プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ミニチュアワンダーからお届けものでーす!

久々にドイツからの個人輸入です
今回ショッピングさせてもらったのは、
鉄道模型好きにはたまらない世界最大のジオラマアミューズメント施設、
そう!『ミニチュアワンダーランド』です
え!?買い物もできるの?そうなんです!
ミニチュアワンダーランドのインボイス

私も今回はじめて知ったのですが、ミニチュアワンダーランドでも
オンラインショップでストラクチャを販売しているんです

Vollmer製品が買えなくなってしまうという不安から、
ウェブサーフィンしながら探していたときに
偶然ミニチュアワンダーランドのオンラインショップにたどり着いたのです
値段も割りと安め、これは買いだ!とVollmer製品を中心にオーダー。

首を長くすることちょうど2週間。。。。
昨日荷物が届きました~!
ピンポーン!「お荷物でーす、請求があります」
個人輸入するときお金を払うとき、払わなくても良いときがあります。
(費用が発生するときとしないときの境目の金額ってどこなんでしょう?
 私も分かりません・・・

今回は費用が発生したようです。今回の内訳は、
・関税0円(非課税)  「ん?」 (・・・非課税なのに費用発生?)

続きがあって、

・通関手数料200円  「んん?」
・地方消費税+消費税で800円 「んんん?」

合計1000円・・・・、非課税なのに・・・・・。
ちなみに2年くらい前に輸入したときは500円で済みました。
消費税増税の影響が大きいのかもしれませんね。
でも、必要経費です!キチンと支払いを済ませて荷物を受け取りました。
お楽しみダンボール

わくわくしながら、ダンボールを開けると、そこには・・・・
クッションを取り除くと・・・

じゃーん!
じゃーん!

Vollmerの木組みの家に、消防署と警察署、それに駅、
そしてKibriのストラクチャと、ローテンブルクのレーダー門です。

Vollmerのストラクチャはしばらくすると入手が困難になるかもしれませんね。
大切につくらなきゃ
スポンサーサイト
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

馬路村のumajiって知っていますか?

多数のメディアでも紹介されていたのでちょっと気になっていた、
『umajiクレンジングオイル』をお試しさせていただきました
このクレンジングは、原料に希少なゆず種子油を30%以上も配合した
贅沢なクレンジングオイル。
クレンジング

ゆずの力は、特に種にあるそうです。
種は抽出すれば保湿効果の高いペクチンが豊富に得られ、
深いうるおいをもたらす美容液になるとのこと。
また、じっくりと手間をかけて搾ることで希少な上質のオイルとなり、
うるおいを保ちながらハリを与え、機能回復を促すそうです。
栽培から、研究・製造・販売まで、生産地、高知県馬路村ですべてを行っています。

早速、クレンジングを開始。 
3プッシュして手にとり、クルクルと肌になじませます。
しっかりと時間をかけてやさしく乳化するのがいいみたい
少量の水を加えて、白濁してきます。さらに乳化。
そして、やさしく水を加えて洗い流します。

洗い上がりの感想は、つっぱならいし、モチモチした洗いあがり。
やさしいのに、目の際のアイラインも綺麗に取れています。
何よりも、ゆずの香りが癒してくれます。
人工的な香りには好き嫌いがあると思いますが、
ゆずの香りだと皆さんも想像つきやすいと思います。
ゆずを絞ったまさしく、あの香りです
ひとつ気になったのは、お風呂場でも使用できるとのことですが、
使用前に『顔も手も水にぬらさないで使用してください』とのこと。
私は、お風呂場で一番に顔を洗わないので、手も顔も濡れてしまうし、
洗面所でなきゃ使用できないかな?


さすがに、すっぴんを載せるのは自信はないので、手の甲でやってみました。
落ちにくい口紅をつけて。。。 
口紅つけてみた

やさしく、クルクル。。。すぐに、油が浮いてきました。
きれいに取れるよ

ほら、こんなに簡単に。。 あとは流すだけ。
完全にとれたよ


無料サンプルを届けてもらえるそうなので、自分の肌に合うかどうかお試しできます。
コチラ


☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:みんなに知ってもらいたい | GENRE:日記 |

こつめ鉄道レール敷設課 はじめから苦難・・

さて、造成課はいったんお休みして、今日からはレール敷設課の出番です
使うレールはフライシュマンのスターターキットに付属していた
エンドレスループの単線です。
これをレイアウト台に敷設する前に
「レールは是非塗装しよう」という某雑誌の見出しだけを読んで
なにも考えずに茶色のスプレーでシュー
このときはまさか大失敗するとは夢にも思いませんでした・・・

塗料が乾燥した後にレール表面の集電箇所だけを
紙やすりでゴシゴシ擦って金属部分をむき出しに。
これで電車が動くはず!と、意気揚々と電車をセットしダイヤルを回すも・・・
シーン・・・・
動きません・・・・
なんで~!?
コントロールユニットから伸びたケーブルが接続されているレールに電車を置き、
ダイヤルを回すと「シャー・・・」
「おぉ
でも、次のレールとの接続部に差し掛かると「ぴたっ・・・・」

そうです。すでにお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、
レールのジョイント部までたっぷりと塗料を塗ってしまったので
通電できなくなってしまったのです!!うわぁ~ん
ジョイント部に塗料たっぷり

何とか動くようにしなければ!と、溶剤を使ってジョイント部の塗料を落とし、
再びレールをつなげて電車をセットし動かしてを何度も何度も繰り返しましたが、
ついに電車はループを一周することはありませんでした・・・・。がっくし
残念ですが、フライシュマンのレールはあきらめることにしました・・・。

次の日、模型屋さんに行きTOMIXのミニレールセット基本セット
(レールパターンMA)を購入。

TOMIX Nゲージ 91081 ミニレールセット基本セット (MAパターン)TOMIX Nゲージ 91081 ミニレールセット基本セット (MAパターン)
()
トミーテック

商品詳細を見る

これに短めのストレートレールを組み合わせて、レイアウト台に仮置きし
車両走行テストです。
「シャー!」
勢い良く電車が走りループを無事一周。
レールを塗装していないので問題なく走行できました!
新レールで走行テスト

レールを塗ることにすっかり苦手意識が芽生えてしまった私・・・。
でも、ちゃんとレールサイドだけに、そしてジョイント部を避けて塗れば
まったく問題ありません。
すべては私の不勉強により引き起こされた悲劇ですなのですが・・・。

2度も失敗するわけには行かないので、今回は未塗装でレイアウトに固定することに。
KATOの釘を使ってレイアウトボードにレールを固定し今日は終了です。
釘です

細かいものを使うときは、100均のタッパーを使うと
見失いにくく保管もしやすいですね。
なんだかんだで今日はつかれました~
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

こつめ鉄道造成課員の挽回

前回の続きです。
何とかこの小さいレイアウトを完成させないと、
夢の「たたみ一畳分の城壁の街レイアウト」など実現できません!
作りながら沢山失敗して経験値を増やさねば!と言い聞かせてがんばります

さて、コルク樹皮の間に埋めたパテを薄く溶いたアクリル絵の具で塗ったのですが、
いまいち岩に見えませんでした。そこで今回はパウダーをまいて、
どういう風に見えるようになるかを実験してみたいと思います。

ではでは、前回の復習。アクリル絵の具をぬった状態がコチラ↓
色塗り

今日は、木工用ボンドを水で薄めたものを筆をつかってパテの上にペタペタと塗っていきます。
そして次にレイアウト作りのセオリーに習い土色のパウダーをまいていきます。
使ったのは、KATOのターフ「土色ブレンド」です。指でつまみ振りかけていくと・・・
土をまぶした後
おぉ!!、わ~ぉ!!、「なんか岩っぽい!

次に緑色のパウダーをその上にまきます。
使ったのは、TOMIXのカラーパウダー「ライトグリーン(ミックス)」です。
それにプラスして、アクセントとして濃い目の緑色のコースターフを
ポンポンポンと置いてみます。
緑をまぶしたあと
おぉぉぉぉ!!「どうみても岩や~ん!
すごい!かなり自然な感じです。ただ、初めて作ったこのときは
上手くできたように見えたのですが、一日経って心を落ち着かせて見ると
「あれ?? ちょっと・・・盆栽みたい・・・

う~ん、なるべく自然な色を選んで使ってみたのですが、
それがかえって地味~な感じに見えてしまうんですね
もう少し明るい緑色を使ったほうが、コルク樹皮とのコントラストができ
綺麗に見えると思います。

そして、今回KATOとTOMIXの両方のパウダーを使ってみた感想ですが、
・ KATOは、少しふわふわして細かい草のような
・ TOMIXは、少しザラザラして砂のような
感じがしました。
2つを上手に使い分けるとイメージしたとおりのシーンができそうです

でも、垂直に切り立った崖の表面にパウダーをふりかけるのは考える余地があります。
今回は軽いレイアウトだったので台ごと立ててパウダーを振り掛けましたが、
大きなレイアウトだと立てるわけにもいきません。
どうやって崖の表面に粉をふりかけるか?これは次回のレイアウト作成までに
考えておかないとっ

でもまぁ、この「パテ+パウダー」で上手く表現ができそうなことが
今回の実験で分かったので一旦造成課はお休みし、
次からはレール敷設課に働いてもらうことにします。
だんだん調子がでてきました
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

気分はアンダルシア♪ hola~♪

暑い日が続いているので、冷たいものが欲しくなりますね
食欲もなくなってきたので、スペインのガスパチョを作ってみました
我が家にはミキサーがないので、すりおろすだけの簡単ガスパチョです。
ガスパチョ
ガスパチョとは。。。簡単にいうと、
スペインのアンダルシア地方発祥の冷製トマトスープ
日本のお味噌汁みたいに、スペインのご家庭それぞの味があるみたいで、
親しまれているスープです。
私が初めてガスパチョに出会ったのは、プラハにあったスペイン料理店。
(もう閉店しちゃったけど
とってもおいしいガスパチョを飲んで衝撃を受けました。
なんで、プラハでガスパチョ?というのはスルーしてください(笑)
スペインに行ったときには秋だったので、ガスパチョはなく、
にんにくのスープ(アホスープ)を飲んだのでした。。。
(・・・あっ。話がそれちゃいました

そんなガスパチョがおうちでとっても簡単にできた上に、おいしかったのでご紹介します。
暑い日にグイグイ飲み干せちゃいます。

<材料> 2人分くらい
トマト・・・・・1個
セロリ・・・・・1/5本
きゅうり・・・・・1/3本
にんにく・・・・・少々
トマトジュース・・・・・1/2本
水…80cc
パン粉・・・・・大さじ1
オリーブオイル・・・・・小さじ1
塩、こしょう・・・・・少々
タバスコ・・・・・適量

<作り方>
にんにく・トマト全量、キュウリ、セロリの半量はすりおろし、残りは5mm角に切る。
残りの材料をすべて加えてかき混ぜ、塩、こしょう、タバスコで味を調える。

1日経った方が、味がなじんでおいしいです。
今回、初めてポット型浄水器のお水をつかって、冷製スープを作りました。
トレビーノとガスパチョ

トレビーノ®PT305SV
マンションに住んでいるということもあって、夏は特に水道水は
貯水タンクで温められたぬるい(しかもちょっと臭う)が蛇口から出るので
いつもペットボトルの水を買いだめしてました。
以前、ポット型浄水器を使っていたのですが、ろ過スピードが遅くって
すぐに使えないのがネック。
コンパクトなサイズがなくて、我が家の冷蔵庫のポケットにはいらず、使い勝手が悪かったという理由で使わなくなったのです。

今回、お試しさせていただいた、トレビーノ®PT305SVは、
ろ過スピードがとっても早いし、コンパクトだという。
ほんとだ!我が家の小さなポケットにすっぽり。
冷蔵庫にぴったり

水道水と浄水されたお水を、どっちがどっち?クイズなるものを友達にしてみたら、
見事に浄水されたお水のほうがおいしいって、当てました(笑)

浄水スピードが早いので、ストレスなく、料理にもどんどん使えます。
1日・3リットル使用の場合は、2ヶ月。2リットルの場合は、3ヶ月がカートリッジの交換目安だそうです。
交換目安表示もついていて、忘れないしね。
交換メモリ
これから重たいペットボトルを買いだめしなくてもいいし、ゴミも減るね
これから、どんどん我が家で活躍しそうです。

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:みんなに知ってもらいたい | GENRE:日記 |

こつめ鉄道造成課員の悩み

すっかりご無沙汰していた『こつめ鉄道造成課』です。
なぜこうも期間があいてしまったか?ですが。。

私って。。。実は。。。

☆あらかじめ設計図があって、その設計図どおりに作るのは好き
☆でも、設計図がないものを自分で創造するのは苦手

・・・・なんだと思います。

だから、レイアウトを作り始める前に、綿密に設計図を描いておかないと、
なかなか作業を進めることができないんだと思います。
この反省は次のレイアウト作成に活かそうと思いますが、
今回はもう作り始めてしまったので、このまま設計図なしで進めちゃいます

さて、前回のおさらいです。
前回はスタイロフォームで岩を作ってみたけど上手くできませんでした
ということで、今回はコルク樹皮を使って岩を表現してみたいと思います。
コルク樹皮

これで500円、練習に使うのもったいないのでいきなり本番です。
お城を置く場所のスタイロフォームをザクザク削って、
そこに細かく切ったコルク樹皮を貼り付けて、
乾いたら樹皮と樹脂の隙間をパテで埋めていきます。
パテ埋め

う~ん、「木やん・・・
お城を置いて見ます。
城を乗せて

「やっぱり・・・、木やん・・・
パテの白いところが目立ちすぎてるのかな?
パテを塗ってみます。前回の反省を踏まえて、薄くうす~く
水にといた状態のアクリル絵の具で塗装してみます。
黒 → こげ茶色の順に。
色塗り

「どう見ても・・・、木やん・・・・
う~ん、やっぱりプラスターのように絵の具を吸い込んでくれないので
下地の白色が目立ちますね・・・。ここからどのように挽回するかですが、

(1) パウダーを濃い目にまぶして下地を消す。あるいは、
(2) もっと濃い目の絵の具を塗って下地を消す。

の2つです。簡単なのは(1)かな?、それでも上手くできないなら(2)かな?
(2)はアクリル絵の具ではない、塗った後に芝や砂のようにザラザラした表面を
作ることができる特殊な塗料を使おうと思いますが結構なお値段です。
まだ持っていません。

レイアウト作りは結構お金がかかりますね・・・
造成課員の悩みはつづく・・・
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

Kibriからの挑戦状(3)

さて、前回の続きです。
暗幕を入れた後に残っていた壁と、屋根を支えるためのパーツを乗せて・・・
うん、暗幕の高さもちょう良かったです
完成まであと少し

次に屋根と、屋根に乗る煙突、出窓を取り付けて、植林、ヨゴレを描けば・・・
完成です!
ライストハウス完成(1)

赤いストラクチャなので、黄色の花を植えてみました。
なかなか良いできです!

反対側はこんな感じ。
ライストハウス完成(2)

アーケードが良い感じです!
しかし、ここに至るまでには少なからずトラブルもありました。

作りにくいポイント(その3)、説明書が分かりにくい

どのように分かりにくいかは、VollmerとKibriの説明書を見比べるとよく分かると思います。
比較のために同じような壁を作るときの図面で比べて見ましょう。
まずはVollmer↓
フォルマー説明書

パーツが立体的に描いてあるので、どの場所にどのような形のパーツを
接着すれば良いか非常に分かりやすいですよね。
しかも、同じ形の部品でも一つ一つ描いてあるので、1つ接着したら、
説明書に描いてあるそのパーツに印をつけながら作業すると
うっかり付け忘れることも少ないです(私は蛍光ペンで印をつけています)。

続いて、Kibiri↓(今回作ったものではありません)
Kibri説明書

どこにどのような形のパーツを接着すれば良いか、一見しただけでは・・・
まったく分かりません!
しかも、同じパーツを複数取り付けるときは(×4)とかで、
一つのパーツしか描かれていません・・・。

すべてのストラクチャがこのように平面で、しかもパーツを重ねて描いている
というわけではないのですが、やはりVollmerと比べると分かりにくいんです。
なので、これまで私がやってしまった失敗としては、

(1)違う場所に窓枠パーツを取り付けた
(2)場所は正しいが窓枠パーツを裏表逆に取り付けた
(3)窓枠パーツを着けずにガラス部品だけを取り付けてしまった

などなど、です
一回取り付けて接着剤が乾いてしまうと
パーツを取り外すのは簡単ではありません。
というか、そのままにしていることがほとんどです。
とにかく分かりにくいんです・・・・。
頭の中でよ~く考えながらパーツを接着していかないといけません

今回はそんなに大した間違いは起きなかったのですが、やっぱり疲れチャンです
Kibriはしばらくの間ちょっと休憩。
次回は、別のストラクチャを作ることにします
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

旅の終わり

さて、チェックアウトが迫ってきたのでいったんホテルに戻ります。
今回宿泊したのはホテルバジリアーニです。
場所は、広場San Pietro Caveoso(サンピエトロカベオーゾ広場)から
少し奥に入ったところにありました。
ホテルの看板

ちょっと場所が分かり難い&ホテルまではスーツケースを運べるような道ではないので、
昨日は広場に着いたら荷物を車において、ホテルに行きポーターさんに荷物を運んでもらいました
ホテルのフロントはこちら↓
ホテルフロント?

確かに分んない さてさて、お世話になったポーターさんに
どんべいの蕎麦をおすそ分けし別れを告げ、マテーラ最後のスポットへ移動です。

↓この写真はホテルのフロントを出たところから見た写真です。
崖の上の展望台

どこに行くかというと、この写真に見える崖の上に向かいます!
写真ではちょっと分かり難いですが、実はすでに先客が崖の上にいるんですよ。
最後に崖の上からマテーラを全体を見て、バーリ空港に戻ろうと思います!

展望台に向けてしゅっぱーつ!車を運転すること約15分、あっという間に到着です。
どんな風景が見えるかというと・・・(まずは左半分)
マテーラの左側

すごい眺めです!
今まで街の中にいたので、正直な感想は
「洞窟住居?単に急斜面の崖に家を作っているだけでは?」と思っていましたが、
この写真を見ると本当に岩をくりぬいて家が作られていることがわかりますね!

そして、街の右側半分は・・・
マテーラの右側

先日のブログで写真に撮れていなかった教会が高台に見えますね!
またまたちなみに、左下に見えるのがサンピエトロカベオーゾ広場で、
先日のブログでは、この広場から崖づたいの道をにぐる~っと歩いて右側まで行き、
そこから居住区を縫うように歩いてお土産屋さんに寄って、
教会まで登ったのを紹介していたのでした
ちょっと曇り空だったのが残念ですが、とても良い眺めで大満足でした。

さて長らく続いていましたが、イタリア旅行記は今回で最後となります。
この後バーリまで戻り、レンタカーを返却し一旦ローマへ戻り、
今日は空港の近くで一泊。翌日に日本へ帰国しました。

実質観光していたのは6日間だけで、行く前は少し短いような気もしましたが、
終わって見ればちょうどよい期間だったかな?と思います。
ツアー旅行とくらべて個人旅行は旅行のタイムスケジュールからすべて
自分で管理しないといけないので、思った以上に気を張りました

さ~て、2014年も半分過ぎようとしています。
今年の年末はどこに行こうかな?と、またいろいろ調べることにします

本当に長い間、イタリア編にお付き合い頂きありがとうございました
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |

Kibriからの挑戦状(2)

さて、前回からの続きで、今日は暗幕作りです。
しかし、黒い紙は使いません。使うのはコピー用紙と工作画用紙です。

まずは、窓枠に鉛筆を入れて窓の場所をコピー用紙に書き取っていきます。
次に、壁の大きさを計り書き取った窓の位置に注意しながら、
基本となる暗幕の大きさを決めていきます。
こんな感じですべて壁の暗幕を描いていきます。
コピー用紙に窓を書き込み
このストラクチャは三角お屋根の部分は独立しているつくりになっているので
三角お屋根の部分は暗幕を作ってはいけません
説明書をよ~く見ておかないと、屋根の部分まで作ってしまい、
「あ~!!入らない!!」となってしまいます。というか過去にやりました!
相変わらず、作りにくいです(泣)

さて、お次はコピー用紙に書き取った暗幕を工作画用紙に書き写して切り取ります。
(こんな感じ↓)
工作画用紙に寸法どり
ミリ単位で寸法を決めるので、方眼が印刷されている工作画用紙をつかうと
間違いが少なくて済みます。

これを仮組みすると・・・
仮組み
う~ん、一部に長さが足りないところがあったので、継ぎ足しましたが
まずまずの出来だと思います。

再び画用紙を開いて、今度はコピー用紙を見ながら窓の部分を書きこみ、
カッターで切り抜いていきます。
定規で何回も窓の大きさと位置を確認して、切り込む線を描いて、
カッターで切り抜いて・・・・。何箇所も、何箇所も・・・・。
窓を切り抜き
ようやく全部の窓を切り抜き完了です。

もう一度組みなおします。
再度組立
で、できた!!ここまでで1時間以上かかっています!
ただ、ここでやめてしまうと、今日の記事が工作画用紙だけで終わってしまうので、
がんばってもう少し続けます・・・。

ちなみにKibriのストラクチャをこよなく愛する諸先輩方のブログを拝見すると、
ご自分でイラストレーターを使って暗幕を描き、プリンターで印刷されたりする方もいますね。
私はまだまだです・・・

お次は、残しておいた窓枠とガラスを壁に貼り付けて、さらにすべての窓に
カーテンを切っては貼り、切っては貼り、切って貼り・・・・。
窓枠と窓ガラスを張る作業は苦にならないのですが、
この作業は細くきった両面テープでカーテンを慎重に貼り付けるので、まるで苦行です。
カーテン貼り付け

これを組み立てて、暗幕が入れば・・・・
ぴったり
は、はいった~(泣)!ピッタリです!!今日はここまで!!

つづく・・


☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

お疲れ様 Vollmer さようなら

ついにVollmerが閉鎖されてしまうようです・・・。悲しいですね

私が始めてVollmerのストラクチャを目にしたのは2005年のことでした。
とある方がVollmerやFallerのストラクチャを使用したとても素敵なレイアウトを
紹介されていて、それを目にしたとき
「すごい!私もこんなストラクチャが欲しい!!」と思いました。

初めて目にしたその素敵なストラクチャについて
もちろんその当時はVollmerという名前すら知りませんでした。
そして、連日その素敵なストラクチャについて調べました。

しばらくしてVollmerというメーカーで、ドイツで作られていること、
日本でも販売しているお店があることを知りました
翌年買った初めてのカタログは、穴が開くほど眺めました
Vollmerカタログ

それからというもの、少しずつストラクチャが増え始め、
それまでまったく興味をもっていなかったヨーロッパ、特にドイツについても
興味を持ち何度かドイツへ旅行しました。

現地で観るVollmerのストラクチャそっくりの街並み、
ドイツが大好きになりました。もちろん、ドイツだけでなく
ヨーロッパのさまざまな国へも行くようになり、貴重な経験を積むことができました

Vollmerに出会うことがなかったら、ヨーロッパにも行かなかったでしょう。
イタリアにも個人で旅行することなどなかったことでしょう。
このブログもはじめてなかったでしょう。

68年間お疲れ様でした。ありがとう Vollmer、お疲れ様でした
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。