プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

オーストリアの塩の砦 ザルツブルク

こんにちは、こつめです。
4月なったのにずっと曇り空や雨でお天気に恵まれませんね~ということで!
数年前の4月にオーストリアのザルツブルクへ旅行したときのことを紹介したいと思います!
とっても天気が良くて気持ちよかったのを今でも覚えています。

まずは、都市の紹介から。
ザルツブルクのザルツは塩、ブルクは砦、ということで直訳すると塩の砦です。
もともとは近くの町で取れる岩塩を商品として周囲の都市に販売し、
その利益をもとにザルツブルクの街が発展した、そうです。

それでは観光を紹介しま~す
ザルツブルクの南北に流れるザルツァッハ川とホーエンザルツブルク城です。
ひなたぼっこ

ヨーロッパの大きな都市には必ずと言っていいほど川が流れていますよね。
これには理由があって、水が豊かな日本と違って水の確保が街の発展の要だった、とか、
(先ほどの説明の塩などの)商品を他の町に運ぶために川が必要だったとか言われています。
へぇ~
いまでも町の人に愛される川で、川のほとりで皆さんひなたぼっこしてて気持ちよさそうです。
ちなみに4月の上旬なのにほんとに暑くて、皆さん半そででした

次にホーエンザルツブルク城ですが、街のどこからでも
眺めることができるザルツブルクを象徴する城です。
その昔は、岩塩の貿易で利益を得た大司教の居城であったり、
ハプスブルク家の支配下におかれたりと、いろいろと歴史がある城です。

お城への行き方ですが、ケーブルカーで行くルートと徒歩でのルートがあります。
ケーブルカー

今回はケーブルカーで行ってみます。というか、城壁をくりぬいているんですね。
「ぎゅーん!!」ちょっ・・・、結構なスピードです!
傾斜がきついからかな・・・?

お城から眺めるザルツブルク市街地の全景です。
ザルツブルクの街並み

こじんまりした街なので、大都市のような華やかさはないのですが、
なんというか、少しだけ賑やかな田舎街という感じで結構好きな感じです。

城の中は見学もできます。
しおのしろ

しろのしお・・・、じゃなかった塩の城、そして
塩で財を築いた城とも言われるように城の中は真っ白です。
見学コースの最後には、レストランがあってここで一休みしました。
レストランのテラスにて、市街地に背を向けた南向きの眺め。
レストラン

山々にはまだうっすらと雪が残っていました。
ちなみにザルツブルクのすぐ隣はドイツで、この山を越えればドイツなのかもしれません。
緑の中の街並み、ステキです。次回のレイアウトに景観を取り入れようかな。
グビグビ!自然の中で飲んだビールは美味しかったです

さて、ケーブルカーで街に戻ってこんどは市街地観光です。
ぎゅーん!

「ぎゅーん!!」って!下るのも速い

つづく。
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行 |

COMMENT

塩の砦

こんにちわです。

ヨーロッパなどは行った事が無いので、単純に寒いんじゃないかと思ってましたが、4月だとザルツブルグは温かいところなのですね。
高い建物が無いのも、自分的には非常に落ち着いて見えて好感が持てます。
欧州は都市の中に川が流れているイメージですが、このように説明されると「なるほど!」と思っちゃいます。
それにしても急なケーブルカーですね(汗)これでスピードがあるとなるとちょっとしたアトラクションです。特に降りる方は…(笑)

ザルツブルグですか?

今日は:

私も昔、一度だけ行った事がありますが小さな町ですよね。
カラヤンの生誕地で、モーツァルトの生家が町の真ん中にあったと記憶します。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」を撮影した場所としても有名ですが、

白い歩道橋はザルツァッハ川に架かっているもの
ヒロインが所属していた女子修道院はホーエンザルツブルク城の近く
ヒロインとトラップ家の子供達が舞い踊るミラベル宮殿の庭は極こじんまりとしたもの
トラップ家として撮影された屋敷は、町の中心部から車で数分
最後に合唱コンクールをやる広場は、町の中心部にある元厩舎の側

なので、山のシーンや登山鉄道に乗るシーンはスイスまで出かけて撮影したとか…

写真を拝見していて色々懐かしく思い出しました。

Re: 塩の砦

がおう☆さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

今年のザルツブルクも暖かそうですよ!今天気予報を見たらなんと最高気温23℃!
日本は大荒れですね。早く太陽日差しでポカポカになってほしいです。

街並みはこじんまりして、すっきりしていました。
街のどこにいても周囲に山々が見えて自然豊かなところでした~。

ザルツブルクのケーブルカーは本当に速かったです!
ガクガク・・・。

Re: ザルツブルグですか?

通りがかりのオッサンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ず、ずいぶんとご存知なんですね~。
この当時私の旅行スタイルは、あまり下調べせずに現地に行って
のんびり過ごしていたので、「映画のロケ地だった」程度の情報しか頭にありませんでした。

この時の反省を活かして、ローマへの旅行は念入りに下調べをしました。

旅行の準備、実際の旅行、そして自宅に帰ってきて旅行を思い出すとき、
旅には3つの楽しみがあるとよく言われますよね。
次に旅行に行くときも、しっかり準備(下調べ)して楽しみたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いい街ですね。

こんにちは。
ウィーンからザルツブルグ~ミュンヘンへと高速列車RJで旅してみたくなります。若い頃は海外など贅沢だと思ってましたが、歳を経ると勿体無い時間を過ごしたと感じるこの頃です。
年代ごとに尋ねてどう感じるか含め、自分だけの街を見つけておけば良かったです。
こつめさんは、もう見つかりましたか?

Re: いい街ですね。

千早さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

私は数年前、色んなところに旅に行ける環境に居たのにも関わらず
旅にでかけようともせず、結局今はその環境を失ってしまいました。
でも私は、その失った環境に気づいたからこそ
旅のすばらしさに気づくことができたのだと思います。
時間が許す限り積極的に色々なことに挑戦したいなぁと考えています。
千早さんだけのお気に入りの場所もきっと見つかると思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。