プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

Kibriからの挑戦状 第3章 (その4) これは一体?

こんにちは
今年の仕事が終わったヤレヤレと思っていたのに、
すぐに年末年始の準備になり、あまり休められなかったこつめです。

さて、前回はなんとか木組みの壁を表現できました。
ところで、今までに作ったKibriのストラクチャは、
必要なところだけ塗装して、そうでない部分は薄い黒色、あるいは薄い白を
塗っただけで組み立てていました。
でも、せっかくエアブラシがあるので全パーツに塗装するぞ!と考えました。

では、塗装です。
・地面のパーツは全面Mr.カラーのライトグレーで塗装後、レンガ部分だけ薄茶色で塗装
・この市庁舎の特徴でもある茶支柱の土台レンガ部分も薄茶色、
・窓枠や雨どい、ドアなどはタミヤのデザートイエローで塗装しました。
塗りわけ

窓枠のようにパーツが沢山あり、小さくて片側の面にのみ塗装するようなものは、
下の写真のようにダンボールに貼り付けて塗装しました。
窓枠



ところで・・・、このパーツは一体何でしょうか・・・・
なんじゃこりゃ?

説明書を見ると、2階に上がる階段のそばに設置するようなのですが、
コレが何なのか全く見当もつきません!

ギロチン台のようにも見えるし、小麦粉を挽くための衝き機にしては
動力となる水車や風車がないし、まさかとは思うけど餅つき機?
う~ん、これが何なのかは実際にミヒェルシュタットに行くしかなさそうですね。
正体が気になりますが続けます。

地面のパーツに土台のレンガをくっつけて、
レンガ部分をタミヤエナメルのフラットアースとミディアムグレイでドライブラシです。
土台部分の完成

いい感じです♪ローテンブルクの城壁を作ったときと同じ方法です。
過去の経験は無駄になりませんね~。
続いてこのストラクチャの特徴でもある支柱と、その他のパーツを取り付け。
やっぱり分からない

やっぱりさっきのパーツが何なのか分かりません・・・。(矢印のトコ)
う~ん、謎は深まるばかり・・・。

続いて、木組みの壁に窓枠とガラスパーツを取り付け、
Kibriの苦行であるカーテン貼りですが、めんどくさかったので
市庁舎の窓からカーテンが見えるのは不自然かな?と思ったので、
例の黒い紙をカットして貼り付けました。
暗幕のみ貼り付け

このストラクチャは内部に夜景用の電飾を入れることもできない構造なので、
これでもいいかな?と。

そして、いよいよ木組みの壁を接着です。
支柱がいい感じ♪

おぉ~!、いい感じですね!
時計と紋章はもともとの”木組みシール”から切り出して貼り付けました。
VollmerにもFallerにもない類の構造なので新鮮味があります!
出窓部分を支える支柱が味を出しています!

今日はここまで!
次回は屋根を塗装し、完成までこぎ着けたいと思います

つづく
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

実際の市庁舎の雰囲気出てますね

こんにちは。
こつめさんの記事を元に実際の市庁舎の写真も見てみましたが、ホントにそのものですね…木組みに尖塔、味があります。

さて謎のパーツ、一体何なんでしょう…暖炉に掛かった鍋にも見えますが…。
こつめさんの旅行記とお気に入りのストラクチャー紹介記事、今後も楽しみにしています。のんびり長~く続けて下さい。

唐突ですが、何かのご縁…ブログリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?

Re: 実際の市庁舎の雰囲気出てますね

千早さん、コメントありがとうございます。
Kibriのストラクチャは実際の建物をモデルにしたものが多いので実物はどんなんだろう?と興味が湧きますよね。それにしても例のパーツは未だに謎のままです。確かに鍋のようにも見えますね。現地調査に行って確かめたいです。(笑)
ブログリンク、是非お願いします!
来年もストラクチャを作ったり、ヨーロッパのことを紹介させていただきますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

ペコリ

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア