プロフィール

こつめ

Author:こつめ
鉄道模型初心者です。
ヨーロッパちっく世界を造りたいけど、なかなかストラクチャは手に入らない~(涙)
だから、コツコツと気に入ったものをお店で見つけては購入し、ヨーロッパへ旅行するときにはあらかじめ、模型店を調べて現地で調達したりしています
最近では、ヨーロッパから輸入したりしています。
コツコツためたコレクションやちょっとした日常をご紹介!

FC2カウンター

神秘的な空間~カステラーナグロッテ~

願いも空しく、、、南イタリアの2日目は、朝から雨です
やっぱり、夏に来たほうが良いのかなぁ・・・。
でも、今日は「カステラーナグロッテ」からスタートなので、
あまり雨も気にならないかもしれません。

カステラーナグロッテだから雨も気にならない?なんで?
グロッテは英語でGrotto(グロット)、つまり日本語に直訳すると
「カステラーナの洞窟」となります。
看板

洞窟、というか鍾乳洞の観光なので雨は関係ないのです!
ということで、アルベロベッロから車を北に走らすこと、約30分。
カステラーナグロッテに到着です!
実は、結構すごい雨です・・・。暗いけど許して・・
正門

洞窟の見学は、ツアーのみ。チケット売り場で購入してツアーが始まるのを待ちます。
冬はシーズンオフなので、イタリア語のツアーのみですが、
春から秋にかけては、英語のツアーもあるようです。
(カステラーナグロッテのサイトはこちら
イタリア人に混ざって鍾乳洞探検の始まりです。
この扉の向こうに鍾乳洞があるんですね~、わくわく。
洞窟入り口
階段をどんどん下りていきます。
洞窟入り口2

およよ?少しひらけた空間に出ました。
天井には大きな穴があり、雨が中に注ぎ込んでいます。
なんだか神秘的なところですね~。
洞窟

もうツアーは始まっていて、ところどころでガイドさんが
イタリア語で説明してくれているのですが、何を言っているのかまったく分かりません!
ところどころで他のツアーの人が一箇所を見つめて「ハハハ!」と笑っていましたが、
私はあさっての方向を向いていました。。。

さて、これからさらに深くまで進むのですが、残念ながら写真撮影はここまで!残念!
洞窟内部2

たぶん、イタリア語で「ここからは撮影ダメ」って言ってたんですよね。
でも、イタリア語わかんないから、パチパチ写真を撮ってたら、
鬼の顔したツアーガイドが「ノー!フォト!」って飛んできた!!
私「ソリー・・・」(しゅん・・・反省
気を取り直して、見学です。

パンフレットに鍾乳洞の全体像が記載されていましたが、結構広かったです。
パンフレット


冬だというのに、鍾乳洞の中は湿度が高くて蒸し暑い
神秘的な空間。自然の力に圧倒されます。
この↓写真は入り口撮影OKのところの写真なのであまり伝わらないかもしれませんが、
内部は一見の価値があります。
洞窟内部

1時間半くらいのツアーだったのでたっぷり堪能できました。
最後に待ち受けている鍾乳石がすごい!
最後にとってもすてきな光景が待ち受けています。
写真に残すことができないので、しっかり記憶に残しておきました。
結構深さの中もぐっていたのですが、帰りはエレベータであがることができます。

地上に戻ってきても雨・・・。
まぁ、こんな日もあるでしょう。。。と気を取り直して、
レストランで昼食です。 プーリア名物の前菜をいただくことにします。
前菜1
他にも何皿もいろいろな種類が出てきて、これだけでお腹一杯!!
味もそれぞれおいしくって、堪能できました。おいしいものを食べて気分を上げます。
さぁ、宿泊地のマテーラへレッツゴー
(つづく)
関連記事
☆最後まで読んでいただきありがとうございます♪
☆ポチっとクリックして頂けると、とっても励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ  
THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
フリーエリア