プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

Zへの誘い 第2章(4) 完成

こんにちは。2月に近づいたせいか一気に寒くなりましたね~。
こつめはちょっと風邪気味なんですが、皆様いかがおすごしでしょうか。

さてさて、前回は門の軒どいを表裏逆に接着してまい
落ち込んでいましたが、その続きです。

実は最近こつめは、このようなこともあろうかと
ストラクチャの組み立て技法、具体的には
接着剤の塗り方をちょっと変えていたのです。

【変更前】接着面全体に接着剤を塗っていた
【変更後】接着面の四隅や、その間のいくつかの場所に
      ちょんちょんと「点」で接着剤を置いていく。

どうせ数年後には接着剤が劣化し、接着面がはがれてくるので、
わざわざ全面に塗る必要もないかな?そして、
もし間違えてくっつけてしまっても、少し力を入れれば
剝がすことができるということで、この方法を採用していました。
剥がすときにパーツを傷めないように注意は必要ですが・・・。

ということで!今回はそんなに苦労せずパーツを剥がすことができました。
ただ、どうしても接着剤を乗せた面はデコボコしてしまうので、
やすりで整えてから再塗装しました。そして、注意深く裏表を確認し再接着、
その他のパーツも取り付けて門の完成です。
(1)_20170130215215905.jpg

軒どいを正しく取り付けたので、縦どいとの隙間も短くなっています。ヨシヨシ。
(2)_2017013021521697b.jpg

門の前後には灯りのランプがあります。もともとは茶色一色の部品だったので、
これもフラットホワイト + エナメル塗料のゴールドで塗っています。
(3)_201701302152186c6.jpg

うまくできた感じです。

小塔の屋根のアップです。
(4)_201701302152193ff.jpg

この小塔は、もともとは赤色のパーツでしたが、
実物のおなじく緑青に塗装しました。
色は、緑暗色/フラットホワイト=1/2~3にメタリックブルーを適量混ぜています。

メタリックブルーを混ぜることで金属光沢がでるかな?と思ったのですが、
やっぱり使ってみて正解でした!ところどころでキラキラして
それっぽくできたと思います!(写真ではよくわからないかもしれませんが・・・)
もう少しメタリックブルーを入れても良かったかな?

こちらは作りかけだった薬局、雨どいと煙突などの屋根パーツをくっつけて完成です。
(5)_20170130215221c9b.jpg

続いて反対側の裏面です。
(6)_201701302152366e5.jpg

裏面の雨戸も実物を見習って
赤っぽい色で塗装しましたが、こちらもいい感じです。赤い色が映えますね~。

最後に2棟並んだ写真です。
(7)_20170130215233e04.jpg
おぉ!いい出来です・・・。ハテ?
このストラクチャ、何か大事な目的があって作り始めたような気が・・・。

・・・・・・。

・・・。

・。

あぁ!!そうだった!
ローテンブルクのプレーンラインを再現したくて、
Zゲージのストラクチャを作ったんでした!
そうとなれば早速・・・、イソイソ。

じゃーん!プレーンラインっぽく並べてみました!
(8)_20170130215235670.jpg

Nゲージのストラクチャとなじんでいるように思います!
この情景はぜひともレイアウトに入れたいですね。
よーし、次も頑張ろうっと!
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | GENRE:趣味・実用 |

Zへの誘い 第2章(3) いつもの苦労・・・

こんにちは。こつめです
またスポンサーサイトが表示されてしまいました
ちょっと私生活でもいろいろありまして・・・、久々の投稿です。

作っているのはKibri Z 36805/ムルテンの薬局と門です。
前回の続きで、門の隣の薬局を組み立てていきます。
(1)_20161203172136ccd.jpg

薬局の壁を貼り付けてこの中に自作した暗箱が入れば良いのですが・・・
(2)_201612031721381c7.jpg

あぁ・・・、ちょっと写真だと分かりにくいのですが、
自作した暗箱が1mmほど高く、ぴたっと中に収まりません・・・
どうやら屋根付近の壁内側にも部品をくっつけるようで、
その部品と干渉してしまうようです。う~ん、仮組みのときに気づかなかった。
暗箱の下を1mm切ろうかなとも思ったのですが、
そうすると窓部分の暗箱の切り抜きの位置が合わなくなってしまうので、
無理やりギュッと押し込みました(笑)。まぁ、何とかなるでしょう!
(3)_20161203172139fea.jpg

残りの一枚の壁と屋根を組み付け、薬局「APOTHEKE」の看板を取り付ければ、
薬局部分はほぼほぼ完成です
それにしても・・・、看板を吊り下げる棒が細くて、いつ折ってしまうかヒヤヒヤでした
屋根部分のアンテナや雨どいは、隣の門を作るときに一緒に仕上げるので、
ひとまず薬局はこれでおしまいで、次に門の組み立てにはいります。

まずは、門の土台部分の組み立てですが・・・
壁と壁の間がスッカスカです
(4)_20161203172140360.jpg

詳しく調べてみると、壁の裏側のポッチ部分(写真の矢印のとこ)が
もう一方の壁の裏側の面と干渉していことが分かりました
(5)_20161203172142063.jpg

本当は仮組みの段階でこういった干渉部位を見つけて
処理しておくべきだったのですが、
ふだん面倒くさがってあまり仮組みをしないためか
見つけることができませんでした

塗装したあとのパーツ処理というのは、
塗装面を傷つけないように気をつかいます。
次からは仮組みのときの処理できるよう日々練習ですね
(6)_20161203172250467.jpg

これでヨシ!まだ少し隙間がありますが、
接着剤をつけてぎゅーっと押さえれば隙間は無くなります。
薬局と同じように壁を貼り合わせて
時間の都合で門もほぼほぼ完成です!
が!屋根部分の雨どい(軒どい)を上下さかさまに接着してしまいました(泣)
(7)_201612031722492e9.jpg

その結果、屋根が高くなってたてどいが屋根まで届かない事態に!
残念ですが慎重に雨どい部分を取り外して再塗装です。トホホ・・・
私が説明書の指示を読み取れないのか、はたまたKibriさんの説明書が分かりにくいのか・・・

つづきます!




☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | GENRE:趣味・実用 |

Zへの誘い 第2章(2) 実物?

こんにちは、こつめです。
今年の夏は暑かった(or まだ暑い?)ですね~
そんでもって台風10号が変な動きしてるし・・・。
はやく過ごしやすい季節になって欲しいものです

さて、新居に引っ越してからの初めてのストラクチャは、
Kibriのムルテンの薬局と門、です。
引っ越し前に完成させたかったのですが、
塗装に時間がかかり過ぎ、引っ越し荷物として梱包されていました

なぜ塗装に時間がかかり過ぎたか?ですが・・・。
「せっかく塗装するなら実物そっくりに色付けしたい」と
思ったのが事の発端です

Googleマップで実物の写真を見てみると・・・、

「門の土台は白っぽい色?」
 (キット見本では薄茶色)

「門のてっぺんにある小塔は緑青のような緑色?」
 (キット見本では屋根と同じ赤色)

「薬局の雨戸が表と裏とで色が違うみたい?(緑と赤)」
 (キット見本では茶色一色)

という感じでキットの見本写真とは色が違うところが気になってしまい、
かなりの色数で塗り分けすることにしたのです

では、いきますよ。色の紹介です。
特にメーカー名を記載しない限りMr. カラーです。
ちょっと種類が多いので間違いがあったらご容赦を・・・

【薬局・門共通色】
(1)屋根・・・RLM23レッド/艦底色=9/1
(2)雨どい、雨どいパイプ、塔の出窓や小塔の台・・・マホガニー
(3)地面・・・ライトグレー/ジャーマングレイ=9/1

【薬局】
(4)壁の装飾、玄関扉・・・ウッドブラウン
(5)壁・・・キャラクターフレッシュ/フラットホワイト=1/1
(6)アンテナ・・・ライトグレー
(7)表側雨戸・・・緑暗色(三菱系)
(8)裏側雨戸・・・あずき色

【門】
(9)土台(トンネルのとこ)、街頭の下地・・・灰色9号
(10)壁の装飾・・・タン/ダークイエロー=9/1
(11)壁・・・フラットホワイト/ライトグレー=8/2
(12)外灯の一部、小塔てっぺんの飾り、小塔の中の鐘
   ・・・タミヤエナメルのゴールドリーフ、

そして今回もっとも頭を悩ませたのが・・・
(13)小塔の緑青色・・・緑暗色/フラットホワイト=1/2~3に
   メタリックブルーを適量

最後の緑青は、調色しては塗布の繰り返しで、正確な配合比が
分からなくなってしまいました
でも金属光沢を表現したかったのでメタリックブルーを入れたのは、
正解だったかもしれません。
文字通り”緑青”なので、緑+青の組み合わせです

また(1)~(13)、必要に応じて艶消し剤やラピッドシンナーを加えて、
艶消し処理をしています。

で、写真は?
え~と・・・、すみません。塗装中の写真取り忘れました。
なんてったって13色・・・。疲れました。
塗装だけで、数日かかっています。

そんでもって別の日・・・。
ようやく組立です。まずは薬局部分から。

FallerやVollmerと同じく雨戸貼りですが、
さすがZゲージ、雨戸が小さくて苦労しました
IMG_1564.jpg

さて、苦行のカーテン貼りですが、
KibriはZゲージでも”いつものカーテン紙”なので、
大きさがまるであっていません
それでも、なんとか大きさが合う部分を見つけ出し、短冊状にカット。
IMG_1565.jpg

それを裏面から両面テープで貼り付け
それぞれの窓に、一枚ずつカーテンを貼っていくと大変な苦労ですが、
こうやって、短冊状にすれば複数の窓にカーテンを貼り付けることができます。
これで苦労が少し減りました
IMG_1566.jpg

こちらは表面。
IMG_1567.jpg

ちょっと小さくて見えにくいですが、さっきの短冊が
2階~4階それぞれ別の模様のカーテン模様が見えています。ヨシヨシ。

最後に一階のショーウィンドー内部の装飾を貼り付け。
IMG_1568.jpg

これ、いったい何の飾りなんでしょう・・・?薬局・・・ですよね?
相変わらずKibriさんのこだわりを感じるキットです。

つづく

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

Zへの誘い 第2章(1)

こんばんは。4月になり新年度が始まりましたね~。
だんだんと日が長くなって気持ち良い季節になってきました

ヨシ!塗装もしやすい季節になったのでストラクチャを
たくさんつくっていきたいと思います

さてさて、ローテンブルクの町並みをレイアウトでつくるうえで、
再現したい風景がいくつかあります。
そのひとつがプレーンラインです
(6)プレーンライン

木組みの家はVollmerのストラクチャを並べれば再現できそうですが、
シンボルとなる2つの塔はどうしようかなと思っていました

FallerのNスケールでいくつか塔のキットはあるものの、
ちょっと大きいみたいです。だいたい高さは20cmで、
ストラクチャはその半分の10cm前後。

なるべく木組みの家のストラクチャと同じくらいの高さの塔がいいな~と
探していたところ・・・、見つけました
(1)_201604102231541cb.jpg

Kibri Zスケール/ムルテンの薬局と門です。
ムルテンはスイスにある町で、この門はベルン門という実際にある門です。
因みに薬局も実在します。面白いですね~
さてさて、気になる背丈ですが門のてっぺんまでで15cmくらいです。
木組みの家のストラクチャがだいたい8cm~12cmくらいなので
ちょうどいい高さだとおもいます。

さっそく塗装を~、その前に・・・苦行の暗箱作りです
塔には照明は入らない構造ですが、
薬局には照明を入れることができます。

でも、例によってKibriの暗箱は1枚の黒い紙から
自分で寸法を決めて切りださなければなりません。
ということで、まずはマスキングテープを使って仮組みです。
(2)_20160410223156d0e.jpg

Faller Nの”都会の住宅(写真右)”と並べて見ました。
窓や玄関がちょっと小さいかな?とも思いますが、
背丈はNスケールストラクチャと並べてみても良い感じです

そして、定規でストラクチャ内部の寸法を測り切り出します。
(3)_20160410223157afc.jpg

ここまでは割と簡単にできます。大変なのは窓の位置決めです。
切り出した暗箱を仮組みしたストラクチャの中へ入れ、
窓が開いている隙間から鉛筆でだいたいの位置を書き入れます。
そして、ストラクチャから暗箱を取り出し、切り取り線を清書

もう一度ストラクチャに入れて位置を確認。
再び取り出し、位置を微調整・・・。これを繰り返すこと数回
ようやく切り取り線を固定できたら、デザインナイフで窓部分を切り出し、
両面テープで四面と天井面を固定して完成です
(4)_20160410223158275.jpg

え~と、ここまで来るのに4時間くらいかかっています。。。
苦労した割には・成果が見えにくいので、せっかくなので後ろからも一枚。
(5)_20160410223200019.jpg

次は塗装を紹介したいのですが、これも結構苦労しています。
やはり挑戦状です。

つづき

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

最後の城壁セット(3) 完成♪

こんばんは。いきなり暖かくなってビックリ気味のこつめです。
でも、そのおかげでひさびさにストラクチャ製作ができました。

まずは、前回の続きから~。
パサパサ塗りした城壁のレンガ壁に階段部分や、
城壁の通路部分の手すりを取り付けます
(1)_20160304204016e88.jpg

そして、ず~っと長い間寒くてできなかった残りのパーツを塗装。
(2)_20160304204017e18.jpg

これだけ!?
たったこれだけのパーツならもっと早く塗装しなさいヨ・・・、と言われそうですが
それほどまでに我が家の塗装作業場(=乾燥したお風呂場)は寒かったのです

塗装したパーツですが、Mr.カラーを使い、
屋根は「RLM23レッド:9+艦底色:1+フラットベース:1」、
木組みの壁の下地の壁部分は「フラットホワイト:9+ライトグレー:1」です。

屋根の配色は、以前作ったミヒェルシュタットの市庁舎と同じです。
この色はけっこうお気に入りですが、そろそろ屋根の色も新しい色を開発したいところです。
全部のストラクチャが同じ赤にならないよう、ちょっとずつ明るかったり、暗い赤で塗り分けたいですね。

壁の白は、GXクールホワイトを使おうかなとも思ったのですが、
前回の整理整頓でフラットホワイトの瓶がなぜか3本も見つかったので、こちらを使いました

あとは、先ほどの手すりを付けた城壁に屋根を取り付け、ウェザリングとして
タミヤエナメル塗料/デッキタンを希釈したものを塗って完成です
(3)_20160304204019ba6.jpg

パーツも少なかったので、あっという間に完成です。
すぐできるのになかなか取り掛かれないのはいつものことです・・・。

このキットは塔にくっつく城壁部分の角度を自由に変えることができます。
↓コチラは角度を狭めた配置。
(4)_20160304204020786.jpg

レイアウトに合わせて、角度を変えることができます。

さて、これでKibri Nゲージの城壁シリーズは3つ全て組み立てました。
3つを並べてみましょう。
(5)_2016030420402121c.jpg

おぉ~壮観です!作った甲斐があります!
さらにせっかくなので、ストラクチャも並べてみます。
イソイソ・・・、イソイソ・・・。
(6)_20160304204034611.jpg

わぁ~おぉ~!良い感じですもう一枚↓
(7)_20160304204031ae1.jpg

最後に目線を下げてみると~。
(8)_20160304204033793.jpg

すごい!ほんとにローテンブルクにいるみたい
いや~、やっぱり城壁があると雰囲気が違いますね。

さ~て、これでKibriの城壁は全部つくったので
今度はFallerの城壁も作っていきたいと思います。

たくさん組み立て、町の周囲をKibriの城壁(塔)と合わせて
町をぐるっと一周させたいな~

あ、その前に、ローテンブルクの城壁内側にあるようにな
町の中の門も何棟か作りたいな~。
ふふふ、楽しみは尽きることはないですね
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア