プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

ほったらかしのストラクチャを再組み立て(1)

こんにちは。しとしと雨が降ったり止んだりしていますが、
これが終わるといよいよ春本番かな~?とワクワクしているこつめです

さて、今日は作りかけだったストラクチャを再び作製したいと思います
ストラクチャはこちら↓
(1)_20160320105259407.jpg

Faller 232445 ドレスナーバンクです。
ドレスナーバンク?確か実在する銀行だったような?
グーグル先生お願いします!ぽちっと…。
やっぱりでも残念ながら2008年に買収されてしまったようです。
今ドイツに行っても見れないのかな?

さて、このキット、箱にHobbyと書かれていますよね?
Faller Hobbyシリーズはパーツ数も少なく低価格で
これから鉄道模型を始める人にとってのエントリーモデルみないなシリーズです。
パーツもこれだけです↓(途中まで作っちゃってます)
(2)_20160320105301674.jpg

木組みのストラクチャだったので買ってみたのですが、
数年前に途中で作ることを断念していました。

断念した理由がコチラ↓
(3)_2016032010525928a.jpg

壁が全てシール…、しかも粘着力がないので剥がれています。
また、一階部分の緑色の壁のシールの寸法が合っていないので
下地のプラスチックが剥きだしです・・・

このシール、数年間ほったらかしにしていたから剥がれたのではなく、
わたしが作ったときに既にこのような状態だったんです
このときはKibriからの挑戦状 第3章で紹介した
木組みの壁を描く技法がまだなかった頃だったので、
剥がれたシールを処理することもできず、ず~っとほったらかしになっていました。

でも今は技法があるので、このストラクチャを復活させていきたいと思います!
まずは、貼り付けたシールを剥がします。
(4)_2016032010525710c.jpg

粘着力がないので、のり残りも無く綺麗に剥がせました
このあと塗装といきたいところですが、よく見ると壁がボコボコ…。

”シールを貼ればどうせ見えなくなるし”ってことで、金型の処理が甘かったのかもしれませんね。
ということで、全ての壁をやすりがけしておきました。
けっこうボコボコの段差が酷かったので、180番 → 600番の順にペーパーがけしました
(5)_201603201052586a7.jpg

ようやく塗装…、にはいけません…。上の写真、右上の壁には
すでに窓枠を接着してしまっているのでこれを処理しなければなりません。
デザインナイフで後ろ側から外そうといたのですが…、

”パキン!”刃先が折れてしまいました…、危ない危ない…

う~ん、やっぱり手間がかかりますがマスキングテープで処理します。
いちど組み立ててしまうと塗装が大変です…。
(6)_20160320105308257.jpg

窓枠を接着したところには、デザインナイフで窓ぴったりの大きさでテープを切りました。
一階部分の窓にもマスキングテープ貼っておきます。

続く。
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア