プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

台湾旅行記(3) 赤い提灯と不思議な街

こんにちは。 こつめです。

台北市内観光のあとは九ふんナイトツアーオプションをつけました。
手ごろな値段の割には、九ふんのレストランで軽食(いや、日本人にとってはがっつり中華です)がついており、
食事のあと自由時間があるので、自由に散策することができます。
また、九ふんからの帰りは、夜市での自由散策。
夜市でそれぞれたっぷり堪能した後は、ホテルまで送迎してくれるという
自由行動もたっぷりあって満足なラクチンツアーでした


九ふんは映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている街です。
・・・と言われているのですが、実はスタジオジブリははっきりと名言してないんですよね

さて、九ふんへのツアーは昼間も夜もありますので、
自分の旅行スケジュールに合わせて参加することができます。
今回は夜の部に参加しました。

バスに乗ってしゅっぱーつ!
台北市内から高速道路を通り九ふんまで約59分でした()。
車内ではガイドさんが日本語で旅程など色々と説明してくださいました。

九ふんは現地の漢字で九份と書きます。
地名の九ふんとは、もともと「九人分に分ける」という意味だったそうな。

九份の份という漢字は「にんべん」に「分」、つまり人に分ける!
おぉ!!ちょっとした発見です!

さて、話は少しそれましたが、もともとこの集落には九人しか住人がいなくて、
山奥の集落だったこともあって、なかなか街に食べ物や日用品を買いに行くことが
できませんでした。そこで集落を代表して一人が買い物に行き、
集落に戻ってから買ってきたものを九人に分ける、という生活スタイルをとっていたそうです。
だから、九份という地名になったそうです。へ~

さて到着。さっそくですが交番の看板にも九ふんの文字があります。
162.jpg

つづいて街の中に入っていきますが・・・、人がいっぱ~い!
179.jpg

なるべく他の方の顔が分からないように編集したつもりですが。。。
写真だけだとどこを撮っているか分からないかもしれませんね。
写真の真ん中のせま~い路地階段を上がっていきます。
しばらく歩くと有名な写真撮影スポットに到着しました。
14P(2).jpg

確かに映画の舞台みたいです。窓際に提灯が飾られているお茶屋さんです。


九ふんの一番上の小学校に行きましたが、感想は
「あれ?これでおわり?」
のぼり階段は確かに大変だったのですが、
あっというまに上まで行けてしまい、思った以上に規模が小さかったです。
そうですよね、なんと言ってももとは九人の集落ですもんね。

また、夜のツアーだったので遠くまで良く見えなかったのもあって
さらに狭い街に感じたのかもしれません。
昼間のツアーだったら違った感じ方になるかもしれませんね。
今度は昼間に行ってみたいです。

さて、台湾旅行はこれでコレで終わりです。
3日目はホテル近くの市場でお土産をかったり、おいしいものを食べたりして
お昼過ぎに空港へ向かいました。

いくら近場といえども、やっぱり海外旅行で3日間は短いかな~。
でも、すぐに行ける海外。
そんな気楽にいける台湾にはもう一度行ってみたいなぁと思う今日この頃

こつめ台湾旅行記。
おつきあいありがとうございました


おわり
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

台湾旅行ですか

今日は:

全行程を拝見してからコメントしようと思い待っていました。
故宮博物館には行かれなかったのですね。

私は昔、仕事で一度だけ台湾に行ったことがあります。途中昼がフリーになった日があったので、滞在中のホテルでタクシーを拾って故宮博物館に行ってみました。
その文物ですが、紀元前1,000年辺りから19世紀に至るまで物凄い量でしたね。
彼等が「中国3,000年の歴史」というのは決して誇張ではありません。
しかも、南画など描かれた蝶や飛蝗の種類が判別できそうな正確さ。また、翡翠のような石に白菜を彫刻したもの、玉と思しき石に蝶を狙う蟷螂を彫刻したものなどリアリティ満点でした。

半日なのでゆっくり見て回る事は出来ませんでしたが、良い経験でした。
機会があったら是非探訪される事をお勧めします。

九份

こんばんわです。

おぉ~まさにジブリの世界ですね(^^♪
参考にしたとは言えないでしょうが…てっぺんに湯婆婆が居そうです(笑)

でも綺麗で素敵なところです。こんなところが台湾にあるなんて知りませんでした。憶えておきます( ..)φメモメモ
がっつり中華が食べたくなりました。

Re: 台湾旅行ですか

通りがかりのオッサンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

古宮博物館は見学に時間がかかりそうだったので今回はパスしました~(泣)
通りがかりのオッサンさんは行った事があるのですね。
コメントを読んでいると益々興味がわいてきました。
美術館や博物館は大好きなので次回は是非行ってみます!

Re: 九份

がおう☆さん こんにちは。 
コメントありがとうございます。

赤い提灯の雰囲気と街並みがなんとも千尋が迷い込んだあの街に迷い込んだ感じにさせます。
がおう☆さんも機会がありましたら是非台湾を訪れてみてください。

中華ばんざいです! 私も大好きです!

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア