プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

Kibri N 37110

久々にキブリの登場です~

じゃじゃじゃじゃーん
城壁1
今回ご紹介するのは、シュヴェービッシュ・ハルの城壁の家というストラクチャです。
シュヴェービッシュ・ハルは、ドイツのシュットゥットガルトから北東に位置する小さな町です。
地元の人々には「ハル」と呼ばれているシュヴェービッシュ・ハルは、
人口3万7千人の小さな街で、経済的には商業とサービス分野が強い街です。
(観光ガイドより)
行ったことはありませんが、このストラクチャのように城壁に家が埋め込まれたような景観だとか・・・。
Wikipediaより写真を拝借↓
Schwaebisch_Hall_Weiler.jpg

この写真では分かりにくいかもしれませんが、街を守るための城壁と民家とが
近い感じがします。
今回作ったストラクチャも城壁に埋め込まれちゃってるし、
外から攻め込まれたら真っ先に住人に危害が及んでしまうのでは・・・
城壁3
一人で突っ込みいれときます(笑)

今回も、とっても苦労したところも。。。。
毎度の事ながら、とっても難しかったです。
相変わらず窓の一枚一枚にカーテンを貼り付ける作業に3日くらいかかりました

階段を下りた所には、ベンチがあります。小さな水汲み場(?)みたいなものも!
城壁2

最後に植林して飾ろうと思います。

でも、少し大きい感じが否めません。。。(汗)
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

No title

今日は:

偶然貴ブログを見つけて拝見しています。
Kibiri, FallerやVollmerの組み立ては結構面倒ですよね。
件の城壁の家ですが、カーテンは紙に印刷されものを壁単位で貼り付けるのではなかったでしたっけ?切り離して窓の一枚一枚に貼るのは大変だと思います。

Re: No title

通りがかりのオッサンさん、こんばんは。
はじめまして。こつめです。
コメントありがとうございます。

ご指摘の通り、確かにKibriのストラクチャの中にもVollmerやFallerのように
壁単位で暗幕を貼り付けるものもあるみたいですね。

しかし、このストラクチャを含め私が入手したKibriのストラクチャは
すべて「カーテンだけが一枚の紙にまとめて印刷されたもの」しか
入っていませんでした・・・。

もしお時間がありましたら、以前に書いた
「Kibriからの挑戦状」の記事に写真がありますので、ご覧いただけたら
と思います。↓にリンクをはっておきます。
http://loveeurope.blog.fc2.com/blog-entry-68.html


製造ロットによって中身が違うのでしょうか・・・?
う~ん。

「Kibriからの挑戦状」拝見しました

うーむ、これは何と言うかシンドイですね。
カーテンの件、或いは私の記憶違いかも知れません。なにせ城壁セットを組立てたのが15年程前なので。
そもそも、KibriはVollmerやFallerに比べて説明書が素っ気なく作り難いですが、それにしても…

残念な事に、鉄道模型にチャレンジする人が段々少なくなって売れ行きが減少し倒産、というパターン(Rivarossi, Trix, Arnold, Markrin, Kibri, LGB)が多いようですがVollmerまで倒産していたとは知りませんでした。
こういう素っ気なさも一因かも知れませんね。

度々お邪魔します

済みません。
11:55のコメントを編集しようと思ったのですがアクセス出来ないので、新たに書きます。

例の城壁の家は、ローテンブルク風の門や監視塔とセットになったものでした。
組立てた現物を見たところ、私の記憶通りカーテンは壁に貼付けるというか、建物の内側にフィットするような一体の暗箱として組立てる仕様になっていました。

このセットはこの↓サイトを見ると、現在は販売していないようです。
http://www.reynaulds.com/index.aspx

で、これを要するに可能性としては

1) 単品販売のものは、カーテンを暗箱として組立てられる仕様ではなく
  最密充填よろしくギチギチに印刷してユーザが切って貼付ける仕様とした
或いは
2) 「合理化」と称して、暗箱をやめコスト低減を企図とした

の何れかでしょう。 

Re: 度々お邪魔します

通りがかりのオッサンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

昔はKibriも暗箱仕様になっていたキットがあったのですね・・・。
今は他のメーカーに比べてラインナップも少なく、寂しい感じがします。

おっしゃる通り、確かにKibriのストラクチャは素っ気無いですよね。
見にくい説明書、部品が足りなかったり、欠けていたり(私だけ?)、
木組みの壁がシールだったり、カーテンを一枚ずつ切り貼り・・・

う~ん、多少高価なストラクチャでも一つひとつが素晴らしいデザインなので
箱を開けてみてがっかりしたり、組み立てることが億劫にならないように
もう少し購入者側目線で物作りしてほしいですよね。。
って、日本のクオリティを基準で考えてしまいます(笑)

やはりそうですか?

>Kibriのストラクチャは(・・・)部品が足りなかったり、欠けていたり(私だけ?)

いや、私も経験しました。
Castle Branzollと称するドンガラの城は部品が不足してたので、目立たない部分ということもあり、余った壁材を切って貼り付けました。
それからNではなくZですが、Bad Nauheim Train Station という駅は、屋根の材料が変形していました。温風暖房機の吹出し口の近くで、暖めながら引張って無理やり伸ばしましたが。

>木組みの壁がシールだったり

Marktplatz Miltenbergという4軒組みの製品がそうですね。VollmerやFallerの製品は、プラスティックで表現されているのに…
Kibriは、折角特色或る建物を製品化しているのに、分かり難い説明書とご指摘の点で損をしている印象があります。

Vollmerは、よく言えば楽しそう、悪く言えば(Kibriに比べて)一寸玩具っぽい部分があります。

Fallerは、製品の種類が多い割りにバリエーションが少ない気がします。特に倒産したPolaを吸収して以来、4-5階建ての19世紀風ビルディングがやたら多くなったような印象が…

Re: やはりそうですか?

通りがかりのオッサンさん、こんばんは。

いろいろご苦労なさっているのですね。わたしもめげずに組み立て続けたいと思います。
確かに昔に比べるとFallerも種類が少なくなってしまいましたよね。
もっと木組みの家を出して欲しいものです
(今は、廃盤になった小さな薬局のストラクチャをさがしています)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。