プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

台湾旅行記(3) 赤い提灯と不思議な街

こんにちは。 こつめです。

台北市内観光のあとは九ふんナイトツアーオプションをつけました。
手ごろな値段の割には、九ふんのレストランで軽食(いや、日本人にとってはがっつり中華です)がついており、
食事のあと自由時間があるので、自由に散策することができます。
また、九ふんからの帰りは、夜市での自由散策。
夜市でそれぞれたっぷり堪能した後は、ホテルまで送迎してくれるという
自由行動もたっぷりあって満足なラクチンツアーでした


九ふんは映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている街です。
・・・と言われているのですが、実はスタジオジブリははっきりと名言してないんですよね

さて、九ふんへのツアーは昼間も夜もありますので、
自分の旅行スケジュールに合わせて参加することができます。
今回は夜の部に参加しました。

バスに乗ってしゅっぱーつ!
台北市内から高速道路を通り九ふんまで約59分でした()。
車内ではガイドさんが日本語で旅程など色々と説明してくださいました。

九ふんは現地の漢字で九份と書きます。
地名の九ふんとは、もともと「九人分に分ける」という意味だったそうな。

九份の份という漢字は「にんべん」に「分」、つまり人に分ける!
おぉ!!ちょっとした発見です!

さて、話は少しそれましたが、もともとこの集落には九人しか住人がいなくて、
山奥の集落だったこともあって、なかなか街に食べ物や日用品を買いに行くことが
できませんでした。そこで集落を代表して一人が買い物に行き、
集落に戻ってから買ってきたものを九人に分ける、という生活スタイルをとっていたそうです。
だから、九份という地名になったそうです。へ~

さて到着。さっそくですが交番の看板にも九ふんの文字があります。
162.jpg

つづいて街の中に入っていきますが・・・、人がいっぱ~い!
179.jpg

なるべく他の方の顔が分からないように編集したつもりですが。。。
写真だけだとどこを撮っているか分からないかもしれませんね。
写真の真ん中のせま~い路地階段を上がっていきます。
しばらく歩くと有名な写真撮影スポットに到着しました。
14P(2).jpg

確かに映画の舞台みたいです。窓際に提灯が飾られているお茶屋さんです。


九ふんの一番上の小学校に行きましたが、感想は
「あれ?これでおわり?」
のぼり階段は確かに大変だったのですが、
あっというまに上まで行けてしまい、思った以上に規模が小さかったです。
そうですよね、なんと言ってももとは九人の集落ですもんね。

また、夜のツアーだったので遠くまで良く見えなかったのもあって
さらに狭い街に感じたのかもしれません。
昼間のツアーだったら違った感じ方になるかもしれませんね。
今度は昼間に行ってみたいです。

さて、台湾旅行はこれでコレで終わりです。
3日目はホテル近くの市場でお土産をかったり、おいしいものを食べたりして
お昼過ぎに空港へ向かいました。

いくら近場といえども、やっぱり海外旅行で3日間は短いかな~。
でも、すぐに行ける海外。
そんな気楽にいける台湾にはもう一度行ってみたいなぁと思う今日この頃

こつめ台湾旅行記。
おつきあいありがとうございました


おわり
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行 |

台湾旅行記(2) 東方模型店をたずねる

こんばんは、台湾旅行記の続きです。
前回の台湾旅行記(1)はこちらからどうぞ

総統府の後は中正紀念堂に向かいました。
中正紀念堂は、台湾=中華民国初代総統の蒋介石をたたえた施設です。
中正紀念堂

ここが本堂です。ここに蒋介石さんの像があるですって。
えっほ、えっほ、、階段を登っていって後ろを振り返ると・・・、
中正紀念堂から

実はこんなに広いんです
写真の左側にあるのが国家戯劇院、右側が国家音楽庁です。
それぞれオペラやコンサートなどに使用される芸術のための施設みたいです。
さてさて、本堂では毎時兵隊さん(儀仗隊)の交替式を見ることができます。
わたしもギリギリ間に合いました。
交替式

凛々しいですね。 衛兵さんになる方は限られた優秀な人だそうですよ!
所定の位置に着くと、ピクリとも動きません。
衛兵さん


さて兵隊さんたちは何を警備していたのかというと、
蒋介石さん

おおきな蒋介石さんの座像です!
ちょっと比較するものがないので分かりにくいかもしれませんが、
結構な大きさでした

蒋介石さんは台湾建国の立役者で、亡くなった後に
その功績をたたえこのような施設をつくろう、という計画がもちあがったのだそうです。
完成まで時間がかかったそうですが、
後世にこんなにも人々から愛されるなんて、スゴイ方ですね。

さて、この後は中正紀念堂の近くで昼食にまたまた小籠包を食べ、
ブラブラしながらパイナップルケーキを買ったり、タピオカミルクティーを飲んだりしました。

そして、ようやくお目当ての「東方模型専売店」に到着・・・。
東方模型店看板

ビルとビルの間を通り、奥まったカドにそれはありました・・・。
模型店店先

「・・・」
お店にたどり着くまでの道のりは怪しさ満点です。
失礼
それほど広くない店内に所狭しと鉄道模型、それら関連商品がありました。
店主が接客中だったため、店内の撮影許可をとることができなかったので写真はありません。

ちょうど私が行ったときは地元客と店長さんがなにやら話し込んでいました。
店の奥に行くとそこにお目当てのVollmerストラクチャを発見!
地元のお客さんと見られる方も数名いらっしゃいました。
なぜか、私の姿をみて「ジャパン!ジャパン?」とにこやかに声をかけてくれる方も。
台湾の方はフレンドリーな方が多いですね。
店員の方もスマイルで、きもちよいです

なかには少し珍しいものもあったのですが、
この時すでに他のお店で取り寄せをお願いしたものと同じだったので、
なにも買わずにお店を後にしました。
お値段は日本で買うのとそんなに差がありませんでした。
為替レートのせいかな?

さて、肝心のストラクチャ情報ですが、

N・・・少しだけ
HO・・・ちょっと多い
Z・・・見当たらず(見つけられなかったのかもしれません)
Vollmer・・・少しよりもちょっと多い
Faller・・・少し
なぜがKATOのストラクチャ・・・豊富に在庫あり

という感じだったと思います。Kibriは・・・あったかな?

掘り出し物は見つかりませんでしたが、台湾の地元の模型店を訪ねることができて
これまた良い経験になりました。
日本の鉄道模型が台湾でもとても愛されているのはうれしいですね。


お次は、今日のハイライト一度は訪れたかった九ふん編です


(つづく)
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行 |

台湾旅行記(1) たまにはアジア

こんにちは。 こつめです。

急遽、休が取れたので旅行へ
2泊3日の旅です。
3日間でいけるところ。。。と色々出発10日前になってワラワラ探してみたところ
国内遠い所よりも安く海外いける^^!ってことで、台湾に決定。
日本よりも暖かいという事、何しろおいしいものが沢山食べられる!ということで
一度行ってみたかった台湾へ。

台湾は雨が多いらしいですが、3日とも天気に恵まれてラッキーでした。
旅の拠点は台北、ここで2泊することにしました。
短い準備期間で色々と下調べして分かったのですが、
台湾は結構な数のホビーショップがあるみたいで、
「○○模型店に行ってきました」というようにブログで紹介されているのを見つけました
これはチャンス!と思ったのですが何しろ2泊3日・・・。
入念に調査を重ね、確実にドイツ系鉄道模型とストラクチャを
置いているお店一軒に絞り、そのお店にも行ってみることにしました!

そんなこんなで、旅の紹介です。
(1日目)
台北についたのは夕方だったので、すぐに暗くなってしまいました。
まずは、夕食を食べるためディンタイフォン(鼎泰豐)へ。
(1)小籠包

台湾と言ったら小籠包でしょう!ウマイ!アツイ!

続いて士林夜市へ。
今は冬なのであまり気にならないのですが台湾の夏は暑い!
ということで、台湾の人は日中に行動するのを避け夜に行動する人が多いのだとか。
だから夜市が台北のあちこちにあるみたいです。
(2)夜市

色々食べてお腹いっぱいになりました~。

(2日目)
この日が旅のメインです。なんと言っても2泊3日、なか日にギュッと予定をいれました。
まずは、龍山寺へ。
(3)龍山寺

龍山寺と名のつくお寺は台湾にいくつかあるみたいですが、
ここ台北にあるものがもっとも有名みたいです。
台北のなかで最も古いお寺で色々な歴史があるとのこと。へ~。
(4)龍山寺内部

中の様子です。すごいヒト!驚いたのは観光客だけでなく
地元の人が多いみたい!皆さん熱心にお参りしたり、おみくじしたりしてました。
私も「幸せになりますように。あとドイツのストラクチャメーカーさんの景気がよくなって
いろんな種類のストラクチャが発売されますように・・・」とお祈りです。

お次は、総統府です。
(5)総統府

東京駅に似ていますね。それもそのはず、この総統府は日本統治下の
1919年に建てられたもので、上空からこの建物を見ると日本の「日」の字に
見えるとか。へぇ~。日銀の「円」に見える建物配置みたいですね。
現在でもその名の通り国の統治機関として使用されていて、
平日は館内の見学もできるみたいですが、私が行ったのは日曜日・・・。残念!
因みに、こんなにも日本と関係がある台湾なのですが、日本との国交がないみたいです。

(つづく)
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア