プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

いたずら好きの領主の館

こんにちは、こつめです。
いきなり暑くなりましたね~、もう夏日です。
GWはいかがお過ごしですか?

さて、ザルツブルクの2日目です。
ホテルでちょっと早めに朝食を済ませて、朝のザルツブルクを散策です。
まずは、昨日は沢山人がいて賑やかすぎて雰囲気がよくわからなったゲトライデ通りに向かいます。
昨日は東から西に向かって歩きましたが、今日は西から東に向かって歩いてみます。
テクテク・・・。
この建物をくぐればゲトライデ通りが見えてくるはずです。
(1)_201505011051392e6.jpg

こんな感じで建物の門が一つになった雰囲気は大好きです!
ヨーロッパの大きな都市は外敵から都市を守るために
周囲を城壁で囲っているところがありますよね(ローテンブルクなど)。
この門も城壁の一部だったのかな~?と勝手に思ったり・・・。

しばらく歩くと、ゲトライデ通りが見えてきました
(2)_201505011051452c4.jpg

装飾看板がかわいい!人が少ないと中世の雰囲気がありますね~。
こういう感じの通りも素敵です!

さてさてお次はメンヒスベルクの丘に登ってみたいと思います。
丘の上まではエレベーターがあるのでそれに乗ってあっという間に到着です。
展望台からの眺めです。
(3)_20150501105143a05.jpg

素敵ですね~
昨日行ったホーエンザルツブルク城が遠くに見えます。
ホーエンザルツブルク城からの眺めも素敵ですが、
お城と街並みが一緒に見えるこっちの眺めも素敵ですね。

この展望台はサウンドオブミュージックにも登場しています。
写真の下のほうには噴水のようなものが見えますが
これは「馬洗い池」です。
馬車の馬をきれいする場所だったのかな?

しばらく丘の上をブラブラした後は、エレベーターで下におりて、
最後の観光地、聖ペーター教会墓地に向かいます。

(4)_20150501105145a30.jpg

ここも映画のロケ地みたいです。モーツアルトのお姉さんが埋葬されていたりとか。
ふむふむ・・・。

さてさて、これで2日間のザルツブルク観光は終わりなのですが、
ちょっと予定を変更して、ヘルブルン宮殿に行ってみることにしました。
地球の歩き方の簡易地図を見ながら恐る恐る車を走らせること数分。
ヘルブルン宮殿に到着しました!ホッ・・・

お目当ては宮殿内に仕掛けられた噴水です。
でも、仕掛け噴水があるエリアへは自由に入ることは出来きません。
一日に数回行われるツアーに申し込み、ガイドさんと一緒に園内を回ります。
さっそく、英語のツアーに申し込み集合時間までフリーエリアを散策~。
(5)園内

本当に広い宮殿でした~。
かつてのザルツブルク大司教、兼領主が建てた館で豊富な水をふんだんに
使った庭園と噴水で宮殿に招かれた貴族を楽しませていたんだとか。

でも、この後のツアーに参加すると、
楽しんでいたのは、領主ひとりだけだったのでは?と思っちゃいます。

そうこうしていると集合時間になり、ツアーが始まりました。
まずは、半円形の広場にみんなで集まってガイドさんの話を聞きます。
(6)_20150501105617351.jpg

きれいな水ですね~。
天気が良くてラッキーでした。
みんなで集まってガイドさんの話を真面目に聞いていると、
突然後ろのほうで「キャー」振り返ってみると、
(7)_20150501105625366.jpg

どうやら石の腰掛に座っていた人のおしり部分に水が噴き出したようです!
暖かい季節なのですぐに乾くとは思うのですが、かけられた方びっくりです!
これは注意しないと・・・。
こうやって領主は招いた貴族に水をかけては喜んでいたみたいですね。
いたずらずきな領主め・・・(笑)。

写真の左側に写っているのがガイドさんです。
(8)_20150501105619f52.jpg

こうやって仕掛け噴水のところどころで説明してくれます。
園内にはさっきみたいに屋根がないエリアや、この写真のように屋根がついている
たくさん場所もあるので雨が降っているときでもそれなりに楽しめると思います。
建屋をでると・・・。
「プシュー!」また噴水です!
みんな水浸しになってしまいました
(9)_201505011056254db.jpg

そして、園内には噴水以外にも所々に仕掛けがあります。
(10).jpg

ちょっと奥が暗くてわかりにくいかもしれませんが、これはからくり人形です。
建物の中にいる人形が音楽とともに動くんですよ!ミニチュア好きにはたまりませんね。
これは水が出ません(ほっ)。

急きょ予定を変更して行ってみたのですがとても楽しかったです!
私も噴水の餌食になってしまいましたが
いい思い出になりました!

これにてザルツブルク旅行記は終わりです。
お付き合い頂きありがとうございました


スポンサーサイト
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

こじんまりしたザルツブルクの街中

こんにちは、こつめです。
オーストリア ザルツブルクの旅行記の続きです。
オーストリアの塩の砦 ザルツブルク編
前回のホーエンザルツブルク城を下りて、ザルツブルクの市内観光です。

ケーブルカーの駅から少し歩くと、カピテル広場と呼ばれる大きな広場にでます。
ここからは、さっきまでいたホーエンザルツブルク城がすぐ上に見えます
(1)カピテル広場

良い眺めですね~。この広場の周りにはお土産屋さんが屋台を開いていたり、
大きなチェス盤でチェスを楽しむ人がいたりしてました。
(2)チェスを楽しむ人々


ヨーロッパの人はチェス好きですよね~。
このような観光地の広場だけではなく、大きなハイパーマーケット(大きな商業施設)の
広場にもチェス盤があったります。

さてさて、このカピテル広場の近くには、レジデンツ広場やモーツアルト広場など
ほかにも広場があります。
モーツアルトは、ザルツブルクの生まれなんですよ~。
五歳にして初めて開催した音楽会は広場の近くのレジデンツ(宮殿)だったとか、
まさしく神童だったんですね~
当然ながらモーツアルト広場にはモーツアルトの像があります。
(3)モーツアルト

そして、広場からザルツァハ川に向かって歩いていくと、賑やかな通りが左手に見えてきます。
この通りはゲトライデ通りと呼ばれ、たくさんの商店が立ち並んでいます。
モーツアルトの生家もこの近くにあるんですよ。
(4)ゲトライデ通り

人がいっぱいで賑やか過ぎてよく分からない・・・。
でも、ところどころに装飾看板が見えますよね?
人がいないときには、この装飾看板が通りに沢山見えて
中世の小路に見えるのですが・・・。
う~ん、この写真では雰囲気が良く分かりませんね。
早朝の人が居ない時間に行くことをオススメします!

さて、ここまでのお城~広場~ゲトライデ通りのあたりが旧市街で、
ザルツァハ川を渡ると新市街です。
川にかかるマカートシュテク橋を渡り新市街へ
131_20150421224710a57.jpg

まずは、すぐに見えてくる三位一体教会です。
(5)三位一体教会

桜の木かな?良い天気に恵まれて良かった~!
そして、この写真を撮った場所からすぐ左手に目を向けると・・・
大きなミラベル宮殿があります。
この宮殿は大司教が愛人のためにつくったとか・・・
確かに女性はうっとりしてしまいそうな庭園があります。
(5)ミラベル宮殿

結構広かったです~。私は宮殿の中に入らなかったのですが、
もしかすると中を見学できたのかも知れませんね。
(6)ミラベル宮殿(2)

そしてこの庭園の中には、かの有名なペガサスの噴水があります。
(7)ペガサスの噴水

何が有名かというと・・・「ド~はドーナツのド~♪」
そう!映画「サウンドオブミュージック」でマリア先生が子供たちと
ドレミの歌をうたった場所なんですよ!思わずスキップしたくなっちゃいました

これにてザルツブルク観光1日目は終了です。
再び旧市街地の広場に戻って夕食でシュニッツェル(カツレツ)を食べました。
082.jpg

レストランでメニューを見て料理を想像できないときは迷わずシュニッツェルをオーダー!
まず失敗はありません。ここでも美味しかった~

つづく
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

オーストリアの塩の砦 ザルツブルク

こんにちは、こつめです。
4月なったのにずっと曇り空や雨でお天気に恵まれませんね~ということで!
数年前の4月にオーストリアのザルツブルクへ旅行したときのことを紹介したいと思います!
とっても天気が良くて気持ちよかったのを今でも覚えています。

まずは、都市の紹介から。
ザルツブルクのザルツは塩、ブルクは砦、ということで直訳すると塩の砦です。
もともとは近くの町で取れる岩塩を商品として周囲の都市に販売し、
その利益をもとにザルツブルクの街が発展した、そうです。

それでは観光を紹介しま~す
ザルツブルクの南北に流れるザルツァッハ川とホーエンザルツブルク城です。
ひなたぼっこ

ヨーロッパの大きな都市には必ずと言っていいほど川が流れていますよね。
これには理由があって、水が豊かな日本と違って水の確保が街の発展の要だった、とか、
(先ほどの説明の塩などの)商品を他の町に運ぶために川が必要だったとか言われています。
へぇ~
いまでも町の人に愛される川で、川のほとりで皆さんひなたぼっこしてて気持ちよさそうです。
ちなみに4月の上旬なのにほんとに暑くて、皆さん半そででした

次にホーエンザルツブルク城ですが、街のどこからでも
眺めることができるザルツブルクを象徴する城です。
その昔は、岩塩の貿易で利益を得た大司教の居城であったり、
ハプスブルク家の支配下におかれたりと、いろいろと歴史がある城です。

お城への行き方ですが、ケーブルカーで行くルートと徒歩でのルートがあります。
ケーブルカー

今回はケーブルカーで行ってみます。というか、城壁をくりぬいているんですね。
「ぎゅーん!!」ちょっ・・・、結構なスピードです!
傾斜がきついからかな・・・?

お城から眺めるザルツブルク市街地の全景です。
ザルツブルクの街並み

こじんまりした街なので、大都市のような華やかさはないのですが、
なんというか、少しだけ賑やかな田舎街という感じで結構好きな感じです。

城の中は見学もできます。
しおのしろ

しろのしお・・・、じゃなかった塩の城、そして
塩で財を築いた城とも言われるように城の中は真っ白です。
見学コースの最後には、レストランがあってここで一休みしました。
レストランのテラスにて、市街地に背を向けた南向きの眺め。
レストラン

山々にはまだうっすらと雪が残っていました。
ちなみにザルツブルクのすぐ隣はドイツで、この山を越えればドイツなのかもしれません。
緑の中の街並み、ステキです。次回のレイアウトに景観を取り入れようかな。
グビグビ!自然の中で飲んだビールは美味しかったです

さて、ケーブルカーで街に戻ってこんどは市街地観光です。
ぎゅーん!

「ぎゅーん!!」って!下るのも速い

つづく。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。