プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

こつめ鉄道造成課

いきなりレイアウトで崖を作ろうとすると失敗しそう・・・
ということで、練習することにしました。
と、その前に・・・、こつめ鉄道造成課の理念を紹介します。

1.石膏やプラスターは使わない。
  その昔使ったことがありますが、手がベチャベチャになって
  造成できたもんじゃなかった。
  そして、石膏が入ったバケツをこぼして土石流発生!
  水に溶いていない石膏の粉が俟ってあわや粉塵爆発!
  ということがあったので、もう使わないことにします。
  代わりに軽量パテを使います。

2.軽量にするためにベニヤ板は土台のみ。その他はスタイロフォームで造成します。

平たく言うと、部屋の中を汚したくない!なるべく軽量にレイアウトを仕上げたい!
ということです。

なので、こつめ鉄道で岩を作ろうと思うと石膏やプラスターを使わずに
スタイロフォームと軽量パテで作ることになります。
ということで、早速練習です

余ったスタイロフォームを6cm四方に4枚切って、木工用ボンドで積層。
岩削りだし前
木工用ボンドで面接着しようとすると中心のほうまでなかなか乾燥しませんね。。。
約一日放置して乾燥させます。

次にカッターで削りだします。岩を表現するときはカッターでVの字にいくつも
切り込みを入れていきます。
試作岩塗装前
どうですか?それなりに岩っぽく見えないこともないですよね?
(少し不安になってきましたが、続きます・・・)

スタイロフォームを重ねているので、どうしても継ぎ目ができます。
継ぎ目や、カッターで削りすぎた部分を軽量パテで埋めていきます。
パテ埋め
パテが乾くまで数時間乾燥させます。

どうでしょう・・・?ますます不安になってきましたが、
もう最後までやっちゃいます!最後はアクリル絵の具で塗装です!
失敗品完成
できあがりです!岩っぽく・・・、見えませんね・・・
なんでこんなんになっちゃったかというと、
作りながらうすうす気づいていましたが、反省をまとめると

1.スタイロフォームを削って岩をつくるのは熟練の技術が必要。
2.スタイロフォームや軽量パテは、石膏やプラスターのように
  絵の具を溶いた色水を吸い込んでくれないので、
  どうしても絵の具を厚塗りするはめになってしまう。

ということだと思います。。
削りだしは練習すればそのうち上手くなる、かもしれませんが
色塗りは多分どうしようもないですね。

でもやっぱり、石膏やプラスターは使いたくないので
別の方法で岩を表現することにします。

(つづく)

関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:鉄道模型 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。