プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

小さな世界遺産都市、チェスキークロムロフ(1)

こんばんは、ブログのアクセス数が10,000人を超えて喜んでいるこつめです
今後とも当ブログをよろしくお願いいたします

さて、フルボカー城の後は南西へ30kmほど下りチェスキークロムロフに到着です
チェスキークロムロフはチェコの世界遺産です。
小さな都市ですが、町は可愛らしい建物でいっぱい!
ローテンブルク好きな人なら、チェスキークロムロフもきっと気に入ると思います。

町の成り立ちについてはかなり複雑で、神聖ローマ帝国時代から
近世に至るまでさまざまな領主や国に渡り継ぎました。

そして、産業革命以降ヨーロッパが発展していくなかで、
チェスキークロムロフは鉄道網から外れていたこともあって衰退・・・。
一時は廃墟寸前にまでなってしまったとか・・・。

しかし、1989年のチェコの民主化革命”ビロード革命”後に町の景観が見直され、
今のように華やかになっていくのでした。ふ~む・・・今はすっかり観光地ですが、
前に1989年以前のチェスキークロムロフの写真を以前見たときは、
たしかに町全体が汚れているような感じでした・・・
町全体を綺麗にするのは大変だったでしょうね。

さてさて、今回は町の南側のホテルに一泊です。
ホテルにチェックインして町へ出かけました。
町の中心までは少し距離がありました。テクテク歩き、
名もなき階段の小道を下っていきます。
(1)小道の向うにチェスキークロムロフ

こういう階段の小道、というか小路、けっこう好きです
レイアウトに取り入れたいですね~。

小路が終わると町の中心にでました~。
(2)世界遺産の教会

ブルタバ川と聖ヴィストス教会です。
チェスキークロムロフは川の湾曲した場所に町があります。
それもそのはず、クロムロフは「川の湾曲部の湿地帯」という意味で
土地の形がそのまま町の名前の一部になっているんですね~
フルボカー城観光の後なので少し夕方に近づいてきましたが、
天候に恵まれてよかってです。
(3)川にはボートが

川にはボートで楽しむ人も。まだ肌寒い季節なのに元気ですね~。
続いて町の中のワンショット。
(4)街中散策

綺麗な町ですね~
木組みの家も好きですが、こういう景観も好きです。
ところで・・・、写真の左側の建物の壁、よく見てください。
そうです!壁の装飾が絵なんです!
チェスキークロムロフの町の中は至るとことに絵で描かれた壁があります。
お城の壁も実は絵です!町を綺麗するときお金を節約したかったのかな?

こちらは、街並みとお城を一緒に見ることができるホルニー通りの小さな展望場所からの眺め。
(展望場所は町の中心地から東側にあります)
(5)城と町と

奥にクロムロフ城が見えます。小さな町に不釣り合いなほど大きいお城なんです。
日が落ちる前に、今日はこのお城の中を見ておきたいと思います。

えっほえっほフルボカー城と同じくまた坂道を上りお城に到着!
入口を入ったところにある最初の広場です。
(6)中庭

綺麗な塔ですね~。どことな~く、ロシアのクレムリンを彷彿とさせるような・・・
やっぱり東欧だからかな~?

お城の内部は有名な劇場を見ることができるツアーもありますが、
夕方になってきたのでこの日は参加できませんでした。
後から知ったのですが、この写真の塔の上まで行くことのできる
コースもあるみたいです。へ~

さ~て、暗くなる前にもう少し散策~。
おや?
(7)ん?

みなさん、穴に上半身を・・・、どうしたのでしょうか・・・?
というか、この壁も絵です・・・。徹底していますね。
わたしも、穴から覗いてみると~・
(8)曇り空

おぉ!町が一望できます!
しかし、残念。夕方になって雲がでてきました。
昼間に来るともっとすてきなんでしょうね~。
少し角度を変えて、もう一枚。ぱしゃっと。
(9)多分一番美しいカット

緑と調和できた街並み、素敵~
残念ながら曇りですが・・・。
こうやって昔撮った写真を見ると、このとき一眼レフと広角レンズが
あったらな~、とつくづく思います
このとき私が見た風景はそれはそれは印象的な眺めっだと記憶しているのですが、
当時持っていたコンデジではその印象までは切り取れなったようです・・・
これから行かれるかたは是非広角カメラを!!素晴らしい景色が待っていますよ!

さてさて、もう夕方なので今日はこれでホテルに戻ります。
この写真はお城の下からの眺めです。
(10)穴ぼこ

さっきまでいた壁の穴ぼこが見えます。結構たかいところにいたんですね~。
明日は昼間のチェスキークロムロフを観光します!
曇り空がどこかに行ってくれますように!
スポンサーサイト
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

春のフルボカー城

こんばんは。寒い日が続いていて、「このまえ春一番が吹いて春めいてくる」って
ニュースで言ってなかったっけ?と疑問に思っているこつめです

さてさて、早くあたたくなってほしいな~という思いを込めて、
その昔、春の時期にチェコのフルボカー城へ行ったときことを紹介したいと思います。
フルボカー城はプラハから100kmくらい南へくだったところにある
チェコでもっとも美しいと言われているお城です

もともとは13世紀に建てられたお城で、その後何回か持ち主が変わり改築され、
現代に残る姿となったのは19世紀、イギリスのウィンザー城を模して
ゴシック様式のお城、イギリス庭園風になったとのことでした。

では、レッツゴー!プラハからしばし車を走らせると田舎道が見えてきました。
おぉ!すごい!!
(1)あたり一面菜の花畑edit

あたり一面菜の花です!黄色の絨毯すてきですね~。
春のチェコは郊外に行くとこのような景色がいたるところに見られます。

さらに車を走らせフルボカー城に到着、車を停めてお城まで歩いて行きます。
(2)お城までの坂道

よく、お城は外敵の侵入を防ぐため高いところにあるといは言いますが、
結構な斜面で良い運動になりましたって、馬車もあるんですね・・・。
(3)馬車

見えてきました!フルボカー城です!
(4)フルボカー城edit

すごい!ほんとに綺麗なお城ですね~。映画かゲームの中に居るみたい。
もう少し近くに寄ってみると・・・、
(5)近くから

全然汚れがありません。定期的に掃除しているのでしょうか。
チェコでもっとも美しいと言われるのもうなずけます

さてさて、フルボカー城ではお城の中を見て回ることができるツアーがあります。
さっそくツアーに申し込んで、時間までフリーエリア内をウロウロ・・・。
お城の中庭です。
(6)城内部

ゴシック様式に彩られた壁が綺麗ですね。左右の壁には、鹿の角も・・・。
かつての城主が狩りをしたときのものなのでしょうか。。。

そうこうしている間にツアーは始まったのですが、
残念ながら場内の写真撮影はほとんどNG・・・
場内にはかつての城主が集めた骨董品や絵画が飾られていて、
見応えがありましたが、お伝えできないのが残念です。
ツアーの最後にお城の中で最も高い塔に登ることができます。
塔の上からは写真撮影OKです(ほっ)

お城の庭園です。
(7)手入れされた街並み

一番最初にお城の写真を撮ったはこの庭園からです。
そして、右側には車を停めたところ(町)が見えます。
写真は撮ってなかったのですが、お城に来るまでに通った町中には
お土産屋さんがたくさん並んでいて眺めているだけでも楽しかったです

それにしても、天気が良くて気持ちが良かった~!
芝生の上で寝転んでいる人もいてのどかな雰囲気でした。

こちらはお城の中庭。
(8)お城の中庭

ツアーが始まるまでウロウロしていたのはここです。
けっこう高いところまで登ってきたのが分かります。

最後は車を停めたのとは反対側。
(9)一番高いとこからの眺め

こっちにも町があるんですね。おぉ!右側には菜の花畑も!
ヨーロッパの町って、緑と建物と上手く調和できてますよね。
私が作りたい鉄道模型レイアウトはこんな町なのかもしれません

ふぅ~。割と長い時間のツアーだったので、
下に降りたら疲れが出てしまいました・・・、
って・・・、なんじゃこりゃ!
(10)不気味なノブ

人間の眉間にカラス(?)がクチバシを刺して・・・。
これ、大きな扉のノブの装飾なんですけど、なんでこんな不気味なものを?
魔除けかなにかだったのかしら・・・?謎です。

さて、この後はもう一つの目的地、チェスキークロムロフへ向かいます!
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

もったいなくてなかなか作れないシリーズ(VOLLMER編)

こんにちは。このところ休まずにブログアップしているこつめです。
今年はこの調子で頑張りたいと思います

久々にKibriの城壁を作ろうと思い、塗装作業の準備をし始めると・・・、
「さぶい
いつも塗装している我が家のお風呂場は、
今年とても寒くて作業できません!
去年は割と部屋の中全体が温かかったのですが、
今シーズンはダメです・。暖かくなるまで塗装できません、多分・。

ということで、今日は「もったいなくて作れないシリーズ」のVOLLMER編です。
と、言ってもなんですが・・・、
VOLLMERの廃版(?)キットはいつの間にか再販されていたり
色や形をちょっとだけ変更して、違うモデルとして販売され続けられたりと
廃版(?)と販売中との違いがよく分からなかったりします

でも、苦労して手に入れたことには変わりないので、
やっぱり「もったいない」と思ってなかなか作れないものもあります。

さて、まずはコチラ。
IMG_4013.jpg

古いマーケットホール(左)とトレードホール(右)です。
どちらもオランダの模型屋さんで購入しました。
箱のデザインが今と違います。ドイツ統一前に製造された、こつめにとっては貴重なキットです。

左側のマーケットホールは、形を変え総合商社、ギルドハウス、ガストホフ”熊”として販売されています。
カタログ写真はコチラ。
7751_20160221165047f95.jpg7752_20160221165247625.jpg7772_20160221165107ebb.jpg

右側のトレードホールも、形を変え商業施設として販売中。
7753_201602211654191c4.jpg

ちなみに、こつめは三角お屋根が2つ並んだこのタイプのストラクチャが
お気に入りでして、他にも形を変えたモデルを持っています。
並べたは写真はコチラ。
全員集合
う~ん、やっぱり同じような形のストラクチャを並べると可愛いな~。
さっきのトレードホールも、作ったあとは形が同じストラクチャ同士で並べてみようっと。

さてさて、お次はN 7659の”目抜き通り2-8番地”です。
IMG_4012.jpg

このキットは、4つのストラクチャが1つにまとめられたお得なセットなのですが、
現在は生産終了・・・。でも、なぜか右から2つ目の精肉屋さんのみ単体で販売され続けています
このセット、H 120~124mmと少し背が高く「他のストラクチャと並べたら隠れちゃうかな?」と思って
昔は買うのをためらっていたのですが、そうこうしている間に生産終了・・・。

「しまった~」と思っていましたが、インターネットでスペインのおもちゃ屋さんに
在庫してあったたのを偶然発見したのを即購入しました。
探せばどこかにまだあるかもしれませんね・・・。
ちなみにこのキットよりもちょっと背が低いH 84mmのものは今でも販売中。
7630_20160221165534091.jpg
(3つの建物それぞれ単体で販売されています)

そして、同じH 84mmでデザインが異なるタイプも他に3つ販売されています。
7645_2016022116561440d.jpg7646_20160221165615bf8.jpg7647_20160221165617023.jpg

大通りに並べて置きたいですね。

最後はカフェショップとレストラン。
IMG_4011.jpg

カフェのほうはオランダの模型屋さんで、レストランのほうはドイツの模型屋さんで購入しました。
カフェは大きなアイスクリームの看板が目立つので、こつめはアイスクリーム屋さんと呼んでいます。
こちらも今では色をほとんどそのままで形をちょっと変えて、鉄道員の建物として販売中。
カタログはコチラ。
7640_20160221165818355.jpg7636_201602211658164b8.jpg

こつめは鉄道員の建物よりも街中にある建物のほうが
なんだか賑やかな感じがするので好きです

こうして見ると、もとの建物の構造がほとんど同じなのに、
ちょっとだけ色や形を変えて別のキットになっているものが多いですね。
だから並べてみると、統一感がでて綺麗に見えるのかもしれませんね。

ところで、毎年2月にはドイツのニュルンベルクでトイフェアなるものが開催され、
各メーカーさんがその年の新製品をお披露目します。
(残念ながらこつめは行ったことがありません・・・。)
今年もすでに開催され、そろそ各メーカーさんからの新製品が出てくるかな~
楽しみにしています。
新しいキットを買うことができたらまた紹介しま~す。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

冬、というか秋のローテンブルク(2)

こんばんローテンブルクの続きです。

いったんマルクト広場まで戻り、今度は西側へ移動します。
マルクト広場西には、一年中クリスマスのデコレーションが売られている
「ケーテ・ウォルファルト」があります。店内は割と広めです。
(10)クリスマスのお店

可愛らしい飾りがたくさん!クリスマスシーズンに来たら
もっとたくさんの飾りになるのかな?
お店には日本人スタッフのかたもいるので安心です。

さて、お店を出たあとは再び西へ。
先日のブログで紹介した薬局の写真に小さく写っていたブルク門が見えてきました
(11)門

ローテンブルクにある他の門、とういか塔はみんな茶色のレンガだったり、
薄いベージュ色で彩られているのですが、
この門だけは鮮やかなオレンジ色で、しかも時計も付いています。
ローテンブルクで最も高い塔だとか。へ~
門の近くにも色鮮やかな建物があるので、この付近は賑やかに見えますね。

再びマルクト広場に戻って今度は東へ~。
人気の撮影スポットです。
(12)有名な場所っぽい

レーダーアーチ(中央)とマルクス塔(左側)です。
日本でもこの風景が描かれたカレンダーをよく見かけますね。
それもそのはず、ローテンブルクの中で最も美しい門と言われています
そして、この門も町の中にあります。なぜかというと、昔のローテンブルクの城壁は
今よりもずっと狭く、この門が城壁の内と外を行き来する場所だったとか。
へ~。ちなみに先日のブログで紹介した白い塔は
このレーダーアーチから北へ少し行ったところにありますが、
白い塔もかつての城壁の一部だったのかな~?

もう少し東へ行くと現在の城壁の門、レーダー門が見えてきます。
そのレーダー門から少し南へ下ると、鍛冶屋さんが見えてきます。
(13)レーダー門と鍛冶屋

木組みの三角お屋根が可愛いですね~。
どことなく、Fallerのストラクチャっぽいかな?
さてさて、そうこうしているうちに時刻はお昼をまわったので
例のレストランへ向かいます。場所はレーダー門を出てすぐの右側だったと思います。

例のメニューです・・・
(14)例のメニュー

そして、例の料理、もとい独自の契約農家(笑)から直送したベーコンステーキです。
(15)例の食事

美味しかったですよ!ビールといっしょにゆっくり楽しみました。
レストランには他に誰もお客さんがいなくて贅沢なひとときを過ごせました。

お腹一杯になったあとはお散歩タイム。
門の近くから城壁に上ります。
(16)城壁への登り口

おぉ~!今この写真を見るとKibriのストラクチャとそっくり!
じゃなかった、実物そっくりのKibriのストラクチャだったんだんですね。
ブログ記事はコチラ
おや?階段付近にはコケが生えているんですね。
それとどことな~くジメジメした感じが・・・。
今度、Kibriの城壁にもコケやジメジメを表現してみたいと思います。
こうして昔撮った写真を見ると、その時には気づかなかった発見がありますね。

城壁からの眺め。
(17)城壁からの眺め

まだ早い時間だというのにもう夕日になってきました。
ヨーロッパの冬は日照時間が短いですよね・。なんだか寂しい感じです

この写真は、南側の城壁から見た街並みです。
(18)町のそとから

木々の緑もすっかり少なくなっています。
夏にになったら屋根の赤と、元気いっぱいに葉をつけた緑との
コントラストで美しい景色になるのでしょうけど、今は少しの間休憩中です。

さて、これにて秋のローテンブルクの紹介は終わりです。
賑やかなときも好きですが、人が少ない季節もなんだか特別な感じがして好きです
また行きたいな~。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ドイツ旅行 | GENRE:旅行 |

冬、というか秋のローテンブルク(1)

こんばんは。ずっと続いていた寒い日々がひと段落したと思ったのに
再び寒の戻りでヒートテックを手放せないこつめです
さて、今日は冬の、というか秋のローテンブルクを紹介します。

以前、楽しみかたは人それぞれでローテンブルクのレストランを紹介しましたが、
そのときのことを紹介したいと思います。
季節は11月頃の冬シーズン直前だったと思います。
車を運転しローテンブルクへ向かいました。

早朝の高速道路を走り、ランプをおりると見えてきましたよ!
(1)ローテンブルクまでの道順

標識看板のうしろの木々が枯れかかり、冬の寂しさが近づいているのが分かります。
まずは、ローテンブルク城壁の北側駐車場に車を停めて、
ホテルにチェックインしに行きます。ちなみに時刻はまだ9時過ぎです。
(2)早朝の小道

おじいちゃん待って~!という感じの子供たち、かわいらしいですね。
ローテンブルクに住んでいるのかな?
この写真の奥には、市庁舎に面したマルクト広場があります。
朝早いのでまだまだ人通りもまばらです。

宿泊したホテルは「ホテルティルマンリーメンシュナイダー」、
マルクト広場から北側へ歩いてすぐのところにあります。
部屋も綺麗で雰囲気が素敵です。
今回は2回目の宿泊でこつめは結構お気に入りです。

ホテルから出て左側には門が見えます。
(3)ホテル近くの門

「白い塔」です。ほんとにこの名前なんですよ!(笑)
ローテンブルクの城壁には幾つか大きな門がありますが、
城壁の内側にもいくつか門があり、これもその1つです。
奥に消防車っぽい車が見えますね。道幅はけっこう狭いのですが
驚くことにけっこう大きな観光バスが入ってきたりします。
ドライバーさんも大変ですね。。。

さてさて、荷物を部屋に置いて街中を散策~。
マルクト広場の南側にある薬局です。
(4)広場近くの薬局

木組みが可愛いですね~。
この薬局をモデルにしたストラクチャがVollmer HOにあったような?
先日紹介したFaller Nの薬局もどことなく似ていますよね。
ちなみに写真右側に写っている門は、「ブルク門」です。
ブルク(Burg)はドイツ語で城塞という意味なので、「城塞門」でもいいかも。
その名の通り、城壁の外と内を行き来できる門です。

マルクト広場では、ホットアップルジュースが売られていました。
(5)暖かいリンゴジュース

11月なのに真冬のような寒さだったので、一杯飲んで身体を温めました

そのまま南へ道を下っていくと、有名なプレーンラインが見えてきます。
(6)プレーンライン

2つの道がマルクト広場に向かって一つに合流するポイントで、
人気の写真撮影スポットですね。
写真の右側の塔が「コーボルツェラー門」で、
この門をくぐると城壁の外に出ることができます。

左側の塔は「ジーバース門」で、こちらはさきほどの白い塔と同じく
城壁内にある門です。ちなみにジーバース門の近くまで行き、
左側へ少しいくと城壁に上れる階段があります。
今回は、ここでユーターンして広場まで戻ります。

この写真はプレーンラインで回れ右をして少し戻ったところの写真。
(7)プレーンラインから広場へ

写真の奥にマルクト広場がありますが
この通りの左右にはお土産屋さんが沢山あり、
ショーウィンドーを見ているだけでもけっこう楽しいです
それにしても人が少ないですね~。
クリスマスマーケットが開かれるまではあまり人が来ないのかな?
でも・・・、なんだか独り占めしているみたいでこれはこれで楽しいです

こちらはパン屋さんのショーウィンドー。
(8)シュネーバル

左側にはザ・ドイツの焼き菓子パン「プリッツェル」、
その隣の黒いパンは、これもザ・ドイツの「ライ麦パン」かな?
そして、右側にはこのローテンブルク伝統菓子「シュネーバル」が見えます。
シュネーバルは直訳すると「雪の玉」、細長い生地をまるめて油で揚げ、
砂糖を雪のようにまぶしてあります。
サクサクしていて美味しいですが、食べるときは
砂糖などがこぼれても問題ないところを見つけてからにしましょう。
けっこういろいろこぼれます・・・。
こつめはホテルのベッドの上で食べてしまい、
大変なことになった苦い経験があります

こちらは、木組みの家や門のミニチュア焼き物を売るお土産屋さん。
(9)焼き物のミニチュア

手前にあるのは広場近くの薬局のミニチュアかな?
左上の門も実在するの門ですね。
可愛らしくて全部買って帰りたい!とも思いましたが、
こつめは自分で組み立てるストラクチャ派なので、
ここはぐっと我慢して見ているだけに徹しました・・・
でも・・・、次に行く時とは一個くらい買っても良いよね?

(つづく)
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

初めてのふるさと納税

こんにちは。こつめです。

エスビー食品さんから発売されている本生シリーズを頂いたので試してみました。
IMG_3980.jpg

「味、香り、食感、全ては素材本来の”生”のために」

こつめは、以前より真ん中の、「きざみわさび」の大ファンでして。。。
わさびの中にきざんだわさびがコリコリと入っていて、
お刺身やお寿司など素材の味を引き立たせてくれるのではまっています。
本来なら、わさびをすりおろして食べるのが一番おいしいのだと思うのですが、
これなら家庭でも手軽にすりおろしたわさびに近い味が味わえると思います。

エスビー食品さんの本生きざみわさびは無着色で
軽く食感が残る程度のきざみわさびが入っていて美味しいです。

さて、何につけて食べようかな~っと。
そうだ!最近何かと話題のふるさと納税で頂いたお肉につけてみよう!
頂いたお肉は群馬県榛東村(しんとうむら)の上州サーロインステーキです。

ここでちょっと脱線。ふるさと納税は自分の住所以外の市町村に
寄付(=納税)することで、お礼の品がもらえる制度で、
寄付した金額は確定申告で控除されます。
そして、寄付したお金はその市町村でどんな風に使ってほしいか、
たとえば子供の教育の充実に、とか使い道を選択できたりもします。
政治に参加しているという実感が湧きますね。

さてさて、話がそれましたが早速調理してみます。

★こつめ流ステーキの焼き方。
(1)お肉の両面に塩コショウを振る。
(2)フライパンに油を引いてニンニクスライスを炒め香りを移す。
(3)火を中火~弱火にして、お肉を片面ずつ30秒、これを2セット。
(4)お肉を取り出し、アルミホイルでつつみ保温鍋へ入れ10分。
これで、ミディアムレアのステーキの出来上がり~。

本生きざみわさびを添えて完成~。
IMG_3982.jpg

美味しそう!じゅるじゅる。

お肉を切って、本生きざみわさびをたっぷりのせていただきまーす。
IMG_3983.jpg

沢山のせても、そんなにツーンとしません。
旨い!お肉も良い感じで火が通っています。
お肉の油をわさびの辛味で中和してくれて、
ジューシーなのに、さっぱりとした味わいです。
この組み合わせは癖になりそうです!
本生シリーズ最高!ごちそうさまでした。

まだまだお鍋が美味し季節。次は、生七味でホフホフします。

☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:懸賞当選 | GENRE:趣味・実用 |

もったいなくてなかなか作れないシリーズ(FALLER編)

すでに2月ですが・・・、今年もよろしくお願いいたします
私生活でいろいろあってなかなかブログを書けなかったこつめです
皆様いかがお過ごしでしょうか。

Kibriの城壁作りも全然進んでいないのですが、
今年一回目の投稿はストラクチャ紹介からいきたいと思います!

せっかく苦労して手に入れたストラクチャも、作らなければただの箱・・・。
いえ、手に入れたストラクチャの中には、今は廃版となってしまっていて、
手放してしまったら多分もう二度と手に入らないものもあるんです。

昔は、そんなストラクチャも平気で組み立てていたのですが、
なぜかここ最近はそんなストラクチャを見ると「もったない」と思うようになり
なかなか組み立てられなくなってしまいました・・・。

ということで、今日はそんなストラクチャをFALLERのなかから紹介します。
まずはFALLER N 232279の薬局です。
IMG_3942.jpg
IMG_3943.jpg

ちっちゃな木組みの家です。かわいいですね~
このモデル、実は昔持っていたのですが諸事情で手放してしまいました。
そのときは「まぁそんなに高くもないし、また買おう」と思っていたのですが、
すでに生産終了・・・。それ以来ずっと探していて昨年ようやく入手しました!
約5年振りの再開でした。「もう手放さないからね!」と思い入れのあるモデルです。

続いて2つめはFALLER N 2290 タウンホールです。
IMG_3944.jpg
IMG_3945.jpg

これも実は思い入れのあるモデルです。
数年前にチェコの鉄道模型屋さんに立ち寄ったとき、
店内に飾ってあったレイアウトにこのモデルが置いてありました。
あのモデル見たことない!FALLERっぽいけど・・・欲しい」
ということでインターネットを駆使して探し当てたモデルです。
型番が2290と4桁のモデルはどうやらかなり昔のものみたいです。
タウンホールというより小さな町の集会場って感じでしょうか?
みんなで集まって町のことを話合ったりするのかな?

続いてFALLER N 2293 ギルドハウスです。
IMG_3949.jpg
IMG_3952.jpg

写真の右側の赤い屋根の建物は町の郵便局として、
今でもFALLERで販売されています(ほっ)。

最後はFALLER N 2291 城壁の中の家です。
IMG_3954.jpg
IMG_3947.jpg

このモデル、さっきの2293ギルドハウスの左側の建物の
色違いみたいですね。ということは、これを組み立てても
もう一つ色違いのものがあるということですね。
組み立てるときは、こっちから作ろうかな。ふふふ

さて、ここまで4つ紹介してきましたが、
どうしても手に入らないものが実はもう1つ・・・。
FALLER N 2292のKornhausです。

最近は、毎日毎日インターネットで探しています。
入手できたら必ず紹介します!
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |
フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。