プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ほったらかしのストラクチャを再組み立て(3)完成♪

こんにちは、今年はほんとうに暖かかったり寒かったりで
温度差が激しい年だな~とシミジミしているこつめです
でも、来週は暖かくなるみたいなので楽しみです

さて、前回の続きです。完成まで仕上げま~す。
正面以外の左右と後ろの壁ににも窓枠と、透明フィルムをくっつけて、
木組みの壁を土台に立て接着します
そして、一階部分に例の”シール”を貼り付けると・・・
(寸法がおかしいシールは修正しました)
(1)_20160326193652ae6.jpg

屋根ものっけてみました。
こちらは、正面の壁と右の壁の厚みの継ぎ目のアップ
(2)_20160326193647ddb.jpg

うん、良い感じです。でも…、う~ん…。
シール感が非常に主張しています。緑色でもいいのですが…。
表面がまっ平らでツヤツヤして、レンガっぽくないのが
いけないのでしょう、きっと…

う~ん、ここも自作します。レンガ風タイルシートはないかな~?と
インターネットで探していたところ、タミヤから販売されているのを発見!
茶色の「情景シート レンガ」を使うことにしました。ちょっとレンガが大きいかな?
包装紙には、1/35~1/20スケールの情景作品に、と書かれています。

ちょっと気にしながらも、ももともとのシールと同じサイズで情景シートを切り出します
(3)_20160326193648f76.jpg

上手く切り出せました。
ただ、もともとのシートのままだと少し明るすぎる気がしたので、
エナメル塗料のフィールドグレイ(すこし暗い緑色)をドライブラシして落ち着かせました。
乾いたら一階部分に接着剤を使って貼り付けます。
(暗箱もこの段階で中にセットしました)
(4)_201603261936499f7.jpg

うん!良いのではないでしょうか二階部分のベージュの木組みのと
色も合っていると思います。
あとは、煙突を付けた屋根を取り付けて、
もともとのシールから切り出したポスターや、銀行名が入ったパネルを
両面テープで貼り付ければ…
(5)_20160326193651ad1.jpg

できた~!屋根の赤、木組みのベージュ、レンガの茶色と
色調が整ったように思います。
ただ、ちょっと銀行っぽくないかな?
まぁ、いいや。洗練された都会の中の銀行ではなく、
昔からの建物が残る田舎の観光地にある銀行ってことにします。

また、銀行名が入ったプレートは”シール”から切り出すのに失敗したので
正面の一か所だけになってしまいましたが、
田舎の中なので景観重視ということでこれでもヨシとします。

最後に屋根のウェザリングと窓際植林です。
今回屋根はエナメル塗料のデザートイエロー(黄色の褐色)を使いました。
パサパサと筆を走らせ、ちょびちょびと窓に植林して…
完成!
(7)_2016032619403734e.jpg

おぉ!良い感じです。
ただ…、やっぱり銀行っぽくないですね。パン屋さんみたい
ちなみに、銀行の看板や建物に青色や緑色が多いのは
「安心」や「誠実」を見る人に伝えるためだとか…。へぇ~
だから、このストラクチャももともとは青色の屋根と緑色のレンガだったのかな?

一方、赤色や茶色は「暖かさ」や「伝統」だとか。へぇ~。
やっぱりこつめは、赤や茶色のほうが好きですね

こちらは、裏側
(6)_20160326194036a29.jpg

屋根に近い三角形の壁の部分はキットのシールを使いました。
ここも自作しようかと思いましたが、面積が小さかったのでシールでも良いかなっと♪

さてさて、パーツ数が少なく簡単に組み立てられるはずの
今回のHobbyストラクチャでしたが、
色々工夫して時間がかかった末にこれにて完了です。

もともとの色とは全く違った色になりましたが、
いろいろ学ぶことができたと思います
他のストラクチャでも自分の好きな色で塗装してみたいと思います。
スポンサーサイト
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ほったらかしのストラクチャを再組み立て(2)

こんばんは、また寒くなりそうで再びヒートテックを
着ているこつめです

前回の続きです。ようやく塗装に入ります。
各パーツの配色は以下の通りです。全てMr. カラーを使いました。

(1)地面、そして、壁パーツの下部分(地面と接着する部分)は
ライトグレー:ジャーマングレイ=9:1
(2)煙突部分はダークアース
(3)屋根はあずき色:フラットベース=7:3
(4)壁パーツの上部分(木組みの部分)は
マホガニー:フラットベース=85:15
(1)_20160323195437026.jpg

基本的に全てつや消しで塗装したいのですが、
使いたい色が光沢、半光沢だったりします。
そのときはフラットベースを加えるのですが、
光沢塗料の場合はフラットベースを3割配合、
半光沢塗料の場合はフラットベースを1.5割配合しています

こちらは屋根をあずき色で塗装した後の写真です。
(2)_2016032319543043d.jpg

RLM23レッドと大して変わらない気がします…
以前、RLM23レッドを塗ったミヒェルシュタットの市庁舎と並べてみても
(3)_20160323195432b98.jpg

う~ん、違いが分かるでしょうか。
あずき色だと、もうちょっと暗めになるかな~と思ったのですが、
塗ってみたら以外と赤かったです。暗めの赤瓦屋根を表現したいときは、
もっと暗い”艇底色”、”レッドブラウン”、”赤褐色”などを使う方が良さそうです。
次回まで覚えておきます

お次は、例の木組みマスキングテープ貼りです。
約4時間の成果がコチラ。
(4)_2016032319543370f.jpg

縦、横のラインは1.5mm幅、斜めのラインは1mm幅のものを使用しました。
縦横のラインがちょっと太いかな?これには理由がありまして…。
このストラクチャ、壁の取り付け方式が他のストラクチャと違います。
(5)_20160323195434b8b.jpg

こんな感じで、正面から見たときの左右の横の壁の厚みが
そのまま正面の壁の一部になっているんです。
だから左右の壁の厚み=1.5mmを木組みの太さにしたのです。

そして、このストラクチャの完成見本をみてください。
(6)_20160323195812814.jpg

ストラクチャの裏側の壁は縦横の木組みのみ…
ちょっと寂しい感じがしますよね?だから、追加で斜めの木組みを入れておきました。
左右の壁、正面の壁にも斜めの木組みを加えてました。

さて、木組みの壁の2層目の塗装です。
今回は、屋根が予想以上に赤かったので、壁の色もそれに合わせました。
GXクールホワイトにオレンジをちょびっと入れ、明るいベージュ色にして塗装です。
塗装後がこちら
(7)_20160323195811043.jpg

完全に乾いたあとで、マスキングテープを剥がします。
この作業、ささくれやかさぶたをはいでいるみたいで”快…感…”です
(8)_20160323195811cb6.jpg

できた~!ベージュの色も良い感じです
ちょっとマホガニーが剥げている部分があったので修正しています。
やっぱり、この方法で木組みの壁を表現するときは、
剥がれ対策でサーフェイサーで下地塗装したほうがいいかな?
次回試してみます。

続く
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ほったらかしのストラクチャを再組み立て(1)

こんにちは。しとしと雨が降ったり止んだりしていますが、
これが終わるといよいよ春本番かな~?とワクワクしているこつめです

さて、今日は作りかけだったストラクチャを再び作製したいと思います
ストラクチャはこちら↓
(1)_20160320105259407.jpg

Faller 232445 ドレスナーバンクです。
ドレスナーバンク?確か実在する銀行だったような?
グーグル先生お願いします!ぽちっと…。
やっぱりでも残念ながら2008年に買収されてしまったようです。
今ドイツに行っても見れないのかな?

さて、このキット、箱にHobbyと書かれていますよね?
Faller Hobbyシリーズはパーツ数も少なく低価格で
これから鉄道模型を始める人にとってのエントリーモデルみないなシリーズです。
パーツもこれだけです↓(途中まで作っちゃってます)
(2)_20160320105301674.jpg

木組みのストラクチャだったので買ってみたのですが、
数年前に途中で作ることを断念していました。

断念した理由がコチラ↓
(3)_2016032010525928a.jpg

壁が全てシール…、しかも粘着力がないので剥がれています。
また、一階部分の緑色の壁のシールの寸法が合っていないので
下地のプラスチックが剥きだしです・・・

このシール、数年間ほったらかしにしていたから剥がれたのではなく、
わたしが作ったときに既にこのような状態だったんです
このときはKibriからの挑戦状 第3章で紹介した
木組みの壁を描く技法がまだなかった頃だったので、
剥がれたシールを処理することもできず、ず~っとほったらかしになっていました。

でも今は技法があるので、このストラクチャを復活させていきたいと思います!
まずは、貼り付けたシールを剥がします。
(4)_2016032010525710c.jpg

粘着力がないので、のり残りも無く綺麗に剥がせました
このあと塗装といきたいところですが、よく見ると壁がボコボコ…。

”シールを貼ればどうせ見えなくなるし”ってことで、金型の処理が甘かったのかもしれませんね。
ということで、全ての壁をやすりがけしておきました。
けっこうボコボコの段差が酷かったので、180番 → 600番の順にペーパーがけしました
(5)_201603201052586a7.jpg

ようやく塗装…、にはいけません…。上の写真、右上の壁には
すでに窓枠を接着してしまっているのでこれを処理しなければなりません。
デザインナイフで後ろ側から外そうといたのですが…、

”パキン!”刃先が折れてしまいました…、危ない危ない…

う~ん、やっぱり手間がかかりますがマスキングテープで処理します。
いちど組み立ててしまうと塗装が大変です…。
(6)_20160320105308257.jpg

窓枠を接着したところには、デザインナイフで窓ぴったりの大きさでテープを切りました。
一階部分の窓にもマスキングテープ貼っておきます。

続く。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

もったいなくてなかなか作れないシリーズ(FALLER編)

すでに2月ですが・・・、今年もよろしくお願いいたします
私生活でいろいろあってなかなかブログを書けなかったこつめです
皆様いかがお過ごしでしょうか。

Kibriの城壁作りも全然進んでいないのですが、
今年一回目の投稿はストラクチャ紹介からいきたいと思います!

せっかく苦労して手に入れたストラクチャも、作らなければただの箱・・・。
いえ、手に入れたストラクチャの中には、今は廃版となってしまっていて、
手放してしまったら多分もう二度と手に入らないものもあるんです。

昔は、そんなストラクチャも平気で組み立てていたのですが、
なぜかここ最近はそんなストラクチャを見ると「もったない」と思うようになり
なかなか組み立てられなくなってしまいました・・・。

ということで、今日はそんなストラクチャをFALLERのなかから紹介します。
まずはFALLER N 232279の薬局です。
IMG_3942.jpg
IMG_3943.jpg

ちっちゃな木組みの家です。かわいいですね~
このモデル、実は昔持っていたのですが諸事情で手放してしまいました。
そのときは「まぁそんなに高くもないし、また買おう」と思っていたのですが、
すでに生産終了・・・。それ以来ずっと探していて昨年ようやく入手しました!
約5年振りの再開でした。「もう手放さないからね!」と思い入れのあるモデルです。

続いて2つめはFALLER N 2290 タウンホールです。
IMG_3944.jpg
IMG_3945.jpg

これも実は思い入れのあるモデルです。
数年前にチェコの鉄道模型屋さんに立ち寄ったとき、
店内に飾ってあったレイアウトにこのモデルが置いてありました。
あのモデル見たことない!FALLERっぽいけど・・・欲しい」
ということでインターネットを駆使して探し当てたモデルです。
型番が2290と4桁のモデルはどうやらかなり昔のものみたいです。
タウンホールというより小さな町の集会場って感じでしょうか?
みんなで集まって町のことを話合ったりするのかな?

続いてFALLER N 2293 ギルドハウスです。
IMG_3949.jpg
IMG_3952.jpg

写真の右側の赤い屋根の建物は町の郵便局として、
今でもFALLERで販売されています(ほっ)。

最後はFALLER N 2291 城壁の中の家です。
IMG_3954.jpg
IMG_3947.jpg

このモデル、さっきの2293ギルドハウスの左側の建物の
色違いみたいですね。ということは、これを組み立てても
もう一つ色違いのものがあるということですね。
組み立てるときは、こっちから作ろうかな。ふふふ

さて、ここまで4つ紹介してきましたが、
どうしても手に入らないものが実はもう1つ・・・。
FALLER N 2292のKornhausです。

最近は、毎日毎日インターネットで探しています。
入手できたら必ず紹介します!
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

楽ちんストラクチャ

こんにちは、こつめです。

8月中ずっと暑かったため、何かするのもヤル気がでず、
何をするのにもあまり気が進みませんでした。

ということで、そんな時はFallerから発売されている塗装済みモデル、
通称「楽ちんストラクチャ」を作っていました。

Faller 232310”ワインパブ”です。
(1)_20150911201807606.jpg

ここで、箱の紹介を・・・。
最近のFallerのストラクチャは、
中にどんなストラクチャが入っているかの写真が印刷されたカバーシートが
箱に巻かれている状態でフィルムでラップされています。
フィルムを剥がしてみると・・・
(2)_2015091120180879c.jpg

こんな感じでカバーシートと、箱に分かれます。
この箱は、どの他のモデルのストラクチャでも同じ絵柄の箱です。
つまり、箱を共通品にしてコストを削減したのですね。

でも、カバーシートを紛失してしまうと、中に入っているものが何か
分からなくなってしまう・・・。
でも大丈夫!箱には中身を書くスペースがあります。
(3)_20150911201809289.jpg

これなら、カバーシートを無くしても安心です。
ストラクチャを作る人のことを考えていて、好感が持てますね。
(Kib・・・、ほかのストラクチャメーカーを悪く言っているのではありませんよ・・・

さて、中身はというと、
(4)_2015091120181105e.jpg

乱雑に塗装されたパーツ・・・。ちょっと今回は塗料が多いようです・・・。
まぁ、少ないと問題ですが、多いときはヤスリなどで調整すれば良いのでヨシとしましょう。

さっそく組み立て~。
いつもように、壁に窓枠などを取り付けて・・・。
(5)_20150911201805afb.jpg

さて、ここから窓ガラスを取り付けるのですが、
このモデルは、透明なフィルムしか入ってなくて
必要な大きさに自分で切って貼り付けます
(6)_20150911201833d39.jpg

こつめは結構このフィルム好きです。理由は、
(1) 窓が沢山ある壁も、裏から大きなフィルムで貼り付けられるので楽ちん。
   窓ガラスを一枚ずつ貼り付けるのは結構しんどいです・・・。
(2) ほとんどの場合、全ての窓に貼ってもフィルムが余るので、
   失敗したときにやり直しが楽ちん。
などなど。

必要な大きさを計って自分で切らないといけませんが、
方眼付きカッティングマットの上で長さを決めて切ればそんなに苦ではありません。
(7)_20150911201834a9a.jpg

窓を貼り付け、組み立てた暗箱を入れ、
壁と屋根を張り合わせればあっという間に完成~。
(8)_20150911201836688.jpg

う~ん、かわいらしいストラクチャではあるのだけれども、
ドイツって感じではないかな?
オランダ、フランスとか港の近くの街並みって感じかな~。

同じタイプのストラクチャをもう一つ持っているので並べてみました。
(9)_20150911201837d21.jpg

おや?何個か並べれば素敵に見えるかも。
でも後ろをみると、
(10)_20150911201839048.jpg

形が同じ・・・。

楽ちんストラクチャなのであっという間に完成するのですが・・・、
やっぱり物足りない・・。

色を塗って、苦労しながらつくる木組みのストラクチャを作りたい・・・。
ウズウズ・・・

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。