プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

撮影方法をど忘れ・・・ atあきよしグロッテ

こんばんは。
中国地方小旅行の最後は秋芳洞です。
イタリアのカステラーナグロッテ以来の鍾乳洞観光です。
カステラーナグロッテのときは、写真撮影禁止だったのですが、
ここ秋芳洞は撮影OK~♪
ということで、愛機EOS Kiss X6iを手に意気揚々と洞窟に向かいました

ですが、ですが・・・。
カメラって難しいですね・。
しばらくカメラを扱っていなかったせいか、暗い洞窟内で
どういう設定にならノイズの少ない写真を取ることができるか
ど忘れてしまったのです・・・

たぶんセオリー通りなら、「手持ち夜景モード」か「ノイズリダクション」で
自動で感度を変えながら連続4回シャッターを切って、
4枚の写真を重ね合わせてノイズの少ない一枚の写真を作る、
というのが良いと思うのですが、なぜか今回はそういった頭がなく、
手振れ防止のためにシャッター速度を早めにしてISO感度を12800まで上げて
写真をとりまくったのでした・・・。

家に帰ってきてパソコンで撮った写真をみると・・・「ノイズだらけ・・」。
なんとか編集でノイズキャンセルしたのがこちらの写真。
秋吉洞

う~ん、なんとかまともに見れる写真になったかしら
この写真は有名な百枚皿です。
小学校の社会科の教科書で見て以来、
今まで実物を見たことがありませんでした。
幻想的な眺めですね。
秋吉台のカルスト台地にしみ込んだ雨水が
水に溶けやすい石灰岩を溶かし、水に溶けた石灰成分が
何万年もかけてこのような地形をつくったとか。
すごいですね。

続いて入り口付近の青天井付近の写真です。
秋芳洞(2)

水に反射した岩がまるで木星の表面のようです。
ちなみに今回は秋芳洞黒谷口から入ったので、裏口から正面入り口に向かって
歩いていったのでした。
1.5kmほど歩いて正面入り口に到着です。
この写真は旅行パンフレット等でもおなじみですよね。
104(2).jpg

さて、秋芳洞の感想ですが、すこし暗すぎるのでは?と思ってしまいました。
場所によっては遠くに目印となる明かりがみえるものの
足元はまともに見れないほど暗く、気をつけなければならないほどでした。
ちょっと怖かったです

でも随所にここが本当に雨水によって浸食されたことがわかるような
岩があったりして、なかなか興味深いものでした。
また、機会があればいってみたいですね。
そのときは、可能であれば三脚を持っていくべき!ですね。
そして他の方の邪魔にならないところで、シャッタースピードを長めに設定して撮る!
それが無理なら、迷わず「手持ち夜景」!覚えておかないと!
いろんな意味でいい勉強になりました。

最後は秋吉台の展望台です。
tenbodaiJPG.jpg

雄大ですね。
ここに降った雨水はすべて地中にしみ込み、
秋芳洞を含む多くの鍾乳洞を形成し、地中で水の流れを作り河に排出される。
この大地の下にある鍾乳洞の数は400を超え、今でも毎年新しい鍾乳洞が見つかっているのだとか。

自然の力は偉大で、私たち生物は
ただただその自然の力の流れに身を任せているだけなのかもしませんね。

以上、中国地方小旅行でした!

長らくお付き合いありがとうございました
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:国内旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。