プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

Kibriの城壁作りにチャレンジ!(とりあえずできたけど・・・)

こんにちは。
落葉樹が黄色や赤に色づき始め、紅葉の中散策したくてウズウズしているこつめです。

さて~前回の続きで、Kibriの「ローテンブルクの物見やぐら」を組み立てます。
前回の準備編はコチラ
001_20141104195628a90.jpg

城壁にサーフェイサーを筆塗りし、乾いたら薄くといた『つや消し黒』をポンポン塗りです。
ポンポン塗り

順調順調♪(と、そんなふうに考えていた時期が私にもありました・・

このストラクチャはパーツ数も少ないので簡単に組み立てることができます。
あっという間に完成~!
Faller物見やぐら

先に作ったFallerの城壁(右側)と比べてもちゃんと色合いが合っています。
ヨシヨシ、と思ったのですが・・・、
あれ?レンガの隙間、このキラキラなに?
キラキラ

あぁ!!
これ、サーフェイサーの粒子が光に反射してるんだ!(泣)
それに近くに寄って見ると、ウェザリングというよりも単に
塗り方が汚いだけにしか見えない・・・
う~ん、出来は100点満点中50点というところでしょうか・・・。

なんでこうなっちゃったのか。。。
その現象を色々考えたのですが、

(1) サーフェイサーの上から、ラッカー系のうす~い黒をポンポンしても、
  やっぱりサーフェイサーは溶けて、それがレンガの隙間にたまる。
(2) それがキラキラの原因になる。
(3) そして、サーフェイサーが予想以上にラッカーに溶けるので、
  それが流れて塗り面が汚く見えてしまう。

ということだと思います。。。(自己分析)
筆塗り、かつ、うす~くといた塗料を多様する私には
サーフェイサーを使わないほうがよさそうです。
反省・・・。

では、グレーのラッカー塗料で下地を塗って、その上から
薄い黒の水性塗料で重ね塗りしようか、とも考えたんですが、
今回作った物見やぐらと実際のローテンブルクの写真を見比べると、

「やっぱり城壁って茶色!」と思うようになりました。

そして、

「先に作ったFallerの城壁の色塗り(グレー)が間違っていたんだぁ!」

とも思うようになりました。

Fallerの城壁と今回作ったKibriの物見やぐらは
あとで塗料を落とし塗装しなおすとして。。。
手元にある未組み立てのKibriのローテンブルクのレーダー門を何とか
上手に塗装しなければなりません。
それも、茶色をベースとして。
ローテンブルクのレーダー門

「Kibriのはベースが茶色だからわざわざ茶色に塗る必要はないんじゃないの?」
いえいえ、ここで上手く塗れるようになっておかないと、
今度はベースが灰色のFallerの城壁を茶色に塗装することができないんです。
あくまで、FallerとKibriの城壁の質感を合わす、ということが大前提です。

より本物の城壁に見えるように茶色を基調として塗る、
これが結構むずかしかったです。
レンガの隙間を何色で塗るか、そしてレンガの茶色をどう表現するか。

悩むよりまず行動です!
色の組み合わせと塗り方を試す、ということを続けること数日。
↓連日試した塗装の跡(もちろん後で塗りなおしします)
苦労の跡

なんとか自分なりに納得のできる色の組み合わせ、塗り方を見出すことができました。
たぶん・・・  ね・・・・・
次回は、その色の組み合わせと塗装の方法を紹介したいと思います!
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

こんにちは

キブリの城壁、完成したのを見る事は中々ないですね。写真を見る限りファーラーとの接続も何とかなりそうな…

私は色を塗る時、乱雑、適当に塗り「塗ると言うより筆の平な部分で叩いてます」最後にタミヤのウェザリングマスターでゴシゴシ擦りつけてます。

納得いかない時は何度も塗り直します。現にこつめさんと同じように最初はグレーの壁で最終的にクリーム色?ぽっく塗り自分なりに満足しました。

Re: こんにちは

勢壱さん、コメントありがとうございます。

> キブリの城壁、完成したのを見る事は中々ないですね

そうですよね。私も今回インターネットで結構探して見たのですが、
ほとんど見当たりませんでした。人気ないんですかね・・・。
塗り方も結構仕上がりに影響しますよね。
私もKibriの城壁を作った人のブログを探したのですが、
あまり見当たらなかったので、今回は日本のお城を作ってる人の
ブログを参考にして自分なりの塗り方を勉強しましたが・・・、
日本のお城作製ブログを見ているうちに、
自分も城を作りたくなってしまいました(笑)

ヨーロッパ好きのあれこれブログなのに、
日本のお城作製日記を書くことのないよう信念を貫きます(笑)

キブリの城壁、完成したのを見る事は中々ない

今日は:

私は、Kibriの城壁を完成させた数少ない(?)経験者ですが、愚考するに

1) 件の模型、特に廃盤(?)のセットは日本で購入すると異常に高価である
2) 実物を見た事がないと、「何これ?」という印象しか持てない
3) レイアウトに組込むとなると、相当に場所を取る

という事なのではないでしょうかね。

因みに、私は組立てただけでウェザリングは施しておらず、Fallerの物と合わせて飾り棚に入れていますが、それはそれで結構楽しいですよ。

Re: キブリの城壁、完成したのを見る事は中々ない

通りがかりのオッサンさん コメントありがとうございます。

数少ない城壁を完成させるべく四苦八苦しているこつめです(笑)

Kibriの城壁、確かに日本で売っているのを見たことがありません!
日本人にはあまり馴染まないのかもしれませんね、城壁セットは。

通りかかりのオッサンさんは色々経験されているので、本当に勉強になります。
ストラクチャを眺めていたら、ローテンブルクが恋しくなっちゃいました・・・。

城壁、壮観ですね

こんにちは。
城壁もこれだけ連なると壮観ですね。

ホント難しいのが塗装…マホガニーなどのブラウン系で下塗りして、下塗りを透かすように軽くグレー系でスプレーすると、微妙な色合いになるようです(墨入れはエナメル系で)が…。

家内に間違ってスプレーワークを捨てられて以来、水性の筆塗りとウェザリングマスターだけ(溶剤が必要な塗料の室内/ベランダ塗装は気を使うもので)の当方にも同じ悩みがあります。

ですので、こつめさんの検討結果楽しみです。
なにせ濃いグレーに塗装した古城がやはりブラウンの色合いを欲しがってますので(苦笑)。

Re: 城壁、壮観ですね

千早さん、コメントありがとうございます。

家の中での塗装、本当に苦労しますよね。
私もラッカー塗料で色を塗るときは毎回「オェ~…」と言いながら作業しています。
それにしても、気になる記述が。。。。
スプレーワーク。。ってもしや、タミヤのコンプレッサー付のヤツでは・・・(ヒョエ~)

私も最初グレーで塗って満足していたのですが、
どうも、この「城壁=グレー」の感覚って、
日本のお城の石垣のイメージが頭に染み付いているせいなのでは?と
思っちゃいました。感性を磨くことって重要ですね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。