プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

Faller 232301 愛すべき小さなストラクチャ

こんばんは
こつめです。

針葉樹作りの傍らでストラクチャを作っていました。
001_20141030210524c56.jpg

Faller 232301 Siedlungshausです。
英語表記だとDevelopment house・・・?
 どういう意味なんでしょう?
ドイツがら直接翻訳すると社会福祉施設のようです。
ストラクチャを選ぶときにはそんなことも考えず、
ただただ「可愛らしい家だな~」と思い買っちゃいました。

こういう屋根が2段になっている家って好きです。
ヨーロッパの郊外に行くと、こういう建物をたまに見かけたものでした。

さて、このストラクチャは初めから塗装(軽いウェザリング)が施されています。
004_20141030210524dcb.jpg
↑箱の表面の右下にあるマークが、塗装済みのマークです。

Fallerのストラクチャは塗装されているモデルが他にもありますが、
わたしは今回はじめて作りました。

さっそく箱を開けてみると・・・
005_20141030210524e27.jpg

屋根などの少し色が濃いパーツには黒でウェザリングされていて、
壁などの明るい色のパーツには白でウェザリングされていました。
ん?
私が塗装するときとはまったく逆の色使いです・・・。
塗装しなおそうかとも思いましたが、せっかくメーカーさんが塗ってくれてたので
そのまま組み立てることにしました。
まぁ、この色使いでも良いかなって思って。

組み立てていくうちに気づいてきましたが、予想以上にちっちゃい!
雨戸などはものすごくちっちゃくて、途中で何度も見失いそうになりました
なんとか最後まで組み立てたのがこちら↓
007_20141030210525dce.jpg

やっぱりちっちゃい!
Zゲージのレイアウトに置いても十分通用するのではないでしょうか。
隣に置いたNゲージの列車が大きく見えるほどです。
カタログでは高さ7.8cmと書いてありましたが、予想を下回るちっちゃさでした。
でも、このちっちゃさは予想以上に可愛らしいです。

たぶん、Fallerの城壁とかと合わせるといい感じの大きさに見えるかもしれませんね。
他にも小さなストラクチャがないか探してみようっと♪
同じNゲージでもこんなに大きさが違うのであれば、
HOやZゲージストラクチャでもNゲージレイアウトに使えるものがありそうですね。
むふふ・・・
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

三ツ星食感で簡単ディナー

ハウス食品 三ツ星食感4種セットをいただきました。
なかなか、CMや店頭で見るものの購入する機会がなかったのでうれしいところ。

021_20141020132239dc4.jpg

いずれも、2~3ステップで夕飯メインおかずができるというもの。
4種類の中でも普通に作ると一番めんどくさいと思われるミラノ風カツレツを
一番最初に試してみました。
材料は豚ロース3枚  サラダ油大さじ4 を用意します。
しかも、2ステップでできる????
001 (2)
中をかけてみると、サクサクになるパン粉が一袋入っているのみ。

袋を開けてみると、硬いパン粉らしき粉が。。。粒が大きくボソボソしている感じ。
002 (2)

ロース肉にスジに切れ目を入れて、このパン粉を両面つけます。
小麦粉、卵は不要です。 が、あれ不思議、肉にパン粉がくっつきます。
押し付けて、、5分そのままの状態でしばし待って・・・
004 (2)

大さじ4 サラダ油をひいて、揚げ焼きにしていきます。
005_201410201416045cf.jpg

押し付けただけなのに、油の中で衣がポロポロ取れるということもなかったです。
むしろ、普通に小麦粉・卵、パン粉をつけて調理したときのほうが油が汚れたような
気がします。

チーズ風味のミラノ風カツレツ。 
揚げているそばからチーズの香ばしい香りがします。

さぁ~ 出来上がりました!
010.jpg

サクサクにできました♪  下味をつけていないお肉ですが、衣にしっかりと
味がついているので、何もつけなくてもおいしくいただけました。

フライは工程が多くて、調理台も汚れるのでおうちでするのは敬遠していたのですが、
これは簡単ですね。
衣もサクサク。
翌日お弁当に入れていきましたが、冷めてもおいしかったです。


ごちそうさまでした。


☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:懸賞当選 | GENRE:趣味・実用 |

森林整備課 針葉樹は銅線の太さが命!

こんにち
今日は針葉樹作り続編です。

100均ショップで再び銅線(直径0.28mm)を買ってきました。
早速、前回の針葉樹作りの反省を踏まえて高さを出すために
長めに切った銅線をねじってみます。

長さは15cmで、銅線の本数は20本、そして幹の途中から伸びる枝には
2本ずつ銅線を引っ張り出してねじりました。
できあがりがこちら↓
ちがう!こうじゃない!

・・・細っ!&枝すくなっ
枯れ木のようです
こうじゃないんです。。私が作りたいのは

幹を太くするためにはもっと銅線を増やす必要がありそうです。
また、幹からたくさんの枝を生やすためにも、
やはり束ねる銅線の本数を増やす必要がありそうです。

ということで、銅線の束を30本にして、長さも15cmから少し短く10cmにして
作ってみました。
この方法で、まぁまぁ上手くできたので、
パテ塗り、タミヤのアクリル塗料の陸上自衛隊茶色で塗ってみました。
細めの針金で針葉樹

おぉ!針葉樹っぽい
前回作ったものよりも1.5倍くらいの高さです。
でも、もう少し高くしたい。
ねじった分、高さが少し低くなるんです。

そして、枝も細いのでもう少し太くしたい・・・。
いろいろと悩みましたが、今回使った銅線(直径0.28mm)だと、
背の高い木を作るにはちょっと細すぎて不向きだという結論になりました。

ダイソーでは0.28mmの次に太いのは0.55mmしか置いてなくて
これだと逆に太すぎて力が弱い私はねじるのに一苦労です・・・。

う~ん、お次はホームセンターへ。
ここで運よく0.35mmの太さの銅線を発見!
これを買って帰り、すぐに作成に取り掛かりました。

長さは15cm、本数は30本にして、枝は1本だけ銅線を引っ張り出して、
そこに新たに別に用意した短めの銅線2本を枝の根元から巻き付け太い枝に
なるようにしました。
出来上がりはこちら(一番右)↓(パテ、塗料を塗っています)
太目の針金で針葉樹

おぉ~!
幹と枝が太く、枝の本数も多い立派な木ができました!
やったー
束ねた銅線の長さを少し短くしたものも作りました(一番左と真ん中)

よーし、最初に作ったちょっと低めの木には
フォーリッジクラスター(明緑色)をくっつけストラクチャと並べてみます。
ちょっとひくめの針葉樹

おぉ!迫力のある針葉樹ができました!
やっぱりこれくらいの高さがないと!

続いて後から作った少し太い銅線で作った木には、新しく買ってきた
フォーリッジクラスター(緑色)をくっつけてみました。
色を変えてみた

おぉぉぉ!!これぞシュバルツバルト!!(笑)
迫力があります!!
ちょっとまだ幹が細いかもしれませんが・・・。

我がこつめ鉄道は住宅建設費(=ストラクチャ代(汗))に
巨額の費用が費やされているので、造成、森林整備など、
自作で節約できるところは極力節約しなければなりません
結構時間がかかりましたが満足のいくものができ、
また、自分自身の経験値もかなり上がりました。

こんな調子で他の木にも緑をくっつけて針葉樹作りはいったん終了。
次は街づくりに取り掛かりたいな~
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

撮影方法をど忘れ・・・ atあきよしグロッテ

こんばんは。
中国地方小旅行の最後は秋芳洞です。
イタリアのカステラーナグロッテ以来の鍾乳洞観光です。
カステラーナグロッテのときは、写真撮影禁止だったのですが、
ここ秋芳洞は撮影OK~♪
ということで、愛機EOS Kiss X6iを手に意気揚々と洞窟に向かいました

ですが、ですが・・・。
カメラって難しいですね・。
しばらくカメラを扱っていなかったせいか、暗い洞窟内で
どういう設定にならノイズの少ない写真を取ることができるか
ど忘れてしまったのです・・・

たぶんセオリー通りなら、「手持ち夜景モード」か「ノイズリダクション」で
自動で感度を変えながら連続4回シャッターを切って、
4枚の写真を重ね合わせてノイズの少ない一枚の写真を作る、
というのが良いと思うのですが、なぜか今回はそういった頭がなく、
手振れ防止のためにシャッター速度を早めにしてISO感度を12800まで上げて
写真をとりまくったのでした・・・。

家に帰ってきてパソコンで撮った写真をみると・・・「ノイズだらけ・・」。
なんとか編集でノイズキャンセルしたのがこちらの写真。
秋吉洞

う~ん、なんとかまともに見れる写真になったかしら
この写真は有名な百枚皿です。
小学校の社会科の教科書で見て以来、
今まで実物を見たことがありませんでした。
幻想的な眺めですね。
秋吉台のカルスト台地にしみ込んだ雨水が
水に溶けやすい石灰岩を溶かし、水に溶けた石灰成分が
何万年もかけてこのような地形をつくったとか。
すごいですね。

続いて入り口付近の青天井付近の写真です。
秋芳洞(2)

水に反射した岩がまるで木星の表面のようです。
ちなみに今回は秋芳洞黒谷口から入ったので、裏口から正面入り口に向かって
歩いていったのでした。
1.5kmほど歩いて正面入り口に到着です。
この写真は旅行パンフレット等でもおなじみですよね。
104(2).jpg

さて、秋芳洞の感想ですが、すこし暗すぎるのでは?と思ってしまいました。
場所によっては遠くに目印となる明かりがみえるものの
足元はまともに見れないほど暗く、気をつけなければならないほどでした。
ちょっと怖かったです

でも随所にここが本当に雨水によって浸食されたことがわかるような
岩があったりして、なかなか興味深いものでした。
また、機会があればいってみたいですね。
そのときは、可能であれば三脚を持っていくべき!ですね。
そして他の方の邪魔にならないところで、シャッタースピードを長めに設定して撮る!
それが無理なら、迷わず「手持ち夜景」!覚えておかないと!
いろんな意味でいい勉強になりました。

最後は秋吉台の展望台です。
tenbodaiJPG.jpg

雄大ですね。
ここに降った雨水はすべて地中にしみ込み、
秋芳洞を含む多くの鍾乳洞を形成し、地中で水の流れを作り河に排出される。
この大地の下にある鍾乳洞の数は400を超え、今でも毎年新しい鍾乳洞が見つかっているのだとか。

自然の力は偉大で、私たち生物は
ただただその自然の力の流れに身を任せているだけなのかもしませんね。

以上、中国地方小旅行でした!

長らくお付き合いありがとうございました
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:国内旅行 | GENRE:旅行 |

ベジタフルシリーズでお野菜摂取!

ハチ食品 ベジタフルシリーズ 4種4点セットをいただきました。
ハチ食品といえば、本格的なスパイスのカレールーが有名ですね。
日本で初めてカレー粉を発売した会社だとか。

今回は、レトルトカレーと、パスタソースの4種。
013_20141020131433f6c.jpg

ベジタフルシリーズは一日分の緑黄色野菜がとれるというもの。
036_201410201500172eb.jpg
厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は
1日分の野菜量・・・・・・350g
1日分の緑黄色野菜量・・・120g

この商品は、1袋あたり緑黄色野菜140g相当(生鮮換算)を
使用しているそうです。

早速、いただきます。 まずは、トマトソースから。
023.jpg
トマトソースの酸味がきいて、ベーコンの旨みとコクも感じられます。

025.jpg
ソースもたっぷり量で、野菜は小さいながらも色々な種類が入っているのがわかります。

お次は、キーマカレー
029.jpg
鶏ひき肉がたっぷり♪ ガラムマサラがスパイシーでコクのある味わいです。 
独特のスパイスが食欲を増進~!

レトルトは色々な種類が出ていて味はもちろん、付加価値で選ぶ時代になってきていますね。


☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:懸賞当選 | GENRE:趣味・実用 |

食べ応えサイズが出ました!

カルビー ベジップスからうれしいニュース。

食べ応えサイズがでました。
002_201410201314301b5.jpg

以前は一人分サイズぐらいの内容量(35グラム)だったのですが、
食べ応えサイズ(70グラム)は2人以上ならピッタリのサイズ。
004_20141020132239262.jpg


食べ応えサイズで余ってしまったら、ぜひサラダにも入れてみてください。
今回は、水菜のサラダに。 
001_201410201322401f8.jpg
ベジップスがサラダにボリュームと満足感を与えてくれます。
このサラダには、メイプルマスタードドレッシングがおすすめ。

メープルシロップ 小さじ1
マスタード     大さじ1
こしょう       少々
オリーブオイル  大さじ1~2
醤油        小さじ1

水菜一束に対して上記の分量なので、野菜の量に応じて調整してください。

ぜひお試しあれ~♪ 


☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:料理 | GENRE:趣味・実用 |

森林整備課 針葉樹って難しい

こんにちは
こつめです。

前回作った広葉樹の続きで、今日は針葉樹を作ってみます。
手順としては広葉樹のときと同じく銅線を束にてねじっていきます。

今回はちょっと太めの銅線、直径約0.5mmのものを使いました。
すこしだけ太めの幹にしたかったからです。

銅線の束をねじって枝を出して、針葉樹ということで短く切っていきます。
その後は木工パテを塗り、さらにアクリル絵の具で濃い目の茶色を塗ってみました。
針葉樹の幹

太目の銅線を使ってしまったことで枝の数は少なめです。
色は~
やっぱり暗すぎですね。。。
チョコレート菓子「小枝」を彷彿とさせる色・・・。
実は色を塗る前に実際に松の木の色とかを調べて、なるべく同じ色に
したつもりなのですが、もう少しだけ明るめの色にするべきでした。
岩作りの時に学んだときと同じく
「実際の見た目よりも明るい色で作らないと地味に見える」んだと思います。

次は松の木のイメージで、フォーリッジクラスターを枝に接着です。
針葉樹A

う~ん、確かに松っぽくは見えるんだけど、なんか違和感が・・・。
まぁ、いいや・・
続いて、もみの木のイメージでフォーリッジを細長く切って別の木に巻きつけていきます。
フォーリッジ巻きつけ

う~ん、こんなもんなのかな?
次は、全体的に接着液をスプレーで吹きつけ、
明緑色のターフをくっつけていきます。
ターフまぶし

ポン、ポン、ポンと・・・。最後に形を整え、接着液を乾燥させれば出来上がりです。
針葉樹タイプB
おぉ!
ちょっと不恰好ですがなんとか針葉樹っぽくできました!・・・が、
やっぱり違和感が・・・。
なんだろう・・・・?
あ!わかった
高さだっ!

これ(↓)は、前回作った広葉樹とストラクチャを並べたところです。
広葉樹とストラクチャ

まぁまぁ、違和感ないですよね。
広葉樹の高さは5~6cmくらいです。
実際のスケールにすると10mくらいの高さですよね。

続いて、今回作った針葉樹とストラクチャを並べてみると、
針葉樹とストラクチャ

ち、ちっぽけです・・・
クリスマスツリーのようです。
広葉樹のときと同じくらいの高さで作ったのですが、どうも迫力がありません。。。
これくらいの高さの針葉樹もあっても良いとは思うのですが、
あくまで街の中の街路樹であって、森林の、野生の木には見えません。

どのくらいの高さなら迫力のある針葉樹なのかな~と考えていましたが、
思わぬところにヒントが
KATOのカタログです。
カタログの中の「樹木キット 針葉樹(中)24本入り」の高さは102~152mm。
今回作ったものと比べて2~3倍くらいの大きさです!

広葉樹を作る場合は、針葉樹よりも高めにつくらないといけないんですね。
おぼえておかなくちゃ。

それと、樹木作りにはアクリル絵の具は適さないようです。
樹木に緑を接着するとき、必然的に一番下の幹の部分をつままないといけません。
すると、どんどん色がはげ、接着液をスプレーしたときも
接着液がついた部分の色が落ちて指が汚れて大変でした。
色塗りはプラカラーを使うべきですね。
この間、ブログコメントを通じて千早さんから『タミヤカラー茶色(陸上自衛隊)』が
お勧めと情報を頂いたので、早速購入してきました♪

次回はもう一度、高さを意識して針葉樹を作ってみます。
何事もめげずに続けることが大事! 
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

まっす~ぐの橋と青い海

こんにちは。
先日の宮島観光紹介の続きです。
宮島からお隣の県、山口県へ移動です。

まずは、角島。
ん?どこですか~?
下関市から北へ30~40kmくらいあがったところにあります。
ずーと行きたかったところ。
見所はなんといっても本州から角島まで架けられた角島大橋です。
テレビコマーシャルなどでよく使われているロケ地。
天候に恵まれていたのでラッキーでした~
角島大橋(2)

本当にまっすぐで長い端ですね~。
それもそのはず、橋の長さは1780m!
通行料が無料の離島架橋としては、沖縄の古宇利大橋の1960mに次いで、
日本第2位の長さだそうです。
続いて別アングルから↓
角島大橋(1)

もともとは、角島に住む方の生活道路として架けられた橋だそうですが、
こんなまっすぐな橋を車で走ったらさぞかし気持ちが良いだろう!
ということで、多くの車のCMロケ地としても使われ、一気に有名に。
観光客も沢山!!
最後に少し高めのアングルから↓
角島大橋(3)
広角レンズ(CANON EF-S10-22mm USM)を持っていったので
迫力のある写真が撮れました!

このあと、角島大橋を車で渡ったのですが、本当に気持ちが良かったー
橋を渡りきった後、角島内の海岸がこちら↓
角島にある海岸

青い海と白い砂浜、こんな風景を見ることができるところがまだあったなんて・・・感動です。
昔見たアメリカのCNNトラベルという番組のコマーシャルを思い出しました。

 この世界にはまだ行くべきところが沢山ある。
 この世界にはまだ見るべきものが沢山ある。
 この世界にはまだ経験すべきものが沢山ある。
 そうだ、旅に出よう。

こんな謳い文句で、世界中の観光地をテレビで紹介されたら
嫌でも旅行に行きたくなっちゃいますよね

あぁ~また旅に出かけたいな~。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:国内旅行 | GENRE:旅行 |

本格的な味をおうちでいただきます。

明治 Daily Rich(デイリーリッチ) 具だくさん調理ソースを
お試しさせていただきました。
店頭では、中部、関西地区で先行発売されているそうです。
デイリーリッチ
◇ チキンの粒マスタードクリーム煮
◇ 北海道ポテト入りクリームグラタン
◇ エスニック風グリーンカレー
◇ チキンの完熟トマト煮

一袋は2~3人前です。
鶏肉・牛乳・チーズなどの食材を用意して、
具だくさんの調理ソースを入れるだけの簡単調理!
必要なもの表示
必要な具材も、絵が描いてあるのでわかりやすい。
これは、鶏肉だけ用意したらいいですね!

さぁ、中はどんな感じでしょう~
具材ゴロゴロ
レトルト特有の、具が小さい、崩れているという感じはなさそうです。
鶏肉を焼いたところに、ソースを入れ5分ほど煮込むと
チキンの完熟トマト煮の完成♪
109.jpg
彩りのため、インゲンを追加しました。
いや~レトルトをなめていました。 
いわゆる、工程は、チキンにソースを絡めただけですが、
チキンに、トマトソースが絡まって長時間煮込んだように味浸み込んでいます。
具もゴロゴロ。 
パッケージの写真と変わらないぐらい大きな具材が入っています。
不思議なのは、野菜がそれぞれきちんと煮崩れてなく、それぞれの食感を
残しているところ。
その秘密は、チルドにあるそうです。
そう、この商品チルドで販売されているのです。
生産後すぐにチルドで流通するので、色味や風味、
食感など作りたてのフレッシュさを出来るだけキープできるのだとか。

お次は、大好きなグリーンカレー♪
グリーンカレー投入
またまた、鶏肉を焼いたところに、グリーンカレーを投入。
少し煮詰めて、最後に牛乳を入れて出来上がり。
グリーンカレー
玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、なす、たけのこ、ヤングコーン入り。

正直、今まで買っていたレトルトは、パッケージの写真につられて購入しても、
中をあけると写真とは程遠いビジュアル。
具は少し。しょぼい・・
味もレトルトだよね。。って感じでした。

明治 Daily Rich(デイリーリッチ) 具だくさん調理ソースは、
希望小売価格380円(税別)レトルトにしては、少々お高めですが、
時短調理ができるうえ本格的な味が手軽にできるので
外食と比べたらお安くレストランのような味を再現できると思います。

グリーンカレーを作ろうと思ったら、
グリーンカレーペーストや、ココナッツミルクをそろえるの大変ですしね。

忙しいときだけではなく、献立に困ったときのお助けアイテムになりそうです♪

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:みんなに知ってもらいたい | GENRE:日記 |

森林整備課 自作で木をつくってみました。

台風のため、ひきこもりぎみのこつめです。

こんばんは。前回の続きです。
配置するストラクチャとその場所も決まりました。
いったんストラクチャを取り外し、レール敷設課によるバラスト敷きです。
選んだのはジオコレシリーズのブラウンのバラスト。
レールの両サイドにバラストを盛って接着液で固着です。
バラスト敷き
バラストを置くときは小さなスプーンを使いましたが、割と作業しやすかったです。

さて、お次は~??
レイアウトの岩山はまだパウダーをまぶしただけなので
平坦なままです。でも、岩山を小さな樹木で覆ったり、
ストラクチャとストラクチャの間に木を植えたりすると、雰囲気が更に出てくると思います。
ということで、ここからは森林整備課による植林作業です。

まずは、時間がかかりそうな木を作る作業からはじめることに。
市販の樹木セットなどを使う手もあるのですが、値段が高い!
それに、せっかく作るんだから自分で作って愛着のあるものにしたい!
ということで、自作です。

100円ショップで買った銅線を、適当な長さで数十本切ってまとめ、
片方の端からねじっていきます。途中、適当なところで銅線何本かを
引っ張りだして、ねじねじ・・・。枝を作っていきます。

ねじねじねじねじ・・・
「痛い!」
銅線の切れ端が何度も指に刺さりました。
ヒリヒリ・・・。
めげずにネジネジを続けます・・・。
こんな感じにできました。
ねじねじの木
インターネット上の諸先輩方が紹介されている記事を参考に
見よう見真似で作ってみましたが、なかなか上手くできたような木(気)がします。

さて、次いってみよ~♪
参考記事を見ると「木工パテで塗る」・・・、なんで?
他の方の記事を読んでみてもやっぱり木工パテ。
なんででしょう・・・?。
理由も分からないままホームセンターへ行き、パテ売り場でその答えが分かりました。
木工パテには自然な薄茶色の色が着いてるものがあります。
だから、このパテを塗ると自然な木の色が表現できると言うわけですね!
なるほど!
諸先輩方のアイデアはさすが!と小さな感動を味わいながらパテを購入しました。
家に帰り、ねじった銅線にパテを塗りこみます。
ちょっと筆で塗るのは難しいくらいポッテリしてたので、
プラカラー用の薄め液で希釈してペタペタ・・・。
こんな感じになりました!
パテ塗り
パテが乾いた後でタミヤのウェザリングマスターをちょっとつけましたが、
特につけなくても良かったかな。

最後にKATOのフォーリッジクラスター(明緑色)を適当な大きさにちぎり
木工用ボンドでくっつけていきます。
出来上がり
おぉ~~!!木や~ん!!
せっかくなので、ありったけの銅線で他にも木を作ってみました。
他にも沢山の木
たくさん木ができましたが、いくつか気付いた点があります。

1つ目、葉の質感を出そうと思うならフォリーッジは使わないほうが良さそう。
どうせ作るなら他の色の葉っぱも表現したいな~、と思っていたのですが、
手持ちのフォーリッジクラスターは明緑色のみで、緑色、暗緑色はなし。
緑色、暗緑色のフォーリッジは持っていたので、これで作ってみた結果がコレ↓
フォーリッジで作ってみた

う~ん、綿菓子?(笑)
小さなブロッコリー???(笑)
きちんと手入れがされていないボサボサの木のようです。

フォーリッジはシート状になった繊維に細かいスポンジが
くっついているので、それを切り出してもやっぱりシートみたいになってしまう。
これを木に巻きつけたのですが、どうも一反もめんが木に巻きついているだけのように
見えてしまったりして、結構苦労しました。
あと、作業中にポロポロぽろぽろと細かいスポンジが落ちてしまい、
作業しにくかったです。
う~ん、やっぱり色違いのフォーリッジクラスターを使ったほうが良さそうです。
次のレイアウト作りのときまで、これも覚えておこうっと。

そして、気付いた点の2つ目。
今回つくった木は全部広葉樹!
ドイツなら針葉樹のほうがメインでは!?
インターネットで写真を探して見るも、やっぱり針葉樹が多い・・・。
これもドイツ風レイアウトをつくるうえでの基本項目として覚えておこう・・・。

とりあえず、もう一度100円ショップに行って銅線を入手する予定です。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア