プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  

フィレンツェ 花の都で復讐の始まり!

フィレンツェ観光の始まりです
到着したのは、11時ごろ。
フィレンツェは観光名所がギュッと集まっているので、
ほとんど徒歩で回ることができます。

フィレンツェ?ローマとどう違うの?
フィレンツェはイタリア統一以前は1つの国で、
フィレンツェ共和国だったところなんですよ~。
レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロを支援したメディチ家によって
統治されていた15世紀に、ルネッサンスの中心にもなりました。
ちなみにフィレンツェとは、花を意味します。花の都フィレンツェ いい響きですね♪

ちなみに私がイタリアに行きたい!と興味を持ったきっかけが、このフィレンツェです。

実は、ヨーロッパ好きにはたまらない、フィレンツェを舞台にしたゲームがあります。
街並みも綺麗に再現されていて、ゲームをしながら自分もタイムスリップしたような気分に
なれる。それに、イタリア史も勉強できるというゲーム。
そう!ここはアサシンクリード2の物語のスタート地点なのです!

アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】
(2010/08/05)
PlayStation 3

商品詳細を見る

※暴力的な表現も含まれるのでCEROレーティングZ指定です。


ということで事前にゲームで歴史と地図を頭に入れていざ観光です。
まずは駅からサンタ・マリア・ノヴェッラ教会へ。
サンタマリアノヴェッラ教会
フィレンツェ最古の大聖堂とも言われています。1420年に未完のまま
献堂され、その後レオーネ・バティスタ・アルベルティーが上の
部分を設計し1470年に完成した(アサシンクリード2解説より)。
ふむふむ、歴史がありますね~。ちなみにすぐ近くに世界最古と言われている
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局があります。

次は、ドゥオウモを目指します。だんたん近づくにつれ人口密度がすごい
歩くのもままならない感じ・・。
おぉ!ドォウモが見えてきました。あまりの大きさにビックリ!
(コロッセオのときと同じ反応ですみません・・・(笑))
人が一杯のドゥオモ
洗礼堂、鐘楼、ドォウモのスリーショットです。
ガイドブックなどではドォウモ(大聖堂)と呼ばれていますが、
アサシンクリード通(でもないか)としては、
「サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会」と呼びたいところ。

これまたゲーム中の解説によると、
イタリア最大の教会の一つでもあり、フィレンツェのシンボルでもあるとのこと。
確かにそうですね~、大きすぎてカメラにも入りきりません!
ルネッサンス建築における最初の傑作とも言われます。

早速、入ろうと思いましたが、長蛇の列
入場は断念しました。理由は、14時にウフィツィ美術館予約していたから。

今回は、比較的行列が短いジョットの鐘楼にのぼることに。
それでも30分ほど並びました。
ジョットの鐘楼
ちなみに「ジョット」って?人の名前ですよ~。
建築家で画家でもあったジョット・ディ・ボンドーネによって1334年着工。
その後工事半ばでジョットは亡くなってしまい、何人かの人によって
工事が引き継がれ、1359年にフランチェスコ・タレンティが塔を完成させた。
彼は設計を大きく変更し、下から見上げたときに各階の大きさが全く同じに
見えるように、遠近法で上の階に行くほど大きくした・・・(これもゲーム解説)
って本当に?他のガイドブックでそんな説明みたことがないけど、
私がとった写真を見ると、確かにそう思えるかも・・・。面白いことしますね~。

エッホ、エッホ400近くある階段をひたすら登ります。
前日、バチカンのサンピエトロ大聖堂に続き、今日も階段です。

ハァ、ハァ
上の階に行くほど大きくなるって本当ですか?
逆に上の階に行くほど階段が狭くなって、最上階に続く最後の階段は
ひと一人通るのがやっとのくらいの狭さ・・・(写真撮るの忘れました(汗))。

上から降りてくる人が途切れるのを待って、最後の階段を
登りつめると・・・、ようやく到着しました~!
ドゥオモとフィレンツェの街並み
絶景ですね~♪ジョットの鐘楼の頂上からだと、
フィレンツェの街並みと一緒にドゥオウモを写真に収めることができました

さて、お次はドゥオモから少し南に歩いてシニョリーア広場へ移動。
人が一杯シニョリーア広場
ここもすごい人です!まともに歩けないし、写真もとれない!(泣)
後で知ったのですが、今期のローマ・フィレンツェには
例年の3倍くらいの観光客が来ていたとか・・。どおりで混んでいた訳ですね

さて、広場に面してそびえ立つシニョリーア宮、別名ヴェッキオ宮です。
シニョリーア宮
シニョリーアとは「フィレンツェの統治者」という意味です。
ローマのフォロロマーノと同じく、もともとは政治の中心だったんですね。

現在でもフィレンツェ市庁舎として利用されています。
昔に建てられた建物を今でもそのまま利用しているってすごいですよね。

ちなみに!
この広場はアサシンクリード2に出てくるアウディトーレ家が処刑された場所です。

メディチ家は実在した家系で、アウディトーレ家はフィクションです。
フィレンツェの統治者でもあった時のメディチ家は銀行家でもありました。
しかし、政治活動が忙しくなり家業の銀行業にまで手がまわらない状態に。
そこで、メディチ家からの信頼が厚かったアウディトーレ家が銀行の管理を行っていました

ところが、メディチ家転覆を企むパッツィ家の陰謀(これも実在した出来事)に巻き込まれ母、娘を除くアウディトーレ一家(父、長男、三男)は無実の罪で捕らえられてしまいます。

父の依頼で外出中だったアウディトーレ家の次男エッツィオは難を逃れ、
家族を救いにシニョリーア広場に向かいますが、
目の前で父と兄弟が処刑されてしまいます。
エッツィオは絶望に打ちひしがれながらも復習を誓うのでした・・・。

史実に虚構を組み込んだこのゲームは本当に面白いですよ

今日は長々と語っちゃいました
では、また~
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。