のローテンブルクの紹介は終わりです。
賑やかなときも好きですが、人が少ない季節もなんだか特別な感じがして好きです
また行きたいな~。
スポンサーサイト
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ドイツ旅行 | GENRE:旅行 |

冬、というか秋のローテンブルク(1)

こんばんは。ずっと続いていた寒い日々がひと段落したと思ったのに
再び寒の戻りでヒートテックを手放せないこつめです
さて、今日は冬の、というか秋のローテンブルクを紹介します。

以前、楽しみかたは人それぞれでローテンブルクのレストランを紹介しましたが、
そのときのことを紹介したいと思います。
季節は11月頃の冬シーズン直前だったと思います。
車を運転しローテンブルクへ向かいました。

早朝の高速道路を走り、ランプをおりると見えてきましたよ!
(1)ローテンブルクまでの道順

標識看板のうしろの木々が枯れかかり、冬の寂しさが近づいているのが分かります。
まずは、ローテンブルク城壁の北側駐車場に車を停めて、
ホテルにチェックインしに行きます。ちなみに時刻はまだ9時過ぎです。
(2)早朝の小道

おじいちゃん待って~!という感じの子供たち、かわいらしいですね。
ローテンブルクに住んでいるのかな?
この写真の奥には、市庁舎に面したマルクト広場があります。
朝早いのでまだまだ人通りもまばらです。

宿泊したホテルは「ホテルティルマンリーメンシュナイダー」、
マルクト広場から北側へ歩いてすぐのところにあります。
部屋も綺麗で雰囲気が素敵です。
今回は2回目の宿泊でこつめは結構お気に入りです。

ホテルから出て左側には門が見えます。
(3)ホテル近くの門

「白い塔」です。ほんとにこの名前なんですよ!(笑)
ローテンブルクの城壁には幾つか大きな門がありますが、
城壁の内側にもいくつか門があり、これもその1つです。
奥に消防車っぽい車が見えますね。道幅はけっこう狭いのですが
驚くことにけっこう大きな観光バスが入ってきたりします。
ドライバーさんも大変ですね。。。

さてさて、荷物を部屋に置いて街中を散策~。
マルクト広場の南側にある薬局です。
(4)広場近くの薬局

木組みが可愛いですね~。
この薬局をモデルにしたストラクチャがVollmer HOにあったような?
先日紹介したFaller Nの薬局もどことなく似ていますよね。
ちなみに写真右側に写っている門は、「ブルク門」です。
ブルク(Burg)はドイツ語で城塞という意味なので、「城塞門」でもいいかも。
その名の通り、城壁の外と内を行き来できる門です。

マルクト広場では、ホットアップルジュースが売られていました。
(5)暖かいリンゴジュース

11月なのに真冬のような寒さだったので、一杯飲んで身体を温めました

そのまま南へ道を下っていくと、有名なプレーンラインが見えてきます。
(6)プレーンライン

2つの道がマルクト広場に向かって一つに合流するポイントで、
人気の写真撮影スポットですね。
写真の右側の塔が「コーボルツェラー門」で、
この門をくぐると城壁の外に出ることができます。

左側の塔は「ジーバース門」で、こちらはさきほどの白い塔と同じく
城壁内にある門です。ちなみにジーバース門の近くまで行き、
左側へ少しいくと城壁に上れる階段があります。
今回は、ここでユーターンして広場まで戻ります。

この写真はプレーンラインで回れ右をして少し戻ったところの写真。
(7)プレーンラインから広場へ

写真の奥にマルクト広場がありますが
この通りの左右にはお土産屋さんが沢山あり、
ショーウィンドーを見ているだけでもけっこう楽しいです
それにしても人が少ないですね~。
クリスマスマーケットが開かれるまではあまり人が来ないのかな?
でも・・・、なんだか独り占めしているみたいでこれはこれで楽しいです

こちらはパン屋さんのショーウィンドー。
(8)シュネーバル

左側にはザ・ドイツの焼き菓子パン「プリッツェル」、
その隣の黒いパンは、これもザ・ドイツの「ライ麦パン」かな?
そして、右側にはこのローテンブルク伝統菓子「シュネーバル」が見えます。
シュネーバルは直訳すると「雪の玉」、細長い生地をまるめて油で揚げ、
砂糖を雪のようにまぶしてあります。
サクサクしていて美味しいですが、食べるときは
砂糖などがこぼれても問題ないところを見つけてからにしましょう。
けっこういろいろこぼれます・・・。
こつめはホテルのベッドの上で食べてしまい、
大変なことになった苦い経験があります

こちらは、木組みの家や門のミニチュア焼き物を売るお土産屋さん。
(9)焼き物のミニチュア

手前にあるのは広場近くの薬局のミニチュアかな?
左上の門も実在するの門ですね。
可愛らしくて全部買って帰りたい!とも思いましたが、
こつめは自分で組み立てるストラクチャ派なので、
ここはぐっと我慢して見ているだけに徹しました・・・
でも・・・、次に行く時とは一個くらい買っても良いよね?

(つづく)
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

ローテンブルクのマイスタートルンク歴史祭り

こんにち
Kibriのレーダー門作りの途中ですがここでちょっと一休みのこつめです。

海外旅行/ドイツのカテゴリを作っておきながら、
いままで一度もドイツの記事を書いていませんでした
・・・ということで、今日はじめてドイツの記事を書きます!

ローテンブルクのマイスタートルンクの紹介です。
マイスタートルンクはローテンブルクでも有名なお祭りの一つで、
毎年5月の終わりに開催されます。
三十年戦争は、プロテスタントと神聖ローマ帝国との争いが(中略)、
宗派の違いによる争いでしたよね?1600年頃の戦争です。

ちょっと説明がヘタクソなので、簡単に説明すると、
この地を侵略した代官が、「この街征服するけど、ワイン飲みで勝ったら撤退するわ」と
言い放ち、当時のローテンブルク市長が見事3Lのワインを飲み干して街を救った。
その当時の時代を舞台に、侵略から開放されたことを祝うお祭りです。
毎年5月下旬~6月上旬に行われるお祭りに行ってきました。
数年前のことですが、とても楽しくて今でもよく思い返します。
レーダー門のストラクチャを作っていたら懐かしくなっちゃったので紹介します。

まずは、早朝のマルクト広場です。
マイスタートルンク(1)

お祭りがない普通の日の早朝は
ほとんど人がいないんですよ。でも今日は違います!
何て言ったってマイスタートルンク!お客さんもいっぱい来ていて
いつもと違って活気があります。

その証拠に少し時間経つと街の人が扮装して集まってきました。
マイスタートルンク(2)

三十年戦争を舞台にした服装と鎧なんでしょうね。
ちなみに、扮装してこのお祭りに参加できる人は、
自分の代を起点に三代前からローテンブルクに住んでいた家庭でないと
参加できないとか・・・。
このお祭りに参加して初めて一人前のローテンブルクの住人と認められ、
それはとても栄誉なことなんだそうな・・・。
なるほど~、みんなこの町が大好きなんでしょうね。
みんなビールを飲んで、次第にテンションがあがっていきます。
しばらくすると、街のあちこちでみんな一箇所にあつまってきます。
マイスタートルンク(3)

そして、祭りの開始の合図もなしに(私が気づかなかっただけ?)
もうお祭りが始まったようです。音楽に合わせてみんな行進しはじめました。
マイスタートルンク(4)

にぎやかで楽しい~みんな歌を歌っているのですが、
ドイツ語なのでまったく分かりません!でも良いんです!楽しむ雰囲気が大事!
マイスタートルンク(5)

ワンちゃんも参加です。
「背中の毛皮はなんですか~?」
この日はローテンブルクのどこに行ってもこんな感じで、
扮装した人たちが歌ったり踊ったりしています。
ふと目に入ったお家の中庭を覗くと、そこには扮装したおじさんたちが集まって
楽しそうにビールを飲んでいたりして、本当にみんなニコニコしていました。

オヨヨ。。。こちらの集団は少しまじめなお顔をして行進しています。
マイスタートルンク(6)

それもそのはず、後ろに大砲を引いて行進しているんです。
私もそれについていくと・・・、大砲をセッティングし始めて・・・。
マイスタートルンク(6-2)

ドゴーン!!!!!
マイスタートルンク(7)

空砲でしたがすごい音でした!!!!戦争の一場面ですかね?
驚いたのは、私のそばにいた小さな子供(3~5歳くらいかな?)が
泣きもせずにニコニコしながらそれを見ていたこと。
生まれたときからローテンブルクに住んでいて慣れっ子だったのかな?

ところ変わって、こちらは街の西側の広場です。
マイスタートルンク(8)

みなさん出待ちでしょうか?(笑)
マイスタートルンクの夜はみんなこの広場に集まって
夜遅くまでビールを飲みながら大騒ぎするそうです。
残念ながら私は、参加できませんでしたが・・・。

夕方になると、市庁舎で冒頭で説明した
「市長がワインを飲み干して街を救った話」の舞台が催されます。
チケット予約制&もちろんすべてドイツ語なのですが、
日本語でかかれた舞台の内容のコピーをもらえます。
それをみながら観賞~。
マイスタートルンク(9)

ちなみにこつめはローテンブルクが大好きで、
これまでも何回か行きました。
たまに「よく飽きないね」とか言われますが、良いんです!好きなんだから

さて、また明日から城壁作りを続けたいと思います!
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。