プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

ローマ  最後のローマ満喫するぞ~! 

ローマ→フィレンツェと観光して、3日目の今日は再びローマ観光です。

まずはボルゲーゼ美術館を9時に予約をしているので、
サッサッと朝食を済ませてバスで向かいます。
バスの乗り方ももう慣れてきたので、乗り過ごすことなく
目的地に一発で到着です
ボルゲーゼ美術館
ボルゲーゼは完全に荷物を預けてしまいます。
手ぶらでゆっくり美術鑑賞ができます。

ボルゲーゼとは、かつてのローマ教皇を輩出したボルゲーゼ家が
集めた美術品を収蔵、展示している美術館です。
ここも写真撮影禁止ですが、Wikipediaから一つ紹介します。
ベルニーニ作の「アポロンとダフネ」。
768px-ApolloAndDaphne.jpg
ギリシャ神話の一話をモチーフにした作品です。
キューピッドの悪戯で、ダフネのことが好きでたまらなくなってしまったアポロンと
同じく悪戯によって、アポロンのことがどうしようもなく嫌いになってしまったダフネ。
ダフネを追いかけてようやくアポロンの手によって捕まえられた瞬間、
ダフネの身体は月桂樹の姿に変わっていくというワンシーンを表現したもの。
大理石でできていることを忘れてしまうほど、筋肉の質感がリアルです。
上の写真では筋肉の質感が分かりにくいと思いますが、
実際に見て見ると「本当に石なの?」と疑いたくなるほどです。
これほどの作品は他に見たことはありません。
完全予約制なので、ゆっくり鑑賞することができました。
約2時間たっぷりと堪能しました。

美術館から出て広いボルゲーゼ公園をゆっくり歩いてポポロ広場に向かいます。
おっきな公園でした~。ボルゲーゼ家がいかに権力を持っていたか分かりますね
ボルゲーゼ公園

20分ほど歩いてポポロ広場に到着です。
ポポロ広場

この広場に面したポポロ教会は、
映画「天使と悪魔」でラングドン教授達が、一番初めに枢機卿の死体を発見した教会です。
ポポロ教会

中はこんな感じ↓ 映画でみるよりも少しこじんまりしてたかな?
ポポロ教会祭壇

その昔、フランスやドイツからローマにやってくる商人や役人が最初に通った門が
この広場にあるポポロ門、そしてポポロ広場だったとのこと。
いわばローマの玄関口だったわけで、一目でその偉大さを印象付けるために
このよう大きく、豪華に作られたとか。

お次は、少し南に歩いてスペイン階段に向かいます。
スペイン階段

ひょえ~!すごい人!!映画「ローマの休日」でも有名になった観光スポットですね。
あまりの人の多さに少し気分が・・・。噂では観光客のマナーの悪さも目立ってか、
この付近での飲食は禁止されています。
映画のワンシーンのようにジェラートを食べるというこもできません。
すこし残念ですね

スペイン階段を後にして、次なる目的地「トレビの泉」に向かいます。
ここも凄い人です!そして、有名な観光スポットですね
トレビの泉

トレビの泉、そ~れ!ちゃぽん!
コイン1枚だと再びローマに来ることができ、
2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、
3枚になると恋人や夫・妻と別れることができると言われてそうです。
何枚投げたかは・・・ナイショです!

次は、ローマ最後の夜へ・・・
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア