プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

冬、というか秋のローテンブルク(2)

こんばんローテンブルクの続きです。

いったんマルクト広場まで戻り、今度は西側へ移動します。
マルクト広場西には、一年中クリスマスのデコレーションが売られている
「ケーテ・ウォルファルト」があります。店内は割と広めです。
(10)クリスマスのお店

可愛らしい飾りがたくさん!クリスマスシーズンに来たら
もっとたくさんの飾りになるのかな?
お店には日本人スタッフのかたもいるので安心です。

さて、お店を出たあとは再び西へ。
先日のブログで紹介した薬局の写真に小さく写っていたブルク門が見えてきました
(11)門

ローテンブルクにある他の門、とういか塔はみんな茶色のレンガだったり、
薄いベージュ色で彩られているのですが、
この門だけは鮮やかなオレンジ色で、しかも時計も付いています。
ローテンブルクで最も高い塔だとか。へ~
門の近くにも色鮮やかな建物があるので、この付近は賑やかに見えますね。

再びマルクト広場に戻って今度は東へ~。
人気の撮影スポットです。
(12)有名な場所っぽい

レーダーアーチ(中央)とマルクス塔(左側)です。
日本でもこの風景が描かれたカレンダーをよく見かけますね。
それもそのはず、ローテンブルクの中で最も美しい門と言われています
そして、この門も町の中にあります。なぜかというと、昔のローテンブルクの城壁は
今よりもずっと狭く、この門が城壁の内と外を行き来する場所だったとか。
へ~。ちなみに先日のブログで紹介した白い塔は
このレーダーアーチから北へ少し行ったところにありますが、
白い塔もかつての城壁の一部だったのかな~?

もう少し東へ行くと現在の城壁の門、レーダー門が見えてきます。
そのレーダー門から少し南へ下ると、鍛冶屋さんが見えてきます。
(13)レーダー門と鍛冶屋

木組みの三角お屋根が可愛いですね~。
どことなく、Fallerのストラクチャっぽいかな?
さてさて、そうこうしているうちに時刻はお昼をまわったので
例のレストランへ向かいます。場所はレーダー門を出てすぐの右側だったと思います。

例のメニューです・・・
(14)例のメニュー

そして、例の料理、もとい独自の契約農家(笑)から直送したベーコンステーキです。
(15)例の食事

美味しかったですよ!ビールといっしょにゆっくり楽しみました。
レストランには他に誰もお客さんがいなくて贅沢なひとときを過ごせました。

お腹一杯になったあとはお散歩タイム。
門の近くから城壁に上ります。
(16)城壁への登り口

おぉ~!今この写真を見るとKibriのストラクチャとそっくり!
じゃなかった、実物そっくりのKibriのストラクチャだったんだんですね。
ブログ記事はコチラ
おや?階段付近にはコケが生えているんですね。
それとどことな~くジメジメした感じが・・・。
今度、Kibriの城壁にもコケやジメジメを表現してみたいと思います。
こうして昔撮った写真を見ると、その時には気づかなかった発見がありますね。

城壁からの眺め。
(17)城壁からの眺め

まだ早い時間だというのにもう夕日になってきました。
ヨーロッパの冬は日照時間が短いですよね・。なんだか寂しい感じです

この写真は、南側の城壁から見た街並みです。
(18)町のそとから

木々の緑もすっかり少なくなっています。
夏にになったら屋根の赤と、元気いっぱいに葉をつけた緑との
コントラストで美しい景色になるのでしょうけど、今は少しの間休憩中です。

さて、これにて秋のローテンブルクの紹介は終わりです。
賑やかなときも好きですが、人が少ない季節もなんだか特別な感じがして好きです
また行きたいな~。
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:ドイツ旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

No title

こんばんは。
ローテンブルクの街並み、素敵です。
家の色合いがいいですね。
ドイツというと家の色が統一されて美しいと思っていましたが、ここは違うんですね。模型で再現したら素敵でしょう。こつめさんのレイアウトのイメージはローテンブルクなんですか?

まるで模型の世界

こんにちは。
街の家屋や城門がモデルとは言え、行った事のない自身には、まるで模型の世界に見えてきます。
貴重な写真の数々、想い出と共にこつめさんの宝物ですね。

ところで、ドイツの料理は口に合いますか・・・自分は美味しいと思うのですが、娘二人はどうものようで、イタリア旅行をチョイスしてました。

Re: No title

Moriさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そう!そうなんです!いつかローテンブルクのような街並みを再現して
その周りを電車で走らせたいな~、って思っています(^-^)

ローテンブルク以外でも特徴のある可愛らしい家がある町もあります。
ドイツ、いいですよ~(^-^)

Re: まるで模型の世界

千早さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

わたしもヨーロッパのストラクチャからドイツに興味を持ち、
初めてローテンブルクへ行ったときは「模型にそっくりだ!」ってなりました(^-^;)
本当に想い出も宝物です。ありがとうございます。

ところで、ドイツの料理、私は結構好きですよ(変わり者と呼ばれることもありますが・・・)

ドイツ料理・・・おばあちゃんが作ってくれる素材本来の味わい、
イタリア料理・・・素材以上に味わいを引き出した、洗練された味わい、

って感じでしょうか?。でも、2つを比べてしまうと・・・、
イタリア料理の方が美味しかったです(^-^;)

No title

こちらにもお邪魔します。

ケーテ・ウォルファルトのウィンドウですが、よく写真が撮れましたね。ヨーロッパの店は写真を撮影するのを嫌がる所が結構あるのですが。

ところで、私は初夏から夏のヨーロッパしか知らないのですが、晩秋も風情がありますね。何となく寒そうではありますが…

Re: No title

通りがかりのオッサンさん、コメントありがとうございます。

>ヨーロッパの店は写真を撮影するのを嫌がる所が結構あるのですが。

えっ!? え~と、このときは気にもせずにパシャリとやっちゃいました・・・(汗)
どうしよう・・・。お店の方から連絡がきたら削除します・・・(^-^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア