プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

Kibriからの挑戦状 第2章(城壁編/屋根の塗装)

こんにちは!こつめです。

さて、城壁の屋根を色でなやんでいましたが、
結論を言うと「私には混色は無理!」でした・・・。
悩み中の屋根の色編はコチラ

混色ノートを見ながら色を作って実際に塗ってみても、
薄く見えたり、濃く見えたり・・・。そして混色した塗料がもったいないので、
そこにさらに微調整のために暗い色や、明るい色を足しこんでも
なかなか良い色にならない&感覚で色を混ぜているので
たぶん二度と同じ色は再現できない・・・

う~ん、城壁と同じようにラッカーで下地を塗って、
その上から薄いエナメル塗料で重ね塗りしたほうが良いかも・・・。
ということで、また色の組み合わせを試して何とか納得の色を出すことができました。
さぁ~いきますよ!

まずはMr. カラーのRLM23レッド(半光沢)と、フラットベースを2:1で混ぜます。
乾いたときの塗膜のつやは消えますが、あまりフラットベースを入れすぎると
白っぽくなるので、このくらいの比率がちょうどいいという結論になりました。
これを屋根に塗っていきます。2度塗りして下地の色もそれなりに隠蔽できました。
レーダー門屋根Before

ちょっと明るすぎるのでは・・・?
事前にランナー棒で試し塗りしたので大丈夫です。たぶん・・・。

続いてこの上からタミヤエナメル/デッキタンをうす~く溶いた状態で塗ります。
そして、乾いたら同じくエナメルのフラットブラックで雨水が流れる場所を想像しながら
ウェザリングで陰影を付け、他のパーツも屋根に取り付けると・・・
レーダー門屋根After

おぉ~良い感じじゃないでしょうか!?他のストラクチャと並べて
まだ明るいように感じたら、もうちょっとエナメルを塗ることにします。

この、下地;RLM23レッド+フラットベース、上塗り;エナメルデッキタンうす塗りの
組み合わせは他のストラクチャにも応用できそうですす。

お気に入りのストラクチャがあっても、その屋根が赤色じゃないってことがあるんです。
やっぱりドイツといったら赤瓦屋根!この色で塗れば赤瓦屋根に変身させることができそうです!

さて、完成までもう少し~と思いきや、残る課題がもう一つ・・・。
次の場所はここです。(赤い矢印のところに注目!)
レーダー門外側Before

門の外側の建物です。写真の赤色↓の茶色の部分は雨戸が付く部分で
説明書には付属のシールを貼るようにとの指示があるのですが・・・。
私のKitにはシールが入っていませんでした

というか、完成写真を見ても雨戸シールは貼ってありません・・・。
ということは、これも経費削減の一環として無くなってしまったんでしょうね・・・。

もしかして本当に欠品だったのかもしれませんが、
国際郵便で「パーツがなかったので送ってください」と手紙を出す手間と、
それで届くのが(Kibriに特徴的な粘着力がない)シール1枚、というの考えると

結論: 自作したほうが早い&シールより見栄えが良くなるのでは?

ということで、プラ板から作ることにしました。
海苔巻きせんべい雨戸

まず、雨戸を貼り付ける茶色の部分よりも、ほんの少しだけ大きく切り出し、
(下の茶色が見え隠れするとみっともないので・・・)
マスキングテープを真ん中に貼り付けて、海苔巻きせんべいのようにします。
名も無き赤で塗装した雨戸

そして、屋根の塗装用に混色したけど結局使われず捨てられる運命だった
「名も無き赤色」の塗料を塗っていきます。もったいない!エコです
マスキングテープをはずすと・・・
雨戸完成

雨戸の完成~。ちょっと不恰好かも知れませんが逆に手作り感がでて愛着がわきます。
雨戸を取り付け、さっきと同じくエナメル塗料でウェザリング、雨どいに排水管を付けると・・・
外側建物After

おぉ!華やかになりましたね~!
あとは仕上げにストラクチャ全体にウェザリングを施したら・・・、完成です!
レーダー門完成(1)

屋根の赤色もちょうど良い色になりました!
せっかくなので他の角度からも・・・。
レーダー門完成(2)

門の下に街灯が付いていますが、残念ながら光りません!
BRAWAの街灯を取り付けたら、もっとよくなるかな?
続いて門の外側からの写真を。
レーダー門完成(3)

門の壁についている都市の紋章には色を入れませんでしたが、
このままでも良い感じです。でも、
資料を見ながら色を入れても良いかもしれないですね。
また機会があれば試してみます。

さて、結構長い時間がかかりましたが、これにてレーダー門完成です
苦労した甲斐があった分、出来上がりには大満足です!

Kibriのストラクチャは作りにくいと以前ブログで紹介しましたが、
「Kibriのストラクチャは、塗装することではじめてその真価が分かるのでは?」
とも思っちゃいました。

次は、組み立ててしまった「ローテンブルクの物見やぐら」を
レーダー門と同じ感じで再塗装します!

長らくお付き合いありがとうございました
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

素晴らしい

こんばんは。まるで秘密基地の要塞ですね。
以前作っていた城壁と合体させた所を見たいですね

完成しましたね

こんにちは。
kibriへの挑戦、お疲れさまです。
ホント煉瓦の質感が、惚れ惚れする感じに仕上がってますね。
屋根の赤も渋い…ウェザリングの成果も抜群。

雨戸は余計な手間…苦労掛けられる程、可愛いとも言いますが、せめてサクサク組上げたいものですよねぇ。

Re: 素晴らしい

勢壱さん、こんばんは!お褒め頂きありがとうございます。
何とか完成できました。
ローテンブルクは城塞都市だったので、どことなく威圧感が現れていまね。
今、ローテンブルクの物見やぐらを塗りなおしていますので、
またブログで紹介します。

Re: 完成しましたね

千早さん、コメントありがとうございます。
なんとか完成できました~!今回の作製で結構たくさんの技法を習得できた気がします。
煉瓦の質感は、他のストラクチャで再現できるか心配ですが
ドライブラシは塗りなおしが割と簡単なので、良い感じに塗れるまでやってみます。

それにしても、Kibriのストラクチャを作るたびに新たなネタが見つかるというか、
なんというか・・・、文句を言いながらもかわいらしいので作っちゃうんでけどね(笑)

雨戸のシール

今晩は:

完成おめでとうございます。

ところで雨戸ですが…
私が組立てたセットでは、シールではなくて例の暗箱作成用の用紙の一部に印刷されていたものを、自分で切取って貼付ける仕様だったと記憶しています。

想像するに、暗箱を止めた為に雨戸も無くなってしまい、説明書との齟齬が生じた、という辺りが真相ではないでしょうか。
何にせよ不親切さが増した訳ですが「倒産もむべなるかな」と言っては可哀相なのでしょうかね。

Re: 雨戸のシール

通りがかりのオッサンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なんと!雨戸は紙だったのですね!
「ここには案箱が入りそうだな~、でもカーテンの紙も付いてなかったから
 案箱無くてもいいかな~」と思いながら、案箱無しで組み立ててしました。
まぁ、城壁に付属している建物にカーテンがあるのもおかしいですしね。

それにしても、カーテンの紙といいホントに残念ですね。
せめて、ホームページでpdfデータを公開して
必要なら自分で印刷して案箱を作る、くらいにして欲しいですね。

実は、Kibriストラクチャのネタには私が驚愕するくらいの続きがあって・・・
おっと、この続きはKibriからの挑戦状 第3章で紹介したいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア